公開日:2019.12.04

標本抽出(サンプリング)とは

  • マーケティングリサーチ用語解説集

調査対象者全体の中から、一部の対象者を抽出することです。サンプリングを行い調査することをサンプル調査(標本調査)といいます。

 

執筆者
アスマーク編集局
株式会社アスマーク 営業部 マーケティングコミュニケーションG
アスマークのHPコンテンツ全ての監修を担い、新しいリサーチソリューションの開発やブランディングにも携わる。マーケティングリサーチのセミナー企画やリサーチ関連コンテンツの執筆にも従事。
監修:アスマーク マーケティングコミュニケーションG

アスマークの編集ポリシー

全数調査と標本調査

全数調査と標本調査

全数調査とは、統計調査をするとき、調査対象となる母集団をすべて調べることをいいます。全数調査は、「悉皆(しっかい)調査」ともいいます。
標本調査とは全体調査と対をなす調査のことで、母集団から標本(サンプル)を抽出して、母集団の性質を推定する方法です。サンプルを選ぶことをサンプリングというので、「サンプリング調査」ともいいます。

> 詳しく見る


マーケティングリサーチQA

マーケティングリサーチQA

信憑性のあるデータが取れるサンプルサイズはどのぐらいですか?

定量調査の場合、対象者全員に調査を行った際に得られるであろう測定結果(真値)に対し、必ず誤差範囲が発生します。この誤差範囲をどこまで許せるのかにより、サンプルサイズが異なります。最も誤差が発生しやすいといわれるのが、回答比率が50%の場合です。

> 詳しく見る