公開日:2023.08.03

【Smart research】2023年夏 電気代値上げの影響で「エアコン節約」約半数

  • News

日常のちょっとした疑問を独自のミニリサーチ形式にて発信していく「Smart research」
今回は「2023年のエアコン事情」について調査を実施しました。

昨年の夏に比べ「電気代上がった」約6割

 

 

 
2023年夏の気温は各地で平年より高く暑い日々が続きます。
そんな猛暑の夏の時期に欠かせないのが「エアコン」。とはいえ今年は例年にない電気代高騰に伴い、エアコンの使用頻度や工夫をして節約を考える人もいるのでしょうか。
そこで今回は「電気代高騰」が与えるエアコンの使用状況の変化について調査しました。
 
まず電気代値上げの影響を受けたエアコン使用状況の変化については、約半数の人がエアコンの使用を控える傾向にあります。
次に、去年の夏と比較しての電気代の金額については、「上がった」と回答している人が回答者の約6割という結果に。電気代高騰による使用実態の変容は否めない様子です。
 
また、エアコン使用をセーブしていると回答した人を対象に「どのような配慮でエアコン使用を制限しているか」も調査しました。回答者で多かった対策方法としては「設定温度」(73%)、次いで「扇風機の活用」(45%)という結果となり、エアコンの「設定温度」や「扇風機の活用」を行いつつ節電をしている様子が伺えます。
 
猛暑が今夏。電気代高騰の多少の影響は受けつつも、無理をしない程度にエアコンの節約を行う必要があります。電気代値上げによる生活変容についても、今後も詳しく調べてまいります。
 
 
<調査概要>

 

関連コンテンツのご紹介