市場調査・マーケティングリサーチ会社のアスマーク

マーケティング活動
お役立ち
ホワイトペーパー

マーケティングや営業活動に関するお役立ちホワイトペーパーを無料でダウンロードできます。
また、定期的にメールからお役立ち情報のお知らせもおこなっております。

マーケティング活動お役立ちホワイトペーパーリスト

【検証レポート】設問文・選択肢の見せ方で回答データは変わるのか?

設問文・選択肢の見せ方で、回答データに差は生まれるのかを検証し解説したレポートです。 ・アンケートで提示するコンセプトを設問文の上に置くか下に置くか? ・選択肢の配置は左ポジティブか右ポジティブか? ・5点尺度表記、「してみたい」か「したい」か? など、計7項目を検証

日本のマーケティングリサーチ20年の変遷

2020年12月をもって、アスマーク(旧マーシュ)は設立20期を迎えることができました。記念制作として、元ロッテ調査部長の小出氏監修の元、「日本のマーケティングリサーチ20年の変遷」を作成しました。 マーケティングリサーチが日本においてどのような発展を遂げ、今後はどう変遷していくのかを冊子にまとめました。

HRツール・サービス利用実態調査 ~種類が増え続けるHRツールの利用状況や導入意向を調査~

働き方改革やコロナ禍によるリモートワークシフトによって、労働環境や業務管理体制の改善が求められる中、HRツール/サービスの需要も増加しています。そこで、業務系システムやITツールの情報収集・選定に関わる会社員と経営者を対象に、現在の利用状況や導入意向などを調査しました。

「オンラインコミュニケーション実態調査」【番外編】 オンライン飲み会に関する調査

コロナ禍で在宅勤務の導入が進み、ビデオ会議の増加と共に話題となった「オンライン飲み会」。自宅から参加できる新しい飲み会の形として注目されています。2月に公開した「オンラインコミュニケーション実態調査」のAppendixとしてオンライン飲み会の参加経験や感想を調査した内容をまとめました。

【検証レポート】設問文・選択肢の見せ方で回答データは変わるのか?

設問文・選択肢の見せ方で、回答データに差は生まれるのかを検証し解説したレポートです。 ・アンケートで提示するコンセプトを設問文の上に置くか下に置くか? ・選択肢の配置は左ポジティブか右ポジティブか? ・5点尺度表記、「してみたい」か「したい」か? など、計7項目を検証

リモートワーカーの「ワーケーション」イメージ調査 ~導入は進むのか?ワーケーションについての経験やイメージを調査~

観光地やリゾート地で休暇を取りながらリモートワークをする「ワーケーション」。 新しい働き方・暮らし方として注目されていますが、実際に導入に踏み切った企業はまだ多くありません。 ワーケーションへの関心度や、どのようなイメージを持っているのか調査しました。

「オンラインコミュニケーション」実態調査 ~在宅勤務の増加でビデオ会議やチャットはどこまで定着したのか~

コロナ禍で一気に増加したリモートワーク。勤怠管理、接続環境の個人差、コミュニケーションといった課題もある在宅勤務ですが、実際に行っているビジネスパーソンはどう感じているのでしょうか?オンラインコミュニケーションの頻度や使用感・不満など、実態を調査しました。

日本のマーケティングリサーチ20年の変遷

2020年12月をもって、アスマーク(旧マーシュ)は設立20期を迎えることができました。記念制作として、元ロッテ調査部長の小出氏監修の元、「日本のマーケティングリサーチ20年の変遷」を作成しました。 マーケティングリサーチが日本においてどのような発展を遂げ、今後はどう変遷していくのかを冊子にまとめました。

最新の調査結果から読み解く離職意向と満足度の関連性~満足度把握だけじゃない!ES調査の目的とは?~

【ES調査シリーズ第2弾】 従業員の満足度と離職意向は密接に関わっています。今回は “離職を検討している会社員“のアンケート結果と共に、一般的なES調査で生じがちな不満や疑問と、アスマークの新しいES調査『ASQ』についてご紹介します。

アスマークのグローバル定性調査オペレーション体制

図解でわかるインフォグラフィック。現地支社がある調査会社の場合、<日本国内窓口→現地支社→海外現地パートナー>というフローになるため、コスト・スピード・連携精度に課題が生じてしまうことがあります。アスマークでは、日本にいる社内のグローバルチームが直接現地パートナーとタッグを組んでいるため、あらゆる面で柔軟な対応を可能としています。

「レシート分析」×「インタビュー」による N=1消費者理解のご案内【2020年9月ピックアップレポート】

「レシート購買データ」で消費者の購買実態を捉え、インサイトを探索・顧客理解を行い、更に「チャットインタビュー」で補完したい情報を取得することで、個々の顧客を徹底的に理解することが可能となります。