市場調査・マーケティングリサーチ会社のアスマーク

アンケートカテゴリー

  • 食品・飲料

朝ごはんに関する調査 東西比較

公開日:2020.03.18

  • 食品・飲料

朝ごはんに関する調査 東西比較

朝食の理想と現実?実態では「朝食はパン派」が多いが、本当はご飯が好き

東西比較シリーズの第3弾となる今回は、「朝食」がテーマです。関東と関西で”だし”や味付けの違いがあることは有名ですが、朝食にも違いは見られるのでしょうか?東西の男女や年齢による、朝食に対する意識と実態の違いを探ります。

< TOPICS >

  • 関東はご飯派、関西はパン派が多い

  • 実態はご飯離れが進んでいるが、本当はご飯が好き

  • 若い男性は朝食より睡眠、シニアは睡眠より朝食を重視

調査概要

調査名 広告に関する調査 東西比較
対象者条件 【性別】男性、女性
【年齢】20~50代
【地域】関東1都3県・関西2府2県
【その他条件】直近1ヶ月以内に朝食喫食
調査項目 ・【実態】朝ごはんを食べる頻度
・【実態】朝ごはんの主食
・【意識】朝ごはんで好きな主食
・【意識】朝ごはんに対する意識
・【意識】理想の朝ごはん
サンプル数 800s
割付 性別・年代・関東/関西均等
調査期間 2020年1月10日(金)~1月15日(水)
調査方法 インターネット調査
調査機関 株式会社アスマーク(旧マーシュ)

【実態】朝ごはんの主食

Q2-1.普段、あなたはどのようなメニューの朝ごはんを食べることが多いですか。

関東はご飯派、関西はパン派が多い

関東も関西もご飯よりパンを食べている割合は高いものの、関東はご飯、関西はパンを食べている人が多い。関東の男性はご飯、関西の女性はパンを食べている人がどの世代でも多く、東西の男女で顕著な差がみられる。

【意識】朝ごはんで好きな主食

Q6.以下項目について、それぞれあなたの考えに最も近いものをお知らせください。

関西より関東の方がご飯派が多い

関東の方がご飯を好む人が多いが、特に男性でその傾向が顕著にみられる。また女性の30代以上でみると関東より関西の方がパンを好む人が特に多く、東西・性別・年齢によってご飯派・パン派の傾向が異なる。

【意識】 朝ごはんに対しての意識

Q4.以下項目について、それぞれあなたの考えに最も近いものをお知らせください。(それぞれ1つずつ選択)

朝ごはんを食べている人の大半が「できればゆっくりと朝ごはんを食べたい」

年齢が上がる程、朝食の大切さを理解しているが、若年・特に男性の20代はそこに対する意識が低く、朝食より睡眠を優先に考えている。また、「ゆっくり朝ごはんを食べたい」という気持ちは、男性より女性が強い傾向にある。

調査結果の引用・転載について

  • 本レポートの著作権は、株式会社アスマークが保有します。
  • 引用・転載される際は、必ず「アスマーク調べ」と出典を明記してご利用いただくようお願いします。
  • その際、引用・転載される旨を当社までご一報ください。
  • 調査の内容の一部または全部を改変して引用・転載することは禁止いたします。
  • 自社商品の宣伝・広告・販促を目的とした使用を検討されている場合は、必ず事前に当社までご相談ください。
  • 引用・転載されたことにより利用者または第三者に損害その他トラブルが発生した場合、当社は一切その責任を負いません。