市場調査・マーケティングリサーチ会社のアスマーク

\定性に強い/マーケティングリサーチ会社のアスマークが開発

オンラインインタビューシステム

i-PORT voice

アスマークのオリジナルシステムオンラインでも高品質で快適な定性調査を実現。

i-PORT voiceで
オンラインインタビューをスマートに!
i-PORT voiceって?

  • アスマークでは、オンラインツールが主流となる以前より、定性調査をオンラインで実現することに取り組んできました。

    ”i-PORT voice”とは、オフライン定性調査に長い歴史を持つアスマークが、実務経験を活かし開発したオンラインインタビューシステムです。

    調査モニターとの対面インタビューや分析を得意とし、オフライン定性調査に強い実績を持つアスマークだからこそできた初の調査専用システム。バックルーム環境の充実や、モデレーター目線など、リアルな使い心地を追求しています。

  • i-PORT voiceでは、デプスインタビューはもちろん、最大6名までのグループインタビューの実施が可能です。

    また、オンラインインタビューツールでは難しい、インタビュー会場特有の空間構造もオンライン上にリアルに実現。まるでオフライン定性調査のように、ミラールーム・バックルームを仮想空間上に準備しています。

    オンライン空間には付きものである「セキュリティ面」の心配も、i-PORT voiceはクリア。第三者機関における厳しい審査も経て、機密性を遵守し安全で快適なインタビューをお届けいたします。

i-PORT voiceの強み

  • インタビュールーム・ミラールーム・
    バックルームの実現

  • バックルーム同士
    コミュニケーションが可能

  • グループインタビューに欠かせない
    共感機能”いいね!”

  • 好みの大きさで画面をズーム!
    オンラインでも表情をとらえやすく

i-PORT voiceで
オンラインインタビューの
こんな悩みを解決

CASE1

見学者の姿が調査モニターに見えていないか心配・・・

リサーチはバイアスの除外が命!見学者に「見られている」感覚をなくして自然体でインタビューに参加してもらうために、ミラールーム・バックルームを仮想空間上にご用意しています。

CASE2

バックルーム同士でインタビュー中の気付きを共有したい

インタビュー中はバックルーム内の関係者でチャットが可能です。よくあるのが見学者同士で意見がまとまらないまま、モデレーターに指示が飛ぶことです。 本社や現場のバックルーム同士でインタビューの様子を見ながらチャットができるため、インタビューの邪魔をしないようにと、意見を控えたり、別のチャットツールを利用する必要はありません。この1画面で完結します。

CASE3

オンラインインタビューで共感していることが
分かるような"生きた感情"は分かるの?

モニターが気軽に送りあえる共感ボタン機能「いいね!」の搭載により、従来のオンラインインタビューで顕在化されにくい感情にも対応!

調査モニター同士の相互作用による、新たな発見と価値が見つけられます。

CASE4

オンラインインタビューでモニターの表情や目線はわかるの?

バックルームでは、見学者の方がそれぞれご自身の好きな大きさで、気になるモニターを拡大表示し観察することが可能です。

全画面表示にも対応しているので、モニターの表情もしっかりチェック!

i-PORT voiceの機能

慎重さが問われる定性調査に強い
アスマークだからこそできる、多彩な機能を搭載

司会者
(モデレーター)

アンケート
モニター

バック
ルーム

全体

インタビュー(オンライン通話)ができる ×
PCでアクセス可能(ブラウザ起動)
スマートフォンでアクセス可能(ブラウザ起動)
タブレット端末でアクセス可能(ブラウザ起動)

インタビュー
ルーム入室

インタビュー(オンライン通話)ができる ×
PCでアクセス可能(ブラウザ起動)
スマートフォンでアクセス可能(ブラウザ起動)
待機室があり、タイミングを見て参加者の入室を許可できる × ×

インタビュー中

インタビュー中、自身の名前を編集可能
「いいね」などの共感スタンプを押すことができる ×
「手をあげる」機能(ボタン)を押すことができる ×
再接続ができる
誰がしゃべっているか分かるように音量が表示される ×
自身の「カメラ」「マイク」のオン・オフが可能 ×
アンケートモニターとのチャットができる ×
司会者とチャットができる ×
バックルーム同士でのチャットができる × ×
人や共有した画面の拡大表示ができる
画面共有機能 ×
管理画面から事前にアップロードした
「Excel」「PowerPoint」などをダウンロードできる
管理画面から事前にアップロードした
動画を流すことができる
バックルームに誰が入っているか一覧で確認できる ×
インタビューを録画することができる × ×

管理画面:各URLの発行・管理が可能なシステム(当社スタッフの作業を想定しています)

i-PORT voice活用例

  • 生活空間の観察ができる点も、オンラインならでは

    生活空間の観察ができる点も、オンラインならでは

    デプスインタビューにおいては、調査モニターが自宅でリラックスしてインタビューに臨める点が利点です。

    衣服の収納環境や調味料の配置、掃除の仕方や生活動線など、あらゆる“住環境の観察”による「エスノグラフィ評価」が可能です。

    アスマークでは、事前の製品送付なども柔軟にサポート対応いたします。テスト製品をインタビュー前にお試しいただた上でインタビューを実施することや、事前のインストラクションをしっかり行いインタビュー当日に初めて製品を見てもらう、などの対応も可能です。

  • 調査モニターは最大6名まで対応が可能

    オフライン調査の雰囲気を再現!

    i-PORT voiceのグループインタビューでは、従来オンラインでは難しかった最大6名までのモニター呼集が可能です。

    ※但し当日の通信環境やオペレーションを考慮し、推奨人数は3~4名前後となります。

    対象者の表示位置を固定できるので、インタビューをスムーズに行えます。

    また、アスマークのオペレーションノウハウも生かし、オフライン調査では一般的である、下記のような調査項目も実施可能です。

    【調査可能項目】

    ・コンセプト評価 ・競合商品比較

    ・ニーズ探索 ・試飲試食評価  など

i-PORT voiceのヘルプデスク連絡一本で即時対応

営業時間中は即時ヘルプデスク対応。
インタビュー終了までを徹底サポートいたします。

i-PORT voiceはシステム提供だけに留まりません。見学者の方の使いやすさを一番に、
オフライン定性調査の運営実務に長けた専属のディレクターがインタビュー導入から終わりまでをフォローいたします。

オンラインインタビュー
当日までのイメージ

営業

ディレクター

リクルーター

企画段階

調査企画・ご提案
お打合せ



スクリーナー作成

準備段階

モデレーター・
オンライン環境等の手配

システム構築・お客様との接続テスト

インタビューフローの確定
募集画面作成
回収状況確認
対象者リクルート・確定

接続テスト用・システムURLの配布
対象者に接続テスト
※必要に応じ対象者差し替え
本番用・システムURLの配布
前日確認

実査

調査開始の確認 対象者の受付
音声・動画環境の確認
クロージング・デブリーフィング

終了後



録画データ・発言録・報告書ご納品
参加状況の確認
モニターデータベース構築

i-PORT voiceの
セキュリティ

  • i-PORT voiceは外部の盗聴や情報の漏洩を防ぐWebRTCのプラットフォーム「Sky Way」を使用。

    第三者機関における厳しいセキュリティ診断もクリアし、オンラインでも機密性を遵守した安全なインタビューが可能です。

i-PORT voiceが
使えるデバイス

マルチなデバイスへ接続可能。
デバイスの貸出も対応しています。

アスマークのオンラインインタビュー

株式会社アスマークでは
オンラインインタビュー受け入れ体制を強化。

お見積りと合わせ、システムのイメージなどを無料でご案内いたします。