市場調査・マーケティングリサーチ会社のアスマーク

デプスインタビューの概要とメリット・デメリット

19年のリクルート実績、業界トップクラスのデプスインタビューリクルート実施件数
蓄積されたノウハウで、貴社のデプスインタビューを設計からレポートまで、フルサポート

デプスインタビューの料金はこちらから

企画設計から報告書までのトータルサポートでご好評いただいております!

売上対前年比204.5

デプスインタビューとは?

デプスインタビューとは、対象者とインタビュアーによる1対1の面談式で実施する調査方法です。パーソナル・インタビューとも言います。 商品やサービス等の選択・購買理由などをより深く掘り下げて探ることができます。 特に、ペルソナ、ラダリング、ジャーニーマップ作成を目的とする場合はデプスインタビューが適しています。

類似の調査手法として、オンライン・デプス・インタビューや電話インタビューなどがあります。

デプスインタビューを実施する時の目的

デプスインタビューは、マーケティングにおける仮説の構築から効果検証まであらゆる目的で活用することが可能です。ここではそのいくつかの例をご紹介します。

  • 深層心理や行動の背景の深堀
    定量調査などで得た大まかな傾向についてさらに具体的に調査を行いたい場合にデプスインタビューを行います。インタビュー対象者との一対一の対話の中で、発言を深堀したり回答の理由を聞いたりすることで定量調査では得られない具体的な情報を得ることができるます。
  • アイディア出し・仮説構築
    マーケティング活動の軸となる仮説を立てる段階でインタビュー調査を行うことで、施策の方向性や基幹のアイディアを収集することができるでしょう。 質問内容を狭めずになるべく広い範囲についてインタビューすることで、思いもよらなかった情報を得られることもあります。
  • 市場やターゲット層の把握市場やターゲット層の把握
    定量調査を行いたいときに、設問内容や項目、回答を精査する目的でデプスインタビューを行うことがあります。自分たちでは気が付くことができないような視点を得られることもあり、定量調査の成功への第一歩となるでしょう。

デプスインタビューのメリット・デメリット

メリット

  • 対象者の意識や購買行動、利用実態といった消費者の心理や行動に関して詳細な情報を得ることができる
  • 1人の対象者に集中できるため、消費者行動の深堀に適しており、潜在的なニーズまで探ることができる
  • 金融や疾病など人前では話しにくいセンシティブなテーマにも踏み込んだ質問ができる
  • 他者の影響を排除して、対象者の反応を丁寧に観察、インタビューができる
  • オンライン上で行うことができるため、対象者を集めやすい

デメリット

  • 対象者が一人であるため、インタビューの仕方によってはバイアスがかかってしまう
  • 他の調査と比較して、調査にコストや時間がかかる傾向がある
  • インタビュアーの技量によって結果が変わってくることがある

アスマークのデプスインタビューの特長

丁寧なヒアリングと提案

今、お考えの調査内容、もしかすると調査手法、サンプルサイズ、対象者条件等、改善の余地があるかもしれません。弊社では、まず、お客様が抱える課題の共有のため、丁寧にヒアリングさせていただきます。「今回どのような経緯で調査をされることになったのか?」といった、調査の背景等をお伺いして、お客様がどんなマーケティング課題を解決しようとされているのかを共有させていただき、最適な調査を提案いたします。

リクルートノウハウ

19年のリクルート実績、業界トップクラスのデプスインタビューリクルート実施件数により蓄積されたノウハウと、豊富なノウハウに基づいた正確な確認作業、多彩なリクルート手法で、対象条件に合致した方に確実にご参加いただけます。

調査票を確認するから安心

いただいた調査票はそのまま作成するのではなく、矛盾した質問はないか?答えにくい部分はないか?専門用語が入っていた場合、説明が必要か?といったチェックをしますので初めてでも安心してお任せいただけます。

経験豊富なモデレーター

豊富なネットワークの中から、デプスインタビューの経験豊かで、調査テーマにも精通した最適なモデレーターをアサインすることができます。

大規模アンケートモニターパネル

自社パネル90万人、提携パネル1600万人、業界屈指の大規模アンケートパネルで、リクルート難度が高い対象者でもリクルートすることができます。

ご要望に合わせたスピード納品

調査をご相談いただきましたら、回収予測、お見積もり、スケジュール提出まで、スピーディに対応いたします。調査が動き出したら、アンケート画面の作成、データ回収については、実査スタッフが担当し、データ回収後は、集計チームおよびリサーチャーにより、分析・レポーティングを行い、ご要望に合わせた納期にてデータをご納品いたします。

独自プランでコストを抑えられる

調査のご依頼範囲はお客様の目的や予算に合わせて自由に選択できます。不要な項目は削除できますので、コストを抑えることが可能です。こちらからご予算委合わせたプランをご提案することもできます。

お客様アンケート

  • 確実にリクルートしたい条件に叶った参加者が選ばれているという実感がある。 参加者への直前の確認連絡により参加人数確保の安心感がある。

    一般財団法人 K・N様
    2018年1月実施CS調査より
  • 弊社が要望した通りに画面の作成をあげていただき、とても助かりました。忙しい最中でしたが、確実に丁寧に作りこんでいただきありがとうございました。

    調査会社 M・O様
    2018年1月実施CS調査より

お問い合わせ、各種資料請求、調査レポートの
ダウンロードはこちら

デプスインタビューの流れ

マーケィング課題の理解と整理/調査企画

マーケティング課題に対して、仮説を立て、その仮説をもとに調査を設計していきます。

スクリーナー作成/対象者リクルート

調査目的、課題、仮説をもとに、対象者条件を定義します。

インタビューフロー作成

モデレーターを含めた打ち合わせでインタビューフローを作成します。

事前課題(調査目的に応じて必要な場合に設定します)

日記やコラージュ、ヒストリーや製品試用などインタビューに必要な対象者の情報を事前に収集します。

インタビュー

インタビューを実施します。

発言録の作成

報告書の作成

報告会

納品物

  • 発言録
  • 報告書
  • 事前課題
デプスインタビュー

料金プランやお見積り例

料金表ページでは各サービスの基本料金やお見積り例を掲載しています。

デプスインタビューの
料金プランを見る