公開日:2023.10.30

【Smart research】X(旧Twitter)「本音で話せる」ユーザーの約6割

  • News

日常のちょっとした疑問を独自のミニリサーチ形式にて発信していく「Smart research」
今回は趣向を変え、各種SNSでの本音にまつわるアンケートをアスマークのモニターに調査を実施しました。今回はX(旧Twitter)、Instagram、Facebookの3点の各種SNSに関してそれぞれ同様の質問を行いました。

Facebook「本音で話せる」は約1割

まずX(旧Twitter)に関して、「本音で話すことができる」と回答している人の割合は、
アカウントの公開種別にかかわらず、約4割という結果に。なおノンユーザーを除いた割合では、回答者の約6割という結果にも至ります。

次にInstagramに関しては「本音で話すことができる」と回答している人の割合は、
アカウントの公開種別にかかわらず、約3割とX(旧Twitter)よりも低い結果になりました。

最後にFacebookにおいては「本音で話すことができる」と回答している人の割合は、
公開のみ・非公開のみの片方回答者を含めて約2割程度とX(旧Twitter)、Instagramと差を付けて低い結果に。

Facebookでは本音で話すことは難しいと考える人が多いようです。なお、回答者の約6割は「アカウントは持っていない・わからない」と回答していることも他2つのSNSとの目立った相違点でしょうか。

X(旧Twitter)ではInstagram、Facebookと比べて文字で発信できる形態を主としているため、本音が話しやすい環境にあるのでしょうか。Facebookはビジネス利用されている方が多いことも起因かもしれません。

今後も身近なSNSに関する疑問について調査してまいります。

<調査概要>

関連コンテンツのご紹介