公開日:2023.09.14

【Smart research】高・微・ノンアルコールの中では微アルが最も好評?

  • News

日常のちょっとした疑問を独自のミニリサーチ形式にて発信していく「Smart research」今回は「高・微・ノンアルコール」について、アスマークの自社モニターに調査した結果をお届けします。

約4割がノンアルコールの缶飲料が好きではない

昨今、「アルコールの度数」にかかわる商品ラインナップは大きく拡販され、消費者の選択はよりパーソナライズされています。今回は、そんなアルコール飲料における「高アルコール・微アルコール・ノンアルコール」といった3種類にフォーカスし、20~50代の男女へ、それぞれの好意度を比較調査しました。

まず「非常に好き・やや好き」の度合いが最も高いのは、微アルコールの缶飲料。約3割の方々が「非常に好き・やや好き」と回答しています。

一方で、「全く好きではない・あまり好きではない」の度合いが最も高いのは、ノンアルコールの缶飲料でした。

割合は前述より高く、約4割の方々がノンアルコールの缶飲料を「全く好きではない・あまり好きではない」と回答しています。

アルコール度数が低いものが受け入れられやすい反面、全くアルコールが入っていないものでは満足できないという結果でした。

<調査概要>

 

関連コンテンツのご紹介