市場調査・マーケティングリサーチ会社のアスマーク

アンケートカテゴリー

  • 食品・飲料

アルコールに関する調査 東西比較~慣習編~

公開日:2020.08.21

  • 食品・飲料

アルコールに関する調査 東西比較~慣習編~

関東は”おつまみ”がマスト~関東では関西に比べ、おつまみを「毎回食べる」人が多い~

~東西比較シリーズ「アルコールに対する価値観について」~
食に対する味覚や好みが異なる東西。ではアルコールの位置付けに差はあるのでしょうか。
今回は関東と関西で、アルコールを飲む習慣や消費量についての違いを探りました。
本記事では「アルコールにおける慣習差」について取り上げます。

< TOPICS >

  • 関東は”おつまみ”がマスト

  • 関東20代は8割が居酒屋を利用している。コロナ禍を含む現在も利用が多い?

  • オンライン飲み会は関東の方が盛んに行われ、特に若年層で顕著

調査概要

調査名 アルコールに関する調査 東西比較~慣習編~
対象者条件 【性別】男性、女性
【年齢】20~50代
【地域】一都三県、二府二県
調査項目 ・普段おつまみを食べる頻度
・普段お酒を飲む場所
・普段飲んでいるお酒
・普段お酒を一緒に飲む人
・「オンライン飲み会」浸透度
サンプル数 800サンプル
割付 地域、性別、年代で均等割付
調査期間 2020年7月10日(金)~2020年7月14日(火)
調査方法 Webアンケート
調査機関 株式会社アスマーク(旧マーシュ)

普段おつまみを食べる頻度

Q1.あなたは普段お酒を飲む際におつまみを食べますか。あてはまるものをお知らせください。(1つ選択)

関東は”おつまみ”がマスト
関東では関西に比べ、おつまみを「毎回食べる」人が多い。
東西共に年代が高くなるにつれ、おつまみは欠かせなくなる傾向にある。

普段お酒を飲む場所

Q2.あなたは普段どちらでお酒を飲みますか。普段良くお酒を飲んでいる場所をすべてお知らせください。(複数選択可)

関東20代は8割が居酒屋を利用している。コロナ禍を含む現在も利用が多いのか?
外出自粛の影響も受けてか、全体的には東西共に自宅での飲酒が一番高いが、関東人はレストランの利用が多い。

「オンライン飲み会」浸透度

Q5.「オンライン飲み会」について、ご自身に最もあてはまるものを1つお知らせください。(1つ選択)

オンライン飲み会は関東の方が盛んに行われ、特に若年層で顕著である。
特に関東20代は3人に1人以上がオンライン飲み会を週3回以上と積極的に行っている。

調査結果の引用・転載について

  • 本レポートの著作権は、株式会社アスマークが保有します。
  • 引用・転載される際は、必ず「アスマーク調べ」と出典を明記してご利用いただくようお願いします。
  • その際、引用・転載される旨を当社までご一報ください。
  • 調査の内容の一部または全部を改変して引用・転載することは禁止いたします。
  • 自社商品の宣伝・広告・販促を目的とした使用を検討されている場合は、必ず事前に当社までご相談ください。
  • 引用・転載されたことにより利用者または第三者に損害その他トラブルが発生した場合、当社は一切その責任を負いません。

ダウンロードリスト

全部で0件を

ダウンロードする

※ダウンロードリストに該当の資料を入れてください

RANKINGダウンロード・閲覧ランキング