1. TOP
  2. ソリューション
  3. 初めてのアンケート調査

初めてのアンケート調査

アンケート調査の種類

ひとことでアンケート調査といっても、それぞれ実施方法が異なりますので、多岐の調査手法が存在します。調査手法により押さえるべきポイントが異なりますので、まずは、自分が実施したいアンケート調査がどのタイプのアンケート調査に当てはまるのか確認する必要があります。

なかでも、調査票という設問文と選択肢を用いるアンケートの場合は、回答データは数値で落とし込むことができる定量調査と呼ばれ、データとして傾向やまとまりを把握する上で用いられます。一方、調査票を用いないインタビュー形式の調査は定性調査と呼ばれ、言葉や情報をアウトプットとし、アイデア出しやテーマの深掘りの際に用いられます。

ネットリサーチ(Webアンケート)を成功させるコツ

最も代表的なアンケート調査はネットリサーチ(Webアンケート)です。ネットリサーチ(Webアンケート)とは、Web上にアンケート画面を用意し回答者をWebに誘導し、アンケートを回答させる調査手法です。短期間で大量の回答を集めることができる一方、あまり作りこまれていない調査票で実施してしまうと目的とズレた、でたらめな回答ばかり集まってしまう結果となります


アンケート調査全般に言えることですが、表現の一言一句を含め、調査票の作り方によって回答者一人一人にとって意味の捉え方が異なってしまいます。さらに、欲しいデータを得るためには、どのような回答者属性の方にアンケートを答えてもらう必要があるのかも十分考慮しなければなりません。


また、そもそもの大前提にはなりますが、「何の目的で」アンケートを実施し、「そのデータをどう活用したいのか」をしっかりイメージした上で、調査票を作りこまないと「こんなデータが欲しかったんじゃない」という結果に陥ってしまいます。


そのため、アンケートから得られるデータの質を向上させるためには、調査票を作成するスキルが何より重要です。調査票がアンケートの全てといっても過言ではありません。


上記を十分考慮し、成功するネットリサーチ(Webアンケート)を心掛けてみましょう。

アスマークのネットリサーチ(Webアンケート)

弊社は全国にアンケート専用の会員を抱え、また、複雑な分岐設定の調査でも柔軟に対応可能なアンケートシステムを保有しています。Webアンケート画面の作成はもちろん、プロのリサーチャーにより調査設計からレポーティングまでの一式をお引き受け可能です。また、Web画面をご自身で手配済みのお客様へは、回答者をWeb画面へ誘導させるサービスもございます。