ダウンロードリスト

全部で0件を

ダウンロードする

アンケートカテゴリー

  • 食品・飲料

糖質オフ・ゼロビールに関する調査(5大都市比較)

公開日:2022.5.30

  • 食品・飲料

糖質オフ・ゼロビールに関する調査(5大都市比較)

糖質オフ・ゼロビールを飲み始めたきっかけ、体重を減らすためが最も多い

コロナ禍の自粛生活で家庭内飲酒が増え、”自粛太り”を気にして糖質オフ・ゼロビール類を選ぶ消費者が増えたといわれています。事実、新商品も続々登場し、市場はかつてないほどの活況を呈しています。
そこで気になるのは、糖質オフ・ゼロビール類を飲み始めたユーザーは、”自粛太り”に対する効果実感は表れているのでしょうか?また、通常ビール類と比べてどのような評価をしているのでしょうか?購入したくなるキャッチコピーは?
これらの調査結果に対し、統計局が定める5大都市の定義に基づき、都市別比較をしてみました。

 

< TOPICS >

  • お酒の飲酒頻度、年代が上がるほど高い傾向
  • 関東では白ワインの人気が高く、北九州・福岡では焼酎が人気
  • 通常のビールより糖質オフ・ゼロビールの方が飲まれており、発泡酒・第三のビールでも同じ傾向
執筆者
アスマーク編集局
株式会社アスマーク 営業部 マーケティングコミュニケーションG
アスマークのHPコンテンツ全ての監修を担い、新しいリサーチソリューションの開発やブランディングにも携わる。マーケティングリサーチのセミナー企画やリサーチ関連コンテンツの執筆にも従事。
監修:アスマーク マーケティングコミュニケーションG

アスマークの編集ポリシー

調査概要

調査名 糖質オフ・ゼロビールに関する調査(5大都市比較)
対象者条件 【性別】 男性、女性           
【年齢】 20-50代
【地域】 5大都市圏(札幌大都市圏、関東大都市圏、中京大都市圏、京阪神大都市圏、北九州・福岡大都市圏) ※統計局の定義に準ずる
【その他】週1回以上、糖質オフ・ゼロビール類を飲む人
調査項目 【スクリーニング】
・体系への悩み
・ダイエットのために行なっていること
・お酒の喫飲週間
・普段飲むお酒の種類
・ビール類各種の飲む頻度

【本調査】
・糖質オフ・ゼロビールを飲み始めたきっかけ
・購入意欲が湧くキャッチコピー
・糖質オフ・ゼロビールのイメージ
・糖質オフ・ゼロビールの効果実感
・糖質オフ・ゼロビールに求めるもの
サンプルサイズ 892サンプル
割付 性別、都市圏均等割付 ※不足セルあり ※Q3の呈示Gで均等割付
調査期間 2022年5月9日(月)~5月11日(水)
調査方法 Webアンケート
調査機関 株式会社アスマーク

お酒の喫飲習慣

SC3.あなたは普段お酒を飲みますか。もっともあてはまるものをお知らせください。(1つ選択)

普段お酒はどの程度の頻度で飲む?

飲酒頻度は、『毎日飲む』~『週2~3日程度飲む』がボリュームゾーン。高齢層ほど飲酒頻度は高まる。
都市別による大きな差はみられない。

普段飲むお酒の種類

SC4.あなたが普段飲むお酒の種類をお知らせください。(複数選択可)

普段飲むお酒の種類は?

普段飲むお酒の種類は、ビールが突出。ただし、年代別でみると、20~30代においてビール飲酒は低め。
男性は焼酎、女性はチューハイ・サワーとワインが高い。
関東大都市圏では白ワインが高く、北九州・福岡大都市圏では焼酎が高い。

ビール類各種の飲む頻度

SC5.あなたは下記のお酒について、どの程度の頻度で飲んでいますか。(それぞれ1つずつ選択)

普段飲むお酒がビール類の人、どういうビールを飲んでいる?

ビールの飲酒頻度は、週1日以上計をみると、糖質オフ・ゼロに関わらずビールが最も飲まれている。特に【糖質オフ・ゼロ×ビール】の組み合わせが高い。
発泡酒、第三のビールをみると、どちらも『糖質オフ・ゼロ』の方が『糖質オフ・ゼロではない』よりも、飲酒頻度が高く、差が開く。
ビールと比べて安価である発泡酒、第三のビールは、糖質オフ・ゼロといった機能性があることで飲酒頻度が上昇する様子。

糖質オフ・ゼロビールを飲み始めたきっかけ

Q1-1.糖質オフ・ゼロビールを飲み始めたきっかけについて、あてはまるものを全てお知らせください。(複数選択可)

糖質オフ・ゼロビールを飲み始めたきっかけは?

糖質オフ・ゼロビールを飲み始めたきかっけは、健康面は『体重を減らす』、性能面は『味が良い』、マーケティング・プロモーション面は『価格が安い』がそれぞれトップ。都市別でみると、関東は健康面、性能面で他都市と比べ高い項目が多いが、価格は重要視されていないのか、やや低め。一方で、北九州・福岡は『価格が安い』が高く、『体重を減らす』きっかけの次に高い。

糖質オフ・ゼロビールのイメージ(通常のビールとの比較)【都市別】

Q3.(糖質オフ・ゼロではない)通常のビールと糖質オフ・ゼロビールを比較した際のイメージとして、あてはまるものをお知らせください。(それぞれ1つずつ選択)

通常のビールと糖質オフ・ゼロビール、イメージの違いは?

糖質オフ・ゼロビールと通常のビールの比較イメージは、いずれの項目も通常のビールの方が高い。
糖質オフ・ゼロは、いずれの都市も他の項目と比べて『飲みやすさ』が高く、加えて『まろやかさ』『爽快感』も概ねの都市で良好。
糖質オフ・ゼロビールは、通常のビールには届かないものの、まろやかさがあり飲みやすく、爽快感もあるイメージを持たれている。

調査結果の引用・転載について

  • 本レポートの著作権は、株式会社アスマークが保有します。
  • 引用・転載される際は、必ず「アスマーク調べ」と出典を明記してご利用いただくようお願いします。
  • その際、引用・転載される旨を当社までご一報ください。
  • 調査の内容の一部または全部を改変して引用・転載することは禁止いたします。
  • 自社商品の宣伝・広告・販促を目的とした使用を検討されている場合は、必ず事前に当社までご相談ください。
  • 引用・転載されたことにより利用者または第三者に損害その他トラブルが発生した場合、当社は一切その責任を負いません。