市場調査・マーケティングリサーチ会社のアスマーク

アンケートカテゴリー

  • 食品・飲料

食に関するアンケート調査

公開日:2019.02.01

  • 食品・飲料

食に関するアンケート調査

1日に3食摂らない割合は平日より休日の方が高い。休日に朝食を摂らない人が17.6%

1日に3食摂らない割合は平日より休日の方が高い。休日に朝食を摂らない人が17.6%

調査概要

調査名

食に関するアンケート調査

対象者条件 全国20~60代男女
調査期間 2018年12月13日(木)~14日(金)

調査対象

性別 n=1,000
年代 n=1,000
居住地 n=1,000
婚姻状況 n=1,000
職業 n=1,000

Q1.あなたは1日何回食事をとりますか。平日と休日それぞれについて最も多いものをお知らせください。(それぞれ1つずつ選択)

1日に3食摂らない割合は平日より休日の方が高い n=1,000

1日に摂る食事の回数を聞いたところ平日に1日3食摂ると回答した割合は76.1%、休日は72.3%であった。 一方で2食以下の割合は平日で22.9%、休日で26.1%と約4分の1が1日3食摂っていないことがわかった。 特に20代においては2食以下の割合が平日で36.0%、休日で37.0%と平均より10ポイント以上高かった。 また3食摂る割合は60代で87.0%に対し、20代は62.0%と25ポイント差があった。 平日より休日の方が3食摂らない割合がどの年代においても高いことがわかる。

Q3.休日のあなたの食事のスタイルについて最も多い形態をお知らせください。(それぞれ1つずつ選択)

休日に朝食を摂らない人が17.6%、夕食を外食する人は平日より6.1ポイントUp n=1,000

休日に朝食を摂らない人は平日の14.4%から3.2ポイント上がって17.6%であった。昼食は平日より内食や中食 の形式が増え、夕食は外食の割合が増えている。特に20代においては夕食を外食する割合が平日の12.0%から 13ポイント増え25.0%となっている。休日は昼食を家で食べ、夕食を外で食べる傾向があるようだ。

Q6.以下の中から食事のメインとして最も好きなものをお知らせください。(1つ選択)

メインは「肉」派が68.0%!60代は「魚」派も僅差 n=1,000

メインとして最も好きなものを聞いたところ「肉」派が68.0%となった。年代別に見ると、若年ほど「肉」の 割合が高く、年齢が上がるほど「魚」の割合が高くなっている。特に60代においては、「肉」派は45.5%で他 の年齢と比べて「魚」や「野菜」の割合が高かった。

Q9.「好きな食べ物は?」と聞かれて思いつくものを1つだけお知らせください。
Q10.「嫌いな食べ物は?」と聞かれて思いつくものを1つだけお知らせください。

「好きな食べ物は?」と聞かれて答えるもの「寿司」がTOP n=1,000

「好きな食べ物は?」と聞かれて答えるものを自由回答で聴取したところ、「寿司」が10.6%でTOP、続いて 「焼肉」が7.0%、「カレー」が6.5%となった。n数が小さいため参考値となるが、性別・年代別に分析すると 男性より女性の方が、また60代が特に「寿司」を好んでいた。 4位が「ハンバーグ」、5位が「からあげ」と2位以降は肉料理が続いていた。

嫌いな食べ物は特にない人が17.9%。具体的に挙がった1位は「納豆」 n=1,000

「嫌いな食べ物は?」と聞いたところ「特になし」と回答した人が17.9%に及んだ。 具体的に挙がったTOP3は「納豆」5.3%、「パクチー」3.7%、「セロリ」3.0%となった。 挙がった食べ物に性別や年齢による傾向は見られなかった。 4位には同率で「トマト」と「ピーマン」が挙がった。

その他の設問

Q2.平日のあなたの食事のスタイルについて最も多い形態をお知らせください。 (それぞれ1つずつ選択)
Q4.最近1ヶ月間についてお考えください。あなたが朝ごはんとして一番食べている組み合わせをお知らせください。1品しか食べていない(組み合わせて食べていない)場合には、1品のみ選択してください。(それぞれ複数選択可)
Q5.以下の中から主食として最も好きなものをお知らせください。(1つ選択)
Q7.あなたは平日の夕食を誰と一緒に食べることが多いですか。(1つ選択)
Q8.あなたが休日の夕食を誰と一緒に食べることが多いですか。(1つ選択)


調査結果の引用・転載について

  • 本レポートの著作権は、株式会社アスマークが保有します。
  • 引用・転載される際は、必ず「アスマーク調べ」と出典を明記してご利用いただくようお願いします。
  • その際、引用・転載される旨を当社までご一報ください。
  • 調査の内容の一部または全部を改変して引用・転載することは禁止いたします。
  • 自社商品の宣伝・広告・販促を目的とした使用を検討されている場合は、必ず事前に当社までご相談ください。
  • 引用・転載されたことにより利用者または第三者に損害その他トラブルが発生した場合、当社は一切その責任を負いません。