関連ワード:

事前課題 ボリューム データ編集

どれくらいの事前課題(ボリュームやデータ編集など)だったらモニターは対応できますか?


座談会や個別インタビューの場合、実査の前に何らかの課題をお願いし、当日持参いただくケースがあります。対応できる課題の量は調査を依頼する日から実査までの期間が、どれだけあるかによって異なります。


対象となるモニターは、有職者であったり子育て中の主婦であったり、時間に大きな余裕があるケースは少なく、長時間かかるもの、手間暇のかかるもの、何日にも及ぶものは難しいとお考えください。


事前課題を依頼したい場合は、少なくとも1週間から10日以上前に対象者を決定する必要があります。平日帰宅後では対応できない場合には週末に課題に取り組んでもらうため、必ず週末を挟みます。対象者が選定されてからの郵送になりますので、それも含めモニターの手元に1週間から10日以上前に届くように手配します。


分量の目安としては、A4判で2~3枚まで、画像のアップなら2~3点までが、どなたでも対応いただける範囲です。 それ以上になるとかなりの負担になるため、対象者条件に合致したモニターを選定する以前に、事前課題に対応できると答えているモニターを優先的に選定することになり、バイアスが掛かります。ケースバイケースではありますが、モニターが無理なくできる範囲に留めておくことが大切です。

市場調査でわからないことがあれば何でもご相談ください。

今ある疑問について聞いてみる

モニターリクルート業務全般に関するQ&A