1. 市場調査・マーケティングリサーチ会社のアスマーク
  2. デイリーリサーチ
  3. 自宅PCでのAVコンテンツ利用に関するアンケート調査
2008年3月6日

自宅PCでのAVコンテンツ利用に関するアンケート調査

動画派・音楽派には分かれず

iPod などの携帯デジタルオーディオの普及や YouTube やニコニコ動画といった動画サイトが話題に上ることも考えると、PC でのAVコンテンツの利用は広く利用されている。その利用実態はどのようなものだろうか。


インターネットコム株式会社と株式会社アスマークが行った「自宅PC での AV コンテンツ利用に関する調査」で、この動画・音楽コンテンツの利用状況について調査した。


調査対象は、全国の10代以上の男女300人。男女比は男性50%、女性50%、年齢別では、10代20%、20代20%、30代20%、40代20%、50代13.3%、60代6.7%となっている。


まず、自宅のパソコンで動画をみたり音楽を聴いたりしているかきいたところ、「動画をみる」が14%(42人)、「音楽を聴く」が4.3%(13人)、「両方利用する」が66.3%(199人)。「どちらも利用しない」人は15.3%(46人)だった。


PC で動画を利用している人の82.5%が音楽も楽しんでおり、他方、音楽を楽しんでいる人の93.8%が動画も閲覧しているようだ。いずれにしても、映像・音楽ともに利用している人が自宅 PC でこうしたコンテンツを利用している人の3分の2にのぼっている。


動画の利用状況を調べるために、「動画をみる」、「両方利用する」と回答した254人に、どのような方法で閲覧しているのか複数回答形式で尋ねた。その結果、「動画共有サイト」65.6%(158人)、「動画配信」43.6%(105人)、DVDソフト45.6%(110人)となった。


また、その利用時間についてたずねると、一週間単位の利用時間は「1時間未満」38.6%(93人)、「1時間以上2時間未満」22.8%(55人)、「2時間以上5時間未満」22%(53人)、「5時間以上10時間未満」11.6%(28人)とり、10時間以上利用しているのは全体の4.9%(12人)だった。一週間あたりの利用時間5時間未満の人が半分弱を占める計算だ。


一方、PC での音楽の利用はどうだろうか。


まず、音楽データの入手方法について質問すると、「CD からプレイヤー用の音楽データを作成」が89.6%(190人)、「オンラインストアで購入」が18.9%(40人)、「自分で作る」5.7%(12人)との結果を得た。やはり、CD からのデータ抽出が最もポピュラーな手段となっている。


次に、音楽をどの程度ストックしているのかたずねると、「50曲未満」34.4%、「50から100曲」17.9%、「100曲から250曲」13.2%、「250曲から500曲」11.8%であった。1000曲以上保存している人も14.6%にのぼった。

Q:自宅にパソコンをお持ちの方にうかがいます、パソコンで動画を見たり、音楽を聴いたりしますか

自宅にパソコンをお持ちの方にうかがいます、パソコンで動画を見たり、音楽を聴いたりしますか

Q:どのような方法で動画を閲覧していますか

どのような方法で動画を閲覧していますか

Q:どのような方法で音楽データをインストールしていますか

どのような方法で音楽データをインストールしていますか

(2007年2月28日~3月3日 全国の10代から70代の男女300人)

調査記事一覧(2008年3月6日~2010年6月24日)