関連ワード:

ネットリサーチ パッケージ 評価

新商品の開発にあたり、ネットリサーチでパッケージ評価をしてもらいたい。


パッケージデザインを評価してもらう調査として、ネットリサーチの例でご紹介いたします。


スクリーニングで商品のターゲットを抽出し、本調査のWebアンケートでパッケージの画像を表示させ、評価してもらいます。一般的に、「提示順によるバイアス(回答の偏り)」を防ぐ方法として、パッケージの画像を表示させる順序をランダムにする方法(=ランダマイズ)が使われます。


例として、パッケージA・B・Cの3パターンを比較してもらう場合、全員に「A→B→C」の順で提示するのではなく、

  1. A→B→C
  2. A→C→B
  3. B→A→C
  4. B→C→A
  5. C→A→B
  6. C→B→A

の、6パターンがランダムに表示されるようにアンケートシステムで設定しておき、各パターンの回答者が均等になるように回収します。 N数が1,200サンプルであれば各パターン200サンプルずつ、といった形です。また、 そのモニターが回答した時の表示順を取得し、ご納品するデータに「どの順序で表示されたか」のフラグを立てることも可能です。定量調査 ですので、各デザインに対する評価を「数値」で比較するのに適しています。



関連する内容ですので、こちらもご参照ください↓

市場調査でわからないことがあれば何でもご相談ください。

今ある疑問について聞いてみる

ネットリサーチに関するQ&A