公開日:2024.01.23

【Smart research】【2023年度】冬の賞与 去年より増えた 約3割

  • News

日常のちょっとした疑問を独自のミニリサーチ形式にて発信していく「Smart research」
今回は2023年12月に調査した冬の賞与に関して、アスマークの会社員モニターに調査した結果をお届けします。

会社員の半数は賞与を「節約や投資」に充てる


 
 
まず、賞与の金額に関して。
「前回より増えた」と回答した人が約3割とコロナ禍終息後、各企業の業績においては変化が見受けられるようです。
 
また、冬の賞与の使い道として最も多いものが「節約や投資」という結果になりました。
賞与増の傾向は関せず、昨今の急激な物価高の影響を受けて「節約や投資」の選択を取る人は多いのでしょうか。
他の項目では、「旅行などの娯楽」へ賞与を利用する割合が約3割とコロナ禍終息によるよい傾向が出ているように思います。
 
なお、2023年度冬の賞与の有無に関しては当社モニターの約7割という結果に。
 
会社員を対象とした調査は今後も引き続き行ってまいります。
 
 
<調査概要>

関連コンテンツのご紹介