2009年2月19日

アクトビラに関するアンケート調査

アクトビラ認知度は地デジ対応者の3割

デジタルテレビの普及が進み、最近では普及率も5割ほどまで高まってきている。テレビ放送のデジタル化に併せて、インターネットに接続し、データのやり取りもできるようになるなど、テレビの進化は機能面でも目覚ましい。 その一つがアクトビラで、これにより視聴者は、テレビ放送を視聴しながら、天気や株価などの情報を得られるようになる。


今回は、同サービスがどれだけ利用されているか調査した。


インターネットコム株式会社と株式会社アスマークが行ったアクトビラに関する調査により、デジタルテレビ所有者のアクトビラの認知度はほぼ3割であることがわかった。


調査対象は、全国在住の10代~60代以上の男女300人。男女比は男性50.0%、女性50.0%、年齢別では10代20.0%、20代20.0%、30代20.0%、40代20.0%、50代14.7%、60代以上5.3%。


まず、回答者300人全員に、デジタルテレビを所有しているかどうか尋ねたところ、所有者は43.7%(131人)であった。最近の地デジ定期リサーチの調査結果と比べると、今回のアンケート回答者らにおける地デジ普及率は多少低い。


続けて、デジタルテレビ所有者に、「自宅のテレビはインターネットに接続されていますか」と質問した。その結果、インターネットに接続しているのは25.2%(33人)、そうでない回答者が73.3%(96人)であった。どうやら、デジタルテレビを所有してはいても、ネットには接続しないというスタイルが、今回の回答者の中での主流のようだ。


また、アクトビラを実際に利用したことがあるかどうかも尋ねたところ、同サービスを利用した経験があるのはデジタルテレビをネットに接続している回答者の37.5%(15人)であった。デジタルテレビの所有者に対する割合では、11.5%、回答者全体における割合では5%だ。


アクトビラのサービス普及はまだまだこれからのようだ。

Q:デジタルテレビを所有していますか

デジタルテレビを所有していますか

Q:自宅のテレビはインターネットに接続されていますか

自宅のテレビはインターネットに接続されていますか

Q:アクトビラを利用したことがありますか

アクトビラを利用したことがありますか

(2009年2月12日~2月15日、全国の10代から60代以上の男女300人)

調査記事一覧(2008年3月6日~2010年6月24日)