市場調査・マーケティングリサーチ会社のアスマーク

アンケートカテゴリー

  • 仕事

自己啓発(ビジネスセミナー)に関するアンケート調査

公開日:2008.01.01

  • 仕事

自己啓発(ビジネスセミナー)に関するアンケート調査

調査概要

調査名 自己啓発(ビジネスセミナー)に関するアンケート調査
対象者条件 首都圏在住20~49歳の男女で、現在正社員の方
調査項目
  • ビジネスセミナーへの参加経験有無
  • 「参加経験者」ビジネスセミナーの参加経験ジャンル
  • ビジネスセミナーへの受講のきっかけ
  • ビジネスセミナーの受講費負担状況
  • 「参加非経験者」ビジネスセミナーの受講必要度
  • 「ビジネスセミナーの必要あり層」必要だと感じるシーン
  • 「ビジネスセミナーの必要あり層」セミナー選定重視点
  • 最重視点→セミナーの望ましい受講時間
サンプル数 240s
割付 性年代均等割付
  男性女性
20~29歳40s40s80s
30~39歳40s40s80s
40~49歳40s40s80s
120s120s240s
調査期間 2007年12月10日~12月28日
調査方法 インターネット調査(アスマークの自社モニター )
調査機関 株式会社アスマーク

調査対象

男性 女性

性別 N=240
年齢 N=240
居住地域 N=240
職業 N=240
勤務体系 N=240

Q.あなたは、今までにビジネス(ジャンル問わず)に関するセミナーに参加したことはありますか。(一つ選択)

■ビジネスセミナーへの参加経験有無 N=240
ビジネスセミナーへの参加経験の有無を尋ねたところ、「参加経験あり」が40.0%、「参加経験なし」が60.0%という結果となった。

Q.どのようなジャンルをビジネスセミナーに参加したことがありますか。該当するものをすべてお知らせください。(複数選択可)

■「参加経験者」ビジネスセミナーの参加経験ジャンル n=96
ビジネスセミナー参加経験ありの方に参加経験のあるセミナージャンルを尋ねたところ、1位は「インターネット、パソコン」で39.5%、次いで2位は「経済、経営」の32.3%、3位は「ビジネスマナー、接遇」の27.1%が上位を占めた。

Q.前問でお答えになったビジネスセミナーの受講したきっかけをお知らせください。(複数選択可)

■ビジネスセミナーへの受講のきっかけ n=96
ビジネスセミナー参加経験ありの方に受講したきっかけを尋ねたところ、「会社(上司)のすすめ」が半数強の55.2%、次いで「業務命令」の38.5%、「インターネットで」の19.8%と続いている。自発的な行動でないものが上位2つを占めた。

Q.前問でお答えになったビジネスセミナーの中で、自費で参加したものはありますか。(一つ選択)

■ビジネスセミナーの受講費負担状況 n=96
更にビジネスセミナー参加経験ありの方に受講費の負担状況を尋ねたところ、「すべて自費以外」が半数の50.0%、「自費以外の方が多い」が28.1%と自費以外の割合が高い実態がうかがえる。「すべて自費」という回答は10.4%にとどまっている。

Q.社会人となってから、ビジネスセミナーの受講が必要だと思ったことはありますか。(一つ選択)

■「参加非経験者」ビジネスセミナーの受講必要度 n=144
今度は、ビジネスセミナーへの非参加経験者にビジネスセミナーの受講必要度を尋ねたところ、「かなりある」が6.3%、「たまにある」が40.3%で、およそ半数弱が必要と思うことがあると回答した。

Q.それ(セミナーが必要だと思う時)は、どのような時ですか。具体的にお知らせください。 (自由記述)

■「参加非経験者」ビジネスセミナーが必要だと感じるシーンの具体的な意見の一部


【かなりある】 n=9


  • 技術的に狭い分野について、それを業務上で生かしていくときに、どのような道筋をたどったら良いのかがわからないとき。(男性29歳/システムインテグレター)
  • 特に敬語とかマナーについてセミナーの受講が必要だと思う。(男性30歳/製造)
  • 新規の顧客とスムーズに打ち合わせなどを行うためのコミュニケーションの取り方が不足していると反省したとき。(男性36歳/電気通信)
  • 自分に知識が足りないと思ったときや、ビジネスマナーがわからなかった時。(女性29歳/販売)
  • 新たなスキルの必要性を感じたとき。(女性41歳/介護福祉)
  • 自分の業務知識が足りないと感じた時。(女性41歳/IT関連)

【たまにある】 n=58


  • 転職を考えるとき。(男性29歳/外食)
  • ビジネスマナー・営業セールス等。自社で教育が無いため。(男性30歳/情報通信)
  • 新しいジャンルのものに取り組もうとしたとき。興味のある案内を目にしたときなど。(男性36歳/ゲームマシン開発)
  • 入社したて。(女性21歳/建設)
  • 専門的な知識を要した時。業者等々との打ち合わせ時、話についていけない時等、専門家の視点を学ぶ必要性があると感じた。(女性28歳/I通信)
  • 業界動向・ニュースなどの知識が必要と感じたときや、スキルが足りないと感じたときなど。(女性37歳/小売・卸売)

Q.ビジネスセミナーを受講しようとした場合、どのようなことを重視しますか。また、その中で最も重視するものをお知らせください。(複数選択可)

■「参加非経験者」かつ「ビジネスセミナーの必要あり層」セミナー選定重視点 n=67
更に、ビジネスセミナーへの非参加経験者の中でビジネスセミナーが必要であると回答した方にビジネスセミナーの選定重視点を尋ねたところ、1位は「セミナーのテーマ」で86.6%、次いで2位は「セミナーのカリキュラム(プログラム)」の67.2%、3位は「参加費が無料である」「開催場所」で61.2%であった。これに「参加費が少額」である55.2%を加えた上位5つは半数以上の回答結果となっている。


自主調査データの転載・引用のご希望やご質問は、 info@asmarq.co.jp までお問い合わせください。

調査結果の引用・転載について

  • 本レポートの著作権は、株式会社アスマークが保有します。
  • 引用・転載される際は、必ず「アスマーク調べ」と出典を明記してご利用いただくようお願いします。
  • その際、引用・転載される旨を当社までご一報ください。
  • 調査の内容の一部または全部を改変して引用・転載することは禁止いたします。
  • 自社商品の宣伝・広告・販促を目的とした使用を検討されている場合は、必ず事前に当社までご相談ください。
  • 引用・転載されたことにより利用者または第三者に損害その他トラブルが発生した場合、当社は一切その責任を負いません。