市場調査・マーケティングリサーチ会社のアスマーク

アンケートカテゴリー

  • 仕事

緊急事態宣言直後の働き方改革状況『業務自動化(RPA)の実態編』~テレワーク浸透後に備えて~

公開日:2020.05.07

  • 仕事

緊急事態宣言直後の働き方改革状況『業務自動化(RPA)の実態編』~テレワーク浸透後に備えて~

働き方改革に取り組んでいる企業はおよそ64%、テレワークの普及も働き方改革を後押しか

緊急事態宣言発出直後の4/8(水)~4/10(金)の期間で、契約・派遣社員を含む事務職の会社員を対象に、職場(勤務先)の働き方改革の取り組み状況や働き方改革で注目されるRPAの導入率などを調べてみた。

< TOPICS >

  • 働き方改革に取り組んでいる企業はおよそ64%
  • 「データの入力・転記」「書類作成」等の業務を手間と答える人が多数存在

調査概要

調査名 緊急事態宣言直後の働き方改革状況『業務自動化(RPA)の実態編』~テレワーク浸透後に備えて~
対象者条件 【性別】男性、女性
【年齢】20~60代
【地域】全国
【その他条件】会社員(契約・派遣社員含む)で「経理・財務」「人事・総務」「営業・営業事務」「マーケティング・経営企画」「情報システム」のいずれかの部署に所属する方
調査項目 ・働き方改革への取り組み
・各部署別の手間だと思う業務把握
・RPAの認知率・導入率
・RPA導入の結果
サンプル数 500s
割付 「経理・財務」「人事・総務」「営業・営業事務」「マーケティング・経営企画」「情報システム」各100sずつ
調査期間 2020年4月8日(水) ~ 4月10日(金)
調査方法 Webアンケート
調査機関 株式会社アスマーク(旧マーシュ)

働き方改革への取り組み

Q.あなたがお勤めの会社では、「働き方改革」に取り組んでいますか。(1つ選択)

働き方改革に取り組んでいる企業はおよそ64%

「会社全体で取り組んでいる」が4割強。一方、「取り組んでいない」も2割強みられる。
人事・総務では「取り組みあり」寄りの意見、経理・財務では「取り組みなし」寄りの意見が目立つ。
従業員規模が大きいほど働き方改革への取り組みが進んでいる。

手間だと思う業務

Q.あなたの部署で実施している業務をすべてお選びください。また、その中から、「手間だと思う業務」をいくつでもお選びください。(それぞれ複数選択可)

「データの入力・転記」「書類作成」等の業務を手間と答える人が多数存在

どの部署でも、「データの入力・転記」「書類作成」を手間だと思う人が3割以上。部署によって、手間だと思う業務にバラつきはみられるが、人事・総務部で手間だと思う業務が多い傾向。

調査結果の引用・転載について

  • 本レポートの著作権は、株式会社アスマークが保有します。
  • 引用・転載される際は、必ず「アスマーク調べ」と出典を明記してご利用いただくようお願いします。
  • その際、引用・転載される旨を当社までご一報ください。
  • 調査の内容の一部または全部を改変して引用・転載することは禁止いたします。
  • 自社商品の宣伝・広告・販促を目的とした使用を検討されている場合は、必ず事前に当社までご相談ください。
  • 引用・転載されたことにより利用者または第三者に損害その他トラブルが発生した場合、当社は一切その責任を負いません。

NEW関連調査データ

    現在関連記事がありません。