アンケートカテゴリー

  • 恋愛・結婚・子ども

デートの支払い意識に関するアンケート調査

公開日:2023.12.27

  • 恋愛・結婚・子ども

デートの支払い意識に関するアンケート調査

男女ともに30代は自己肯定感が強く、異性に対して積極的

好きな異性とデートをする時、食事代の支払いはどのようにしていますか?
ネット上でも度々話題にあがる、「異性とのデート代をどちらが払うのか」という問題についてです。
一昔前までは「男性が多く払うべき」「女性は男性を立てるべき」という風潮がありましたが、時代は変わり、価値観も多様化してきています。
若い年代では「フェアに割り勘がいい」なども話題になり、なかなかスッキリとした結論がでてこないテーマでもあります。
そこで本調査では、どの程度の人が異性に奢ってもらいたいのか、それは性年代でどの程度違いがあるのか、また、なぜ奢りたいのか、なぜ奢られたいのかの理由、交際期間×相手の年齢で、支払いに関する意識に変化はあるかなどを、恋愛対象が異性である20~40代の男女に調査しました。
本調査では30代の男女にフォーカスをあてて調査結果をお伝えしております。
 
 

< TOPICS >

  • 30代の趣味は自分自身にかけるお金が多い。
  • 未婚、かつ交際経験の有無で趣味が異なる
  • 男性30代は男性20代、40代よりも下心・見栄が高い
  • 女性30代は他年代よりも、自身の価値を大きく感じている。
執筆者
アスマーク編集局
株式会社アスマーク 営業部 マーケティングコミュニケーションG
アスマークのHPコンテンツ全ての監修を担い、新しいリサーチソリューションの開発やブランディングにも携わる。マーケティングリサーチのセミナー企画やリサーチ関連コンテンツの執筆にも従事。
監修:アスマーク マーケティングコミュニケーションG

アスマークの編集ポリシー

調査概要

調査名 デートの支払い意識に関するアンケート調査
対象者条件 【性別】男女
【年齢】20代~40代
【地域】全国

調査項目 ・交際経験
・趣味
・デート代を全額払いたいと思う場合の理由
・デート代を全額払ってもらいと思う場合の理由
・デート代が割り勘がいいと思う場合の理由
・年下の異性と「ランチ」「ディナー」に行く場合の支払いの変化
・年下の異性と交際した場合、交際期間での支払いの変化
・同い年の異性と「ランチ」「ディナー」に行く場合の支払いの変化
・同い年の異性と交際した場合、交際期間での支払いの変化
・年上の異性と「ランチ」「ディナー」に行く場合の支払いの変化
・年上の異性と交際した場合、交際期間での支払いの変化
・交際する異性との理想の年齢差
サンプルサイズ 720サンプル
割付 性別・年代で均等回収
調査期間 2023年10月4日(水)~10月5日(木)
調査方法 Webアンケート
調査機関 株式会社アスマーク

自身の趣味

SC6.あなたの趣味を教えてください。(1つ選択)

性年代・交際経験での趣味の違いは?

男性30代は趣味「ゲーム」「投資」がトップ1,2となり、ギャンブルも高い数値である。
女性30代は旅行、グルメ、ショッピングがTOP3となっており、比較的お金がかかかる趣味が多くなっている。
また、未婚の交際経験別で比較したところ、交際経験がある人は「旅行」「グルメ」「ショッピング」など外にでるものが、交際経験がない&答えたくない人より高い傾向にあるが、交際経験のない&答えたくない人は、「ゲーム」「読書」など自宅でできることが高くなっており、交際経験別で趣味が異なることがわかった。

全額払いたい理由

Q1.あなたが異性とのデート(食事)に行く際に全額払いたいと思う場合、どのような理由ですか。(複数選択可)

デート(食事)代を全額払いたい理由は?

【男性】
全額払いたい理由としては「自分が誘ったから」が高いことから、「男性が払うべき」という固定概念はまだまだ存在してる様子。
男性30代が自身がデート(食事)代を全額払いたいと思う理由は、男性20代・40代と異なっていた。
「関係性を良くしたいから」(約2.5割)、「2件目・次回のデートに誘いやすいから」(約2割)、「かっこいいと思われたいから」(約2割)が他年代よりも高いスコアTOP3となり、他年代より次につなげたい意欲が高く、恋愛に対して積極的な面がうかがえる。

【女性】
女性30代は「全額払いたいと思う場合はない」と考えている人が5割を超えトップ。
他年代とは10pt以上スコアが離れており、男性に払ってもらいたい気持ちが強い。

全額払ってもらいたい理由

Q2.あなたが異性とのデート(食事)に行く際に全額払ってもらいたいと思う場合、どのような理由ですか。(複数選択可)

デート(食事)代を全額払ってもらいたい理由は?

【男性】
男性30代の全額払ってもらいたい理由は「もう会いたくないから」がトップ(約1.5割)。
「デートが楽しくなかったから」も男性20代の約2倍、男性40代約3倍となっている。
さらに、「デート以外にも出費がかさんでいるから(衣服や美容代など)」が他の年代より高く、全体的にも見栄や下心のスコアが高い。

【女性】
女性は全額払ってもらいたい理由で「相手にお金があるから」が高スコア(約2.5割)だが、「自分にお金がないから」は比較すると低く(約1.5割)、自身のお金の有無は関係なく、余裕のある人には奢ってもらいたいと思っている。
女性30代は、他層より「自分が誘われたから」のスコアが高く(約2.5割)が他年代と差があり、自身の価値を強く感じているように見える。その一方で、「自分に好意がありそう(大切にされてそう)と感じたから」が低く(1.5割)、好意の有無が見えなくてもデートへ行く人が多い。

支払いに対する意識変化

Q5,Q7,Q9.あなたは、「年下の異性」「同い年の異性」「年上の異性」と交際した場合、交際期間で支払い方について意識に変化がありますか。(それぞれ1つ選択)

交際期間×相手の年齢で支払い対する意識は違ってくる?

交際期間×相手の年齢別に、デート(食事)代を全額払いたいかを聴取したところ、女性30代は異性が同年代以上の場合は交際期間に関わらず、多めに払いたいと回答する人は1人もいなかった。
こちらからも他年代より、自身にはお金を払ってもらえるという価値を感じていることがうかがえる。

調査結果の引用・転載について

  • 本レポートの著作権は、株式会社アスマークが保有します。
  • 引用・転載される際は、必ず「アスマーク調べ」と出典を明記してご利用いただくようお願いします。
  • その際、引用・転載される旨を当社までご一報ください。
  • 調査の内容の一部または全部を改変して引用・転載することは禁止いたします。
  • 自社商品の宣伝・広告・販促を目的とした使用を検討されている場合は、必ず事前に当社までご相談ください。
  • 引用・転載されたことにより利用者または第三者に損害その他トラブルが発生した場合、当社は一切その責任を負いません。