市場調査・マーケティングリサーチ会社のアスマーク

アンケートカテゴリー

  • 医療・健康
  • 食品・飲料

ダイエットと食品表示に関する調査

公開日:2020.08.21

  • 医療・健康
  • 食品・飲料

ダイエットと食品表示に関する調査

運動頻度は週2回が、 体型や健康・美容の意識が高くなる境界線

Withコロナで生活様式が大きく変容し、外出や行動の自粛から“コロナ太り”が取りざたされています。それに合わせて、テレビや雑誌・SNSでもダイエット関連の話題が増えており、新たなダイエットブームともいえる状況が続いています。ダイエットへの向き合い方も人それぞれで、“にわか”でダイエットに取り組む方も多いと思います。今回は、ダイエットへの向き合い方を軸に、「食品表示(栄養素)」への意識と効果を調べてみました。

< TOPICS >

  • 新型コロナにより1キロ以上”コロナ太り”した人は約4割

  • ダイエットの意思はあるものの、半数以上が運動をしていない

  • 運動しない人は、気にする栄養素はあっても、目安値を持っていない

  • 週1回以上運動をする人は、栄養素の目安値を持っている

調査概要

調査名 ダイエットと食品表示に関する調査
対象者条件 【性別】男性、女性
【年齢】30~50代
【地域】一都三県
【その他】コロナ太り”して、ダイエット意向がある方
調査項目 ・”コロナ太り”の割合
・運動頻度
・食品表示を気にする割合
・気にする/目安値がある食品表示項目
・【運動頻度別】気にする/目安値がある食品表示項目
・購入の決め手となったことがあるキャッチコピー
・【運動頻度別】購入の決め手となったことがあるキャッチコピー
サンプル数 600サンプル
割付 性年代均等
調査期間 2020年8月3日(月)~8月5日(水)
調査方法 Webアンケート
調査機関 株式会社アスマーク(旧マーシュ)

”コロナ太り”の割合

SC1.あなたは、新型コロナウイルスの流行による、外出や行動の自粛制限によって、体重の増減はありましたか。最もあてはまるものをお答えください。(1つ選択)

新型コロナウイルスの影響により、1kg以上の”コロナ太り”をした人は約4割。男性より女性で顕著。

運動頻度

Q1.あなたは、現在ダイエットのために、運動・スポーツをしていますか。あてはまるものをひとつお答えください。(1つ選択)

ダイエットの意思があるものの、運動をしていない(低頻度含む)人が半数以上。
男女ともに年齢が上がるほど、運動をしなくなる傾向があり、特に男性が顕著。

【運動頻度別】気にする/目安値がある食品表示項目

Q3.あなたは、以下の食品表示(栄養素)を確認する際、気にする表示項目はありますか。また、購入の決め手となる目安値がある表示項目はありますか。それぞれ、あてはまるものをすべてお答えください。(それぞれ複数選択可)

週2~3回程度運動する人は「脂質」と「炭水化物」、週1回以上運動する人「タンパク質」を気にしている。
週1回以上の運動頻度の人は、食品表示項目の目安値を持っている割合が高く、運動をしない人は、気にする食品表示項目があるものの、明確な目安値を持っていない。

調査結果の引用・転載について

  • 本レポートの著作権は、株式会社アスマークが保有します。
  • 引用・転載される際は、必ず「アスマーク調べ」と出典を明記してご利用いただくようお願いします。
  • その際、引用・転載される旨を当社までご一報ください。
  • 調査の内容の一部または全部を改変して引用・転載することは禁止いたします。
  • 自社商品の宣伝・広告・販促を目的とした使用を検討されている場合は、必ず事前に当社までご相談ください。
  • 引用・転載されたことにより利用者または第三者に損害その他トラブルが発生した場合、当社は一切その責任を負いません。

ダウンロードリスト

全部で0件を

ダウンロードする

※ダウンロードリストに該当の資料を入れてください

RANKINGダウンロード・閲覧ランキング