1. 市場調査・マーケティングリサーチ会社のアスマーク
  2. デイリーリサーチ
  3. オンラインでの書籍購入に関するアンケート調査
2008年11月6日

オンラインでの書籍購入に関するアンケート調査

4割が「購入しやすい」

電子書籍の登場で電子機器で読めるようになったり、本の入手も簡単になった。PC は、本とユーザーの距離さえ近づけただろうか。このオンラインでの書籍購入をユーザーはどれだ利用しているのだろうか。

インターネットコム株式会社と株式会社アスマークが実施した「オンラインでの書籍購入に関する調査」により、4割のユーザーが書籍のオンライン購入を本屋よりも便利だと感じていることがわかった。


今回の調査は、全国在住の男女300人を対象に行った。男女比は男性50.0%、女性50.0%、年齢別では20代20.0%、30代 20.0%、40代20.0%、50代20.0%、60代以上20.0%。


まず、回答者300人に書籍をオンラインを通じて購入した経験の有無を尋ねたところ、201人がオンラインで書籍を購入した経験があると答えた。


あわせて、この201人に、利用している書籍販売サイトを回答してもらった。結果は「Amazon」77.6%(156人)、「楽天ブックス」55.7%(112人)、「TSUTAYA オンライン」11.9%(24人)、「紀伊國屋」7.0%(14人)となった。


続けて、オンラインで書籍を購入した経験のある201人に、「オンラインと本屋ではどちらをよく利用しますか」と質問した。オンラインでの購入をよく利用するのは40.3%(81人)、他方、本屋でよく書籍を購入するのは59.7%(120人)であった。


では、利用者はどちらのほうが便利だと感じているのだろうか。加えて質問した。


「オンラインでの書籍購入と本屋での購入ではどちらが購入しやすいですか」との質問に対する回答は、「オンラインのほうが購入しやすい」25.9%(52人)、「オンラインのほうが多少購入しやすい」16.9%(34人)、「特になにも感じない」25.9%(52人)、「本屋のほうが多少購入しやすい」18.9%(38人)、「本屋のほうが購入しやすい」12.4%(25人)であった。


オンラインのほうが便利と回答したユーザーをまとめると42.8%、本屋のほうが購入しやすいとの回答は31.3%と、オンラインのほうがよいと認識しているユーザーが比較的多いようだ。

Q:いくつの銀行のネット/オンラインバンキングを利用していますか

いくつの銀行のネット/オンラインバンキングを利用していますか

Q:1か月に何回ぐらいオンラインバンキングを利用していますか

1か月に何回ぐらいオンラインバンキングを利用していますか

Q:オンラインバンキングの用途を教えてください(複数選択可)

オンラインバンキングの用途を教えてください(複数選択可)

(2008年10月31~11月4日 20から60代の全国在住の男女300人)

調査記事一覧(2008年3月6日~2010年6月24日)