デザイン心理学で 一目惚れ(内臓感覚)を数値化

STP short-time presentation
  • 売り場や棚の評価
  • パッケージデザイン評価
  • 広告デザイン評価
  • webサイト評価

STP(short-time presentation)とは?

デザイン心理学で直観を数値化する
デザイン評価のことです

STPとは、デザイン心理学を元に人間の直観(一目惚れ)からクリエイティブのデザイン・表現などを評価することができるパッケージ評価のことです。
STPは、デザイン心理学のエキスパートであるBBSTONE社が保有する特許に基づき、調べたい商品・デザイン・パッケージ・広告などを非常に短い時間(通常1秒以下の0コンマ数秒程度)、被験者へモニター画面でランダマイズ、瞬間呈示し、直感的な評価が記録される実験手法です。

評価物をランダマイズで瞬間呈示、次々呈示画像が切り替わるため、考える時間をとらずに直観で評価。 評価物をランダマイズで瞬間呈示、次々呈示画像が切り替わるため、考える時間をとらずに直観で評価。

従来型調査

  • 自分を偽った当たり障りのない回答をする可能性がある
  • 一度頭で考え回答するため、どうしても無意識的なバイアスが生じる。
  • 自分が何を思っているのか自分でも把握できていない
  • 自分の思っている事のすべてを表現できているわけではない

STP

  • 直感、感性、気分を数値化
  • 経験バイアス・先入観に邪魔されない
  • 「純粋な評価」だけを抽出できる
  • 買いたい気持ちに影響を与えている要因を数値化

従来型調査は、呈示された画像や文章について頭で考えて答えるため、一度脳内で考えたうえで回答を行いバイアスがかかりますが、STPでは呈示された画像を短い時間で感覚的に回答する為、深く考えない感覚的はバイアスがかからず、より無意識的な評価を数値化することが可能です。 デザイン心理学は、デザインにおける様々な問題を、心理学の方法論を用いて解決するアプローチであり、STPでは、そのアルゴリズムを用いて、第一印象で「買いたい」「使いたい」といった直観的印象を数値化させることができます。

\ STPでこんな悩みを解決 /

既存調査の悩み

  • リサーチ結果と実際の市場の売れ行きに乖離がある
  • webアンケートやインタビュー結果だけではない新しい視点からの調査の必要を感じている
  • 信憑性の高い手法で調査をしたい
  • 新コンセプトを作りたいが従来調査だけでは善し悪しの判断ができない

PKG・チラシやwebサイトデザインの悩み

  • できる限り先入観を除いた純粋なパッケージ・デザイン評価をしたい
  • 既存のパッケージをリニューアルしたいが従来調査だけでは善し悪しの判断ができない
  • チラシのデザインをリニューアルしたいが従来調査だけでは善し悪しの判断ができない

売り場の悩み

  • 買いたいと思う売り場になっているか調査したいが手法に困っている
  • アイトラッキングなどの視線だけの売り場評価に限界を感じる

アウトプットイメージ

アウトプットイメージ

活用事例

クライアント
国内自動車メーカー製A社製品
課題
海外メーカー製B社製品に押されており、危機感を持っている過去にA社製品とB社製品に関する競合比較調査を実施したが、調査結果と市場の実態との乖離がある
A社製品 B社製品
A社製品 B社製品
性能 基本性能が高く、小回りがきく 癖のある操作性
価格 安価 高価
配色・デザイン 万人受けする配色・デザイン 特徴的で癖のあるカラーリング・デザイン
過去調査 高評価 低評価
市場実態 あまり人気がなく売り上げが悪い 人気が高く売れている

従来型調査では、無難でスペックも高く、安価で購入できるA社製品の方が高評価となったが、実際はB社製品の方が人気があり、調査結果と市場実態に乖離が生じていた。

A社製品 B社製品
STP
  • 軽い
  • 頼りない
  • 遠出したくない
  • いかにもファミリーカー
  • 生活のための自動車と割り切って購入
  • スポーティ
  • 週末も楽しめるという期待値が高い
  • 運転している自分がかっこいい
  • 人に自慢したい
  • 出かけたい

従来型調査では、被験者の経験則や先入観も働き、頭で判断した回答が調査結果となるが、デザインにおいては、直観(一目惚れ)が購入動機にも繋がってしまうため、従来型調査とは大きく異なる結果になった。
※「直観が持つ価値」についてのコラムはこちらから

デザイン心理学に基づいた
様々な手法

いずれもデザイン心理学の実践的応用のパイオニアであるBBSTONE社が取得している特許を基盤にした調査手法となります。当社との協業サービスであるため、STP以外のデザイン心理学のアプローチもアスマークにてご提案可能です。

潜在意識分析 IAT(Implicit Association Test)

画像や言葉(あるいはその組合せ)からなる呈示刺激に対する反応時間の測定によって,ある事柄(デザインなど)に対する潜在的な印象や態度などを明らかにする。

Willingness to pay

価格と製品購入に関する調査 購入するか、購入しない場合には、いくらなら購入をするかを把握する。競合商品または従来品の価格を提示した後、新製品のパッケージをみて、いくらなら購入するか、 これらを統計処理し、妥当な価格を探る。

Eye-catching design elements by DPU

人は直感的にデザインのどこを見て、コンセプトの要素をどれくらい感じているかを得点化し、 デザインへの評価を数値化して比較する。

お問い合わせ

SATORIタグ
貴社名必須
部署名
お名前必須
メールアドレス必須
電話番号必須
ご相談内容

個人情報の取扱いについて必須

個人情報の取扱いについて同意する

ご記入いただきました個人情報は、株式会社アスマーク(以下当社という)が、お問い合わせ対応を含む、当社サービスにおける営業活動に利用させていただきます。上記目的以外の利用、あるいは第三者へ開示・提供は、予めご本人様からの同意を得ることなく、実行されることはございません。なお、弊社はプライバシーマークを取得しており、諸規程、関連法規にしたがって、個人情報を適正に取り扱いますので、ご安心ください。
なお、当社個人情報の取り扱いに関するお問い合わせは、privacy@asmarq.co.jpに、問合せください。

ありがとうございました。
最後に下の送信ボタンを押して下さい。