市場調査・マーケティングリサーチ会社のアスマーク

アンケートカテゴリー

  • 暮らし・生活用品

レジ袋有料化に関する意識調査 東西比較

公開日:2020.10.01

  • 暮らし・生活用品

レジ袋有料化に関する意識調査 東西比較

2020年7月からレジ袋有料化がスタート。消費者の意識にどのような変化があったのか

2020年7月から全国でレジ袋有料化がスタートしました。レジ袋が有料になったことで、消費者の環境意識・購買意識にどのような変化があるのでしょうか。制度施行前後での消費者行動・環境問題やプラスティック包装容器・製品に対する意識の変化、コンビニという身近な場での消費行動の変化・経験したことなどを調べてみました。

< TOPICS >

  • 関東の方がレジ袋有料化が環境問題に有効だと考えている

  • レジ袋有料化をポジティブにとらえている人は環境に対する意識も向上

  • 関東の方が環境を意識した何かしらの具体的な行動をとっている

  • ゴミ袋の代用ができないこと、レジ袋の購入、レジの混雑 がゴミ袋有料化に対するネガの上位

調査概要

調査名 レジ袋有料化に関する意識調査 東西比較
対象者条件 【性別】男性、女性
【年齢】20~50代
【地域】関東1都3県・関西2府2県
調査項目 ・レジ袋有料化に関する消費者意識
・環境問題に対する意識の変化
・環境を意識した具体的な行動
・他のプラスティック包装容器・製品に対する意識
・レジ袋有料化に伴う経験・体験した出来事
・コンビニエンスストアの利用頻度
・レジ袋有料化による購入商品の変化
サンプル数 800サンプル
割付 性年代、エリア均等
調査期間 2020年9月11日(金) ~ 9月15日(火)
調査方法 Webアンケート
調査機関 株式会社アスマーク(旧マーシュ)

レジ袋有料化に関する消費者意識

Q1.2020年7月から施行されたレジ袋有料化についてお伺いします。あなたは、レジ袋有料化が「地球温暖化や海洋プラスティック問題などの環境問題」の解決の第一歩になると思いますか。(1つ選択)

レジ袋有料化が環境問題に有効だと考える人の割合は関西よりも関東に多い

関東女性は比較的レジ袋の有料化に肯定的だが、40代のみネガティブの割合が高い。
関西男性はレジ袋有料化の効果に対して懐疑的であることがうかがえる。

環境問題に対する意識の変化

Q2.あなたは、レジ袋有料化が施行されてから、環境に対する意識や関心は変化しましたか。(1つ選択)

レジ袋有料化をポジティブにとらえている人は環境に対する意識も向上

関東・関西ともに男性より女性のほうが環境意識の向上がみられる。
関東男女・関西女性では特に20代の意識向上が顕著にみられ、
若年層にとって制度の施行が環境問題を考えるきっかけになったことがうかがえる。

他のプラスティック包装容器・製品に対する意識

Q4.以下のプラスティック包装容器・製品について、不要・過剰/必要だと感じるか、あなたの考えをそれぞれお知らせください。(それぞれ1つずつ選択)

「野菜や果物を包むネット」「家電製品などの緩衝材」「お菓子の個包装」は過剰・不要

環境意識向上者ではこの3製品に対して、不要・過剰派が必要派をやや上回っている。
ただいずれの製品でも必要との回答が半数以上を占めており、プラスティック製品に対する依存度の高さがうかがえる。

調査結果の引用・転載について

  • 本レポートの著作権は、株式会社アスマークが保有します。
  • 引用・転載される際は、必ず「アスマーク調べ」と出典を明記してご利用いただくようお願いします。
  • その際、引用・転載される旨を当社までご一報ください。
  • 調査の内容の一部または全部を改変して引用・転載することは禁止いたします。
  • 自社商品の宣伝・広告・販促を目的とした使用を検討されている場合は、必ず事前に当社までご相談ください。
  • 引用・転載されたことにより利用者または第三者に損害その他トラブルが発生した場合、当社は一切その責任を負いません。

ダウンロードリスト

全部で0件を

ダウンロードする

※ダウンロードリストに該当の資料を入れてください

RANKINGダウンロード・閲覧ランキング