市場調査・マーケティングリサーチ会社のアスマーク

マーケティング活動
お役立ち
ホワイトペーパー

マーケティングや営業活動に関するお役立ちホワイトペーパーを無料でダウンロードできます。
また、定期的にメールからお役立ち情報のお知らせもおこなっております。

マーケティング活動お役立ちホワイトペーパーリスト

【検証レポート】アンケートの回答負荷、データに与える影響は?

「回答負荷によってどの程度調査結果が変わるのか?」について、実データによる具体例を提示し、検証し解説したレポートです。 「設問文の長さ」「意識してほしい文言の強調の有無」「選択肢の多さ」「巨大マトリクス設問による影響」「負担を感じずに丁寧に回答できる設問数や選択肢数」 など、計9項目を検証。

【i-PORT voice企画】Z世代の経営者が語る「今とこれからの働き方」

今を駆け抜けるZ世代の経営者3名による、約1時間の対談インタビュー動画を無料でご覧いただけます。トキ消費・コト消費といった概念を象徴とする”Z世代”。新しい価値観を持つ彼らの「仕事観」について、アスマークの自社システム「i-PORT voice」を用いて、オンライン対談形式でお届けいたします。

【検証レポート】設問文・選択肢の見せ方で回答データは変わるのか?

設問文・選択肢の見せ方で、回答データに差は生まれるのかを検証し解説したレポートです。 ・アンケートで提示するコンセプトを設問文の上に置くか下に置くか? ・選択肢の配置は左ポジティブか右ポジティブか? ・5点尺度表記、「してみたい」か「したい」か? など、計7項目を検証

「コロナ禍新入社員」意識調査2021 ~コロナ禍二度目の春、新入社員の働き方と気持ちを探る~

「新型コロナ禍新入社員 意識調査」の第2弾です。 2021年は2回目・3回目の緊急事態宣言が発出され、まだ終わりの見えない状況が続いています。 そこで前年に引き続き、2021年春に入社した新入社員(新卒/中途を含む)を対象に、在宅勤務の実態やコロナ禍の働き方で困っていることなどを調査しました。前年との比較も行っています。

【検証レポート】アンケートの回答負荷、データに与える影響は?

「回答負荷によってどの程度調査結果が変わるのか?」について、実データによる具体例を提示し、検証し解説したレポートです。 「設問文の長さ」「意識してほしい文言の強調の有無」「選択肢の多さ」「巨大マトリクス設問による影響」「負担を感じずに丁寧に回答できる設問数や選択肢数」 など、計9項目を検証。

コンプライアンス&ハラスメント調査【後編】 ~1万人調査で見えた、ハラスメントに関する職場のリアル~

2020年6月にパワハラ防止法が施行されるなど、職場におけるハラスメント防止対策は重要課題の一つとなっています。実際に企業で働く人々は、ハラスメントについてどの程度理解しており、また、どのような経験を持っているのでしょうか。前編の「コンプライアンス編」に続き、有職者 1万人の調査を通して実態を探りました。

コンプライアンス&ハラスメント調査【前編】
~1万人調査で見えた職場のリアル~

コンプライアンス違反による倒産は8年連続で200件を超え、2020年6月にはパワハラ防止法が施行されました。企業におけるコンプライアンスの重要性が一層高まる中、実際に企業で働く人々は、職場のコンプライアンスリスクやハラスメントに関してどのような認識・経験を持っているのでしょうか。有職者 1万人の調査を通じて見えたことを、前後編に分けてお届けします。

【i-PORT voice企画】Z世代の経営者が語る「今とこれからの働き方」

今を駆け抜けるZ世代の経営者3名による、約1時間の対談インタビュー動画を無料でご覧いただけます。トキ消費・コト消費といった概念を象徴とする”Z世代”。新しい価値観を持つ彼らの「仕事観」について、アスマークの自社システム「i-PORT voice」を用いて、オンライン対談形式でお届けいたします。

あなたの会社は大丈夫?
パワハラ防止法対策チェックリスト&理解度調査

2020年6月に「パワハラ防止法」が施行され、ハラスメント防止のための「雇用管理上必要な措置を講じること」が事業主に義務付けられました。 有職者1万人の調査結果と共に、企業が取り組むべき対策をまとめています。 自社の対応状況の把握に使える便利なチェックリスト付き。

HRツール・サービス利用実態調査 ~種類が増え続けるHRツールの利用状況や導入意向を調査~

働き方改革やコロナ禍によるリモートワークシフトによって、労働環境や業務管理体制の改善が求められる中、HRツール/サービスの需要も増加しています。そこで、業務系システムやITツールの情報収集・選定に関わる会社員と経営者を対象に、現在の利用状況や導入意向などを調査しました。

「オンラインコミュニケーション実態調査」【番外編】 オンライン飲み会に関する調査

コロナ禍で在宅勤務の導入が進み、ビデオ会議の増加と共に話題となった「オンライン飲み会」。自宅から参加できる新しい飲み会の形として注目されています。2月に公開した「オンラインコミュニケーション実態調査」のAppendixとしてオンライン飲み会の参加経験や感想を調査した内容をまとめました。

【検証レポート】設問文・選択肢の見せ方で回答データは変わるのか?

設問文・選択肢の見せ方で、回答データに差は生まれるのかを検証し解説したレポートです。 ・アンケートで提示するコンセプトを設問文の上に置くか下に置くか? ・選択肢の配置は左ポジティブか右ポジティブか? ・5点尺度表記、「してみたい」か「したい」か? など、計7項目を検証

リモートワーカーの「ワーケーション」イメージ調査 ~導入は進むのか?ワーケーションについての経験やイメージを調査~

観光地やリゾート地で休暇を取りながらリモートワークをする「ワーケーション」。 新しい働き方・暮らし方として注目されていますが、実際に導入に踏み切った企業はまだ多くありません。 ワーケーションへの関心度や、どのようなイメージを持っているのか調査しました。

「オンラインコミュニケーション」実態調査 ~在宅勤務の増加でビデオ会議やチャットはどこまで定着したのか~

コロナ禍で一気に増加したリモートワーク。勤怠管理、接続環境の個人差、コミュニケーションといった課題もある在宅勤務ですが、実際に行っているビジネスパーソンはどう感じているのでしょうか?オンラインコミュニケーションの頻度や使用感・不満など、実態を調査しました。

日本のマーケティングリサーチ20年の変遷

2020年12月をもって、アスマーク(旧マーシュ)は設立20期を迎えることができました。記念制作として、元ロッテ調査部長の小出氏監修の元、「日本のマーケティングリサーチ20年の変遷」を作成しました。 マーケティングリサーチが日本においてどのような発展を遂げ、今後はどう変遷していくのかを冊子にまとめました。

最新の調査結果から読み解く離職意向と満足度の関連性~満足度把握だけじゃない!ES調査の目的とは?~

【ES調査シリーズ第2弾】 従業員の満足度と離職意向は密接に関わっています。今回は “離職を検討している会社員“のアンケート結果と共に、一般的なES調査で生じがちな不満や疑問と、アスマークの新しいES調査『ASQ』についてご紹介します。