市場調査・マーケティングリサーチ会社のアスマーク

アンケートカテゴリー

マスクと日焼けケアに関する調査 東西比較

公開日:2020.09.16

マスクと日焼けケアに関する調査 東西比較

満足度の水準からみて、マスクに満足という概念は存在しないといえる

新型コロナウイルス流行前後のマスク利用にはどのような変化があるのでしょうか。夏もマスクを着用することが求められる状況下で、どのような悩みを抱え、また、日焼け(紫外線)対策にも影響はあるのでしょうか。東西の男女や年齢による違いを探ってみました。

< TOPICS >

  • マスクの重視点は、季節を問わず価格

  • 日本製であることなどの品質面よりも、機能や使用感を重視

  • 日焼けケア対策者は女性が9割に対し、男性は4割にとどまる

  • 夏にマスクを着用することによって、3人に1人が「ちょっとした外出でも日焼け対策をするようになった」

調査概要

調査名 マスクと日焼けケアに関する調査 東西比較
対象者条件 【性別】男性、女性
【年齢】20~50代
【地域】関東1都3県・関西2府2県
調査項目 ・マスク利用種類
・夏のマスク着用時の悩み
・マスクの重視点
・マスク満足度
・日焼け(紫外線)対策方法
・日焼け(紫外線)対策の悩み
・日焼け(紫外線)対策の重視点
・夏のマスク着用による日焼け(紫外線)対策変化
サンプル数 800サンプル
割付 性年代、エリア均等
調査期間 2020年8月26日(水) ~ 8月27日(木)
調査方法 Webアンケート
調査機関 株式会社アスマーク(旧マーシュ)

マスクの重視点

Q3.あなたがマスクを選ぶ際に重視することを、以下の季節ごとにお知らせください。 (それぞれ複数選択可)

季節を問わず最も重視するのは価格。日本製であることなど品質よりも、機能や使用感を重視

「冷感効果」「通気性のよさ」は夏に重視度が大きく上昇。その他は季節による大きな変化はない。
関東は、関西よりも「紫外線カット効果」「抗菌効果」をやや重視する様子がみられる。

マスク満足度

Q4.あなたは、普段着用しているマスクについて、どの程度満足していますか。 (それぞれ1つ選択)

満足度の水準からみて、マスクに満足という概念は存在しないといえる

関東・関西ともに女性の満足度が高め。特に差が大きいのは「耳が痛くならないこと」。
総じて女性の方がマスクの満足度は高い傾向にあることから、男性はマスクなら何でもよく、こだわりがない無頓着タイプが多いために満足という考えを持たないのではないかと考えられる。一方、女性はこだわりを持っている人が多いと推察される。

夏のマスク着用による日焼け(紫外線)対策変化

Q8.新型コロナウイルス感染拡大により、2020年は夏でもマスクを着用する機会が多くなりました。夏にマスクを着用することで、あなたの日焼け(紫外線)対策に変化はありましたか。(複数選択可)

3人に1人は、ちょっとした外出でも日焼け対策をするようになった

調査結果の引用・転載について

  • 本レポートの著作権は、株式会社アスマークが保有します。
  • 引用・転載される際は、必ず「アスマーク調べ」と出典を明記してご利用いただくようお願いします。
  • その際、引用・転載される旨を当社までご一報ください。
  • 調査の内容の一部または全部を改変して引用・転載することは禁止いたします。
  • 自社商品の宣伝・広告・販促を目的とした使用を検討されている場合は、必ず事前に当社までご相談ください。
  • 引用・転載されたことにより利用者または第三者に損害その他トラブルが発生した場合、当社は一切その責任を負いません。

NEW関連調査データ

    現在関連記事がありません。