市場調査・マーケティングリサーチ会社のアスマーク

アンケートカテゴリー

  • マネー・家計

お金の収支サービスに関する利用実態調査 東西比較

公開日:2020.08.26

  • マネー・家計

お金の収支サービスに関する利用実態調査 東西比較

東西ともに世帯年収が高い層が収支サービスを うまく利用している

“ふるさと納税”や“●●pay”などの支出を抑えるサービスに対し、“投資”や“公営ギャンブル”といった収入を増やすサービスが存在します。一般的に「関西人はケチだ」というイメージがありますが、収入と支出の意識について関東とギャップがあるのでしょうか?世帯年収別に利用実態を調べてみました。

< TOPICS >

  • 世帯年収が低い層で、支出を抑えるサービスの導入率が低い
  • 世帯年収が低い層は、収入を増やすサービスにも消極的

  • 収支サービスの利用に東西差はあまり見られない

  • 2府2県の世帯年収1,000万円以上の層は、公営ギャンブルに積極的

調査概要

調査名 お金の収支サービスに関する利用実態調査 東西比較
対象者条件 【性別】男性、女性
【年齢】30~50代
【地域】一都三県/二府二県
【その他】世帯年収を回答した既婚者
調査項目 ・<支出を抑える>サービスの利用状況_ふるさと納税
・<支出を抑える>サービスの利用状況_スマホ決済/モバイル決済
・<収入を増やす>投資経験者の割合_世帯年収別
・<収入を増やす>公営ギャンブルの実施頻度_エリア別
・<収入を増やす>公営ギャンブルの実施割合_世帯年収別
・<収入を増やす>投資経験_エリア別
・<収入を増やす>公営ギャンブルの実施状況_パチンコ・スロット
・<収入を増やす>公営ギャンブルの実施状況_競馬
・<収入を増やす>公営ギャンブルの実施状況_競艇
・<収入を増やす>公営ギャンブルの実施状況_競輪
・<収入を増やす>公営ギャンブルの実施状況_宝くじ
・<収入を増やす>公営ギャンブルの実施況_オートレース
サンプル数 600サンプル
割付 性年代、エリア均等
調査期間 2020年8月11日(火)~8月13日(木)
調査方法 Webアンケート
調査機関 株式会社アスマーク(旧マーシュ)

<支出を抑える>サービスの利用状況_ふるさと納税

Q7-1.ふるさと納税について、あなたの利用状況をそれぞれお答えください。 (1つ選択)

全体の約4割がふるさと納税の利用経験あり。関西より関東の方がふるさと納税の利用率は高く、年収が高い程その傾向は強くなる。年収の高い人程、支払いに対するリターンを求めており、少しでも得をしたいというマインドが強くなるためと推察される。

<支出を抑える>サービスの利用状況_スマホ決済/モバイル決済

Q7-2.スマホ決済/モバイル決済(PayPay、LINE Payなど)について、あなたの利用状況をそれぞれお答えください。 (1つ選択)

全体の6割強がスマホ決済/モバイル決済の利用経験あり。
東西ともに、年収600万円未満での利用経験者は他の層に比べ少ない。1都3県で特に顕著。

<収入を増やす>公営ギャンブルの実施割合_世帯年収別

Q9.あなたは、以下の公営ギャンブル・競技をどのくらいの頻度で行いますか。あてはまるものをそれぞれお答えください。(それぞれ1つずつ選択)

世帯年収1,000万円以上の2府2県の人は、1都3県に比べ顕著に公営ギャンブルが根付いている。
世帯年収500万円未満では、他の層に比べ宝くじの購入経験割合が3割を下回るほど少ない。

調査結果の引用・転載について

  • 本レポートの著作権は、株式会社アスマークが保有します。
  • 引用・転載される際は、必ず「アスマーク調べ」と出典を明記してご利用いただくようお願いします。
  • その際、引用・転載される旨を当社までご一報ください。
  • 調査の内容の一部または全部を改変して引用・転載することは禁止いたします。
  • 自社商品の宣伝・広告・販促を目的とした使用を検討されている場合は、必ず事前に当社までご相談ください。
  • 引用・転載されたことにより利用者または第三者に損害その他トラブルが発生した場合、当社は一切その責任を負いません。

ダウンロードリスト

全部で0件を

ダウンロードする

※ダウンロードリストに該当の資料を入れてください

RANKINGダウンロード・閲覧ランキング