市場調査・マーケティングリサーチ会社のアスマーク

RPA導入・運用支援

RPA導入についてのテキストが入ります。RPA導入についてのテキストが入ります。RPA導入についてのテキストが入ります。RPA導入についてのテキストが入ります。

  • RPA通信

    2019.12.13

    RPA通信 第18号

    RPA通信 第18号

    詳細をみる

    AI OCRとRPAが連携することで、どのようなメリットが生まれるのかをお伝えさせていただきます!
    ぜひご覧ください♪

    第18号は・・・RPAとの連携 についてお伝えいたします!

    手書き文字を文字コードへ変換が出来れば、
    後はRPAと組み合わせて自動化することができます。
    調査会社は特にアンケート用紙など紙で行っている業務が
    まだまだ多いので、活躍してくれること間違いなしです!!

    読み取ったデータをそのままRPAが定型データ形式へ変換したり、
    データベースへ格納したり、抽出・集計・グラフ化することも
    できるようになっていきます。

    これまで手作業で行っていた作業や外注に頼っていた作業も、AI-OCRや
    RPAを上手く活用し、連携させる事で作業の最大効率化実現できます。

  • RPA通信

    2019.12.13

    RPA通信 第17号

    RPA通信 第17号

    詳細をみる

    では、WinActorと組み合わせられるDX Suiteとは
    どんなものなのか説明させていただきます!
    ぜひご覧ください♪

    第17号は・・・DX Suiteについて についてお伝えいたします!

    DX Suiteとは、AI insideが提供するAI-OCRソリューションです。
    NTTデータは、DX Suiteをオンプレミス型とクラウド型の両形態で提供する
    唯一のパートナーとして、サービスの展開を開始しました。

    当社ではこのDX Suiteを使用しています!!
    DX SuiteはAI-OCRソリューションなので、 手書き文字を高精度で
    デジタルデータ化することで、業務効率および生産性向上に活用できます!

    第18号は・・・RPAとの連携 をお伝えいたします!

  • RPA通信

    2019.12.13

    RPA通信 第16号

    RPA通信 第16号

    詳細をみる

    近年AIが注目されていますが、OCRがAIを搭載し
    どう変化したのかをお伝えさせていただきます!
    ぜひご覧ください♪

    第16号は・・・AI OCRについて についてお伝えいたします!

    従来型OCRでは文字と文字のつなぎ目や切れ字を判別することが困難でしたが、
    AI技術が加わったことで自由記述式の記入欄(フリーピッチ)や
    複数行で書かれた手書き文字高精度な認識が可能となりました!


    第17号は・・・DX Suiteについて をお伝えいたします!

  • RPA通信

    2019.12.13

    RPA通信 第15号

    RPA通信 第15号

    詳細をみる

    特化型AIの活用例として…
    「OCRについて」の説明させていただきます。
    ぜひご覧ください♪

    第15号は・・・OCRについて についてお伝えいたします!

    OCR(Optical Character Recognition/光学的文字認識)とは、
    手書きや印刷された文字を、スキャナで読みとり、コンピュータが利用できるデジタルの文字コードに変換する技術のことを指します。

    そのOCRにAIが搭載されたことにより、従来のOCRとは異なり、
    収集した大量の文字データから文字の特徴をディープラーニングし、高精度な文字認識を可能とするソリューションになりました!
    今までOCRで実現困難とされていた書類
    (アンケート用紙の手書き文字・住所欄など)も高精度でOCRできます。

    第16号は・・・AI OCRについて をお伝えいたします!

  • RPA通信

    2019.12.13

    RPA通信 第14号

    RPA通信 第14号

    詳細をみる

    特化型AIの活用例についてご紹介していきます!
    既に馴染みのある方もいるかもしれませんが…
    「音声認識について」ぜひご覧ください♪

    第14号は・・・音声認識について お伝えいたします!

    特化型AIのRPA連携はどんどん多くなってきています!
    RPA通信では、音声認識ができるAIスピーカーや、チャットボットや
    手書き文字を文字コードに変換ができるAI-OCRについてご紹介いたします。

    音声認識が出来れば、対話形式でRPAに指示を出すことができます。

    「明日の午後、空いている時間帯は?」

    「午後3時から1時間が空いています」

    「そこに○○さんとの打ち合わせを入れておいて」

    参考:RPAホワイトカラー革命 日本経済新聞出版社

    対話でAIに指示を出すとAIRPAのスケジュール予約用動作ルールを
    起動させて打合せの予定を入れてくれるという訳です!!!

