市場調査・マーケティングリサーチ会社のアスマーク

オンラインインタビューの特長とメリット・デメリット

オフラインで実施しているデプスインタビュー、グループインタビューをオンラインで
実施できます。

オンラインインタビューとは?

インターネットを介してオンラインで行うインタビューです。通信環境とカメラ・マイク付きのパソコンがあれば、どこからもインタビューができます。
対象者もカメラ・マイク付きのパソコンまたはスマートフォンがあれば参加できますので、地方や希少なターゲットをリクルートしやすいというメリットもあります。オフラインで実施しているデプスインタビュー、グループインタビューをオンラインで実施できます。

オンラインインタビューのメリット・デメリット

メリット

  • 自宅にいながらインタビューに参加することができるため、リクルート難度が高い対象者を、居住地を制限されずリクルートすることができる
  • 対象者は自宅などリラックスした環境でインタビューを受けるため、よりプライベートな内容や率直な意見を聴取できる
  • モニターの生活スタイルが視覚的に把握できる
  • 慣れた環境下で日常生活を再現してもらいながらインタビューを受けていただくこともできる
  • インタビュー場所、視聴場所が制約されない、自社オフィスの会議室からもインタビューできる
  • 対象者同士もモニタ画面を通して顔や声を見聞きできるため、擬似的な座談会形式を取ることができる

デメリット

  • 機種、OSの種類やバージョン、ブラウザの種類やバージョンによって未対応であったり、動作が不安定な場合がある
  • 実査の前に、事前の接続テスト等の準備が必要
  • スマートフォンを利用して実施する場合、提示画像の表示は自ずと小さくなる
  • デバイスによって見え方、特に色味が異なる可能性があり、微妙な色の違いが調査結果に影響するような調査には不向き
  • グループインタビューの場合、グループインタビューの最大のメリットである、グループダイナミックスの効果を享受することが難しい

アスマークのオンラインインタビューの特徴

丁寧なヒアリングと提案

今、お考えの調査内容、もしかすると調査手法、サンプルサイズ、対象者条件等、改善の余地があるかもしれません。弊社では、まず、お客様が抱える課題の共有のため、丁寧にヒアリングさせていただきます。「今回どのような経緯で調査をされることになったのか?」といった、調査の背景等をお伺いして、お客様がどんなマーケティング課題を解決しようとされているのかを共有させていただき、最適な調査を提案いたします。

経験豊富なモデレーター

オンラインでのデプスインタビュー、グループインタビューの経験豊かで、オンラインであることのメリット、デメリットを実地で理解しているモデレーターをアサインすることができます。

リクルートノウハウ

オンラインインタビューの場合は、通常の対象条件だけでなく、デバイスの種類やOSの種類、バージョン、カメラ・マイクなどの付属機器、通信環境についての条件も加わります。リクルートの際は、これらの質問をするのですが、必ずしも正確に答えてもらえるとは限りません。弊社では、事前の電話確認で再度確認するなど、豊富なノウハウに基づいた正確な確認作業で、対象条件に合致した方に確実にご参加いただけます。

システム選択を含めた調査提案

調査目的や実施条件によって、どのシステムを選べば良いのかは異なります。システム選択を間違えると、最悪の場合、調査目的を達成できない、ということにさえつながります。最適なシステムを選ぶにはシステムに関する豊富な知識が必要になります。弊社では、システムの特徴を理解した上で、最適なシステム選択を含めた調査を提案いたします。

対象者に対する的確な指示と確認

実査前に接続チェックを実施します。その際に、カメラやマイクの調整など、対象者に対して適切な指示を出して、環境を整える必要があります。遠隔の方に対して、事前のメールや時には電話なども利用して、設定や調整をしていただくことになります。うまくいかなかった場合のオプションの対応も準備しておきたいところです。弊社には、これらの作業を正確・確実に実施する豊富な経験やノウハウがあり、調査を成功に導きます。

大規模アンケートモニターパネル

自社パネル90万人、提携パネル1600万人、業界屈指の大規模アンケートパネルで、リクルート難度が高い対象者でもリクルートすることができます。

お問い合わせ、各種資料請求、調査レポートの
ダウンロードはこちら

オンラインインタビューの流れ

マーケィング課題の理解と整理/調査企画

マーケティング課題に対して、仮説を立て、その仮説をもとに調査を設計していきます。

スクリーナー作成/対象者リクルート

調査目的、課題、仮説をもとに、対象者条件を定義します。

インタビューフロー作成

モデレーターを含めた打ち合わせでインタビューフローを作成します。

事前課題(調査目的に応じて必要な場合に設定します)

日記やコラージュ、ヒストリーや製品試用などインタビューに必要な対象者の情報を事前に収集します。

インタビュー

事前の接続テストを実施、インタビューを実施します。

発言録の作成

報告書の作成

報告会

納品物

  • 発言録
  • インタビュー動画
  • 報告書
  • 事前課題
オンラインインタビュー

お問い合わせ、各種資料請求、調査レポートの
ダウンロードはこちら

オンラインインタビューの事例

ケース1
認知症のご家族の介護に従事する方へのインタビュー

icon

概況

実際の認知症の患者さんにもモニター越しで簡単なヒアリングを行い、介護従事者へインタビュー。家の中の様子も映してもらい、張り紙や滑り止め等で実生活の中での患者さんへの配慮が見られた。

お客様の声

オフラインでは患者さんの同伴は難しいため、貴重な意見が取れた。実生活を実際に見ることができたため、オフラインインタビューより参考になった。

ケース2
ヘアワックスに関するインタビュー

icon

概況

起床直後にヘアセットをしてもらい、その様子をモニタリング。セット完了後にセット方法についてインタビュー。ドライヤーの使用や他のスタイリング剤も同時に使用する傾向が見られた。

お客様の声

起床直後という条件での実施ができて非常に助かった。普段使い慣れたドライヤーや他のワックスの使用方法についても参考になった。

ケース3
自家用車の中でのグループインタビュー

icon

概況

車内設備や使用方法についてを、実際使用しているマイカーの中でインタビュー。被験者が車内のどこにこだわりを持っているのか、一定の傾向が見られた。

お客様の声

マイカーの中でのインタビューという、特殊な条件で実施できたことが良かった。車内の様子もモニタリングできるので、想定より質の高いインタビュー内容でした。

オンラインインタビューの事例