ダウンロードリスト

全部で0件を

ダウンロードする

アンケートカテゴリー

  • 暮らし・生活用品
  • 恋愛・結婚・子ども

主婦の消費決裁権に関するアンケート調査

公開日:2010.09.01

  • 暮らし・生活用品
  • 恋愛・結婚・子ども

主婦の消費決裁権に関するアンケート調査

調査概要

調査名 主婦の消費決裁権に関するアンケート調査
対象者条件 全国在住の30~69歳女性で既婚者の方
調査項目
  • 属性(年齢、子供の有無、家族構成)
  • それぞれの商品について購入の決定権をもっている人
  • 夫の為に購入する商品の重視点
  • 自分の為に購入する商品の重視点
  • 節約をする際に削る出費
サンプルサイズ 400ss
割付
 
30代100ss
40代100ss
50代100ss
60代100ss
400ss
調査期間 2010年9月1日~9月15日
調査方法 インターネット調査(アスマークの自社モニター )
調査機関 株式会社アスマーク

調査対象

年代 N=400
子供の有無 N=400
職業 N=400

Q.下記の商品について、購入の決定権を持っている人をお知らせください。(1つ選択)

■商品の購入決定権 N=400
商品の購入決定権を持っている人を尋ねたところ、主婦よりも夫が決定権を持つものは「夫の衣服や靴」の40.0%のみとなった。生活用品に関しては、ほとんど「主婦」が購入決定権を持ち、家族の共用物は「夫婦一緒に」という意見が多い結果となった。

Q.あなたが夫の為に購入する商品は、何を重視して選びますか。
Q.あなたがご自分の為に購入する商品は、何を重視して選びますか。(1つ選択)

■夫の為に購入する商品の重視点・自分の為に購入する商品の重視点 N=400
夫の為に購入する商品重視点を尋ねたところ、「夫の好みに合うかどうか」が40.7%を占め、次いで「素材や原料の品質」19.3%と続いた。また、自分の為に購入する商品重視点を尋ねたところ、「自分好みに合うかどうか」が45.0%、次いで「素材や原料の品質」19.8%と、いずれも購入重視点は、それぞれの好みに合うものが半数弱を占め、素材や原料の品質が続く結果となった。
二つの違いとしては、夫の為に購入する商品重視点には、「自分の好みに合うかどうか」12.5%が3位に入り、自分の為に購入する商品重視点には「高級感を感じられるかどうか」6.2%が5位に入っている。

Q.あなたが節約をする際に、まず削ろうと思うのはどんな出費ですか。(複数選択可)

■節約をする際に削ろうと思う出費 N=400
節約をする際にまず削ろうと思う出費を尋ねたところ、「食費」が46.0%、次いで「自分の衣料品・趣向品費」の45.8%と続いた。以降、「光熱費」37.8%、「生活雑貨費」35.8%と続き生活に関する出費を削るという意見が上位を占めた。

調査結果の引用・転載について

  • 本レポートの著作権は、株式会社アスマークが保有します。
  • 引用・転載される際は、必ず「アスマーク調べ」と出典を明記してご利用いただくようお願いします。
  • その際、引用・転載される旨を当社までご一報ください。
  • 調査の内容の一部または全部を改変して引用・転載することは禁止いたします。
  • 自社商品の宣伝・広告・販促を目的とした使用を検討されている場合は、必ず事前に当社までご相談ください。
  • 引用・転載されたことにより利用者または第三者に損害その他トラブルが発生した場合、当社は一切その責任を負いません。