アルコール飲料メーカーでの活用事例

アルコール飲料に関するグループインタビュー

調査の種類
グループインタビュー
調査対象
一定以上の頻度でビール類を飲んでいる既婚の方で、30~40代の男女
実査上の課題
リクルートのご依頼から調査当日までが1週間という急ぎの案件
注意点
  • アルコールの試飲があるため、「妊娠中の方の参加」と「車での来場」はご遠慮いただくこと
  • 対象者の質はいつもと同じでなければならない
    日程が近々の場合でも、ご提供する対象者の質はいつもと同じでなければなりません。なりすましや条件違いを防ぐためにも、確認電話はしっかりと行います。
急ぎの場合のスケジュール例
進行表 (青字がお客様) 1日目
(木)
2日目
(金)
3日目
(土)
4日目
(日)
5日目
(月)
6日目
(火)
調査票のご入稿          
アンケート画面作成          
アンケート画面のご確認          
配信(募集開始)          
対象者のリストアップ          
参加者のご選定          
モニターへ条件確認の電話      
モニターへ前日の確認電話          
★座談会          
こちらは緊急なスケジュールの一例としてご紹介しましたが、内容によっては難しい場合もあり、期間を長めにいただくこともございます。
特に、対象条件が難しい場合、人数が多い場合、地方都市での募集などはリクルーティングの難易度が上がりますので、できるだけお早めにご相談ください。

「アルコール飲料」に関する座談会のリクルーティング業務

調査の種類
グループインタビュー
業務の分類
座談会のリクルート業務
対象条件等
ビール類を週1回以上飲んでいる方で、輸入車を所有している方。
当日ビールの試飲があるのでそれが可能な方。

アルコール飲料に関するホームユーステスト

調査の目的
テスト品の試飲比較評価
調査の種類
ホームユーステスト
調査の内容
テスト品を試しながら回答を進めてもらう。具体的には3種類のアルコール飲料を飲み比べ、その評価について質問する。アンケート画面を開き、試飲しながら、アンケートの回答を同時進行で進めていく。
アンケート画面の進め方
  • アンケート画面が進むたびに、次にどのテスト品を試飲するのか指示が出されますので、その指示に従って、試飲、回答していきます。具体的には、回答者はまず、そのテスト品に関する説明を読み、製品説明に関する質問に回答して、その後は少しずつ飲みながらまた質問に答える。
  • このような場合、事前に回答手順について説明し、回答に一定のまとまった時間が必要であることを伝えておき、その時間が取れるときにアンケートに回答してもらうよう充分に注意しておかないと、指示を無視したいいかげんな回答者がでてしまうおそれがあります。
アルコール飲料試飲の調査の注意点
  • 運転の予定がないときに答えてもらう。
  • 試用後は絶対に運転しない。

なども、念のため忠告しておきます。

業種・業界一覧