    製造現場など、PCを触れない環境などでのニーズが高いといわれています。

    第15号は・・・OCRについて をお伝えいたします!

  • RPA通信

    2019.12.13

    RPA通信 第13号

    RPA通信 第13号

    詳細をみる

    RPAは今後進化していくと言われています!
    どのようなステップを辿っていくのか、お伝えさせていただきます。ぜひご覧ください♪

    第13号は・・・RPAの進化 についてお伝えいたします!

    RPAはこれから3つのステップを踏んで進化していくと言われています!
    第三段階まではまだ数十年はかかると言われていて、
    現在第二段階に足を踏み入れたところです。

    では、第二段階の間にロボットがどう進化していくのか・・・

    文字や顔を高精度認識できるAI、音声を認識できるAIなど、
    特定の機能を持つ特化型AIRPAと連携することで、
    ロボットに目や耳がつき、自動化出来る範囲が広がっていきます

    参考:RPAホワイトカラー革命 日本経済新聞出版社

    第14号は・・・音声認識について をお伝えいたします!

  • RPA通信

    2019.12.13

    RPA通信 第12号

    RPA通信 第12号

    詳細をみる

    RPAをチームに導入した場合、どのような運用を
    していくのかをお伝えさせていただきます。
    ぜひご覧ください♪

    第12号は・・・RPA運用フロー についてお伝えいたします!

    RPA自動化の際は、チーム内でシナリオごとに担当者を決めていただきます。
    担当者は、RPA推進チームと自分のチームとの橋渡し役になっていただきます。

    主な役割は以下の通りです!

    ・業務内容説明
     RPA推進チームへ業務内容の説明を行ってもらいます!
     
    ・テスト運用のフォロー
     シナリオの完成後はテスト実行を行います。
     実際の環境でシナリオが動くかの確認を行いますので、
     チームの協力が必要になってきます!

    ・チームへの運用フォロー
     RPAに移行する際には、RPA用のルールが出来上がります。
     実行の流れルール周知徹底をしていただきます!

    ・エラー発生時の連絡
     運用をしていくとエラー発生することがあります。
     その時には、RPA推進チームへ連絡いただき、その後の対応を
     チームへ展開
    し、共有していただきます!

    第13号は・・・OCRについて をお伝えいたします!

  • RPA通信

    2019.12.13

    RPA通信 第11号

    RPA通信 第11号

    詳細をみる

    RPAはロボットですが、なんと…教育が必要です!
    その理由を詳しくお伝えさせていただきます。
    ぜひご覧ください♪

    第11号は・・・RPAにも教育が必要!? についてお伝えいたします!

    RPAは新人というイメージを持つと良いと言われています。
    どんな業務にもイレギュラーな案件が存在するためエラーが生じてしまいます。
    また、依頼をするのは人間のため、ルールが統一しきれていなかったり
    依頼内容が間違っていたりすることも原因の1つとしてあります。

    そのため、最初はRPAの面倒を見てあげるというスタンスが大事です!
    なぜエラーが起きているのかを一緒に考えてあげる必要があります。

    RPAは上記のような理由から、1つの業務の60~70%を行えます。
    残りの30%を出来るようにするため、現場の方々にも協力いただきながら
    教育をしていく必要があります。まずは、RPAと人が協力して1つの業務を100%行っていけるようにしていきたいと思っています。

    最初は手間がかかりますが、教えた事はミスなく文句を言わずやりますし辞めることがありません!そのため、大きな成果として必ず返ってきます。

    第12号は・・・RPA運用フロー をお伝えいたします!

  • RPA通信

    2019.12.13

    RPA通信 第10号

    RPA通信 第10号

    詳細をみる

    当社でRPAを導入する時には、どういったプロセスを辿っていくのか、RPAの導入プロセスについてお伝えさせていただきます。 ぜひご覧ください♪

    第10号は・・・RPAの導入プロセス についてお伝えいたします!

    工数の掛かっている定型業務を自動化したいという時に
    プロセス変革か、システム構築か、RPA導入なのかはすぐにわかりません。。。

    当社ではシステムチームとRPA推進チームで連携を取っていて
    RPAの導入を検討する業務は、下記のようなフローを辿っていきます!

    自動化する業務が決定しましたら、業務内容のヒアリングを行います。
    そこでは、より詳細業務の工程を教えていただき、どうしたらRPA化できるのかというのを考えていきます!!

    第11号は・・・RPAにも教育が必要!? をお伝えいたします!