市場調査・マーケティングリサーチ会社のアスマーク

アンケートカテゴリー

  • インターネット

シニアのSNS利用実態・認知購買行動調査

公開日:2020.07.16

  • インターネット

シニアのSNS利用実態・認知購買行動調査

SNSで反応する情報は男女で違いはあるが、東西で違いはみられない

東西比較第8弾
昨年、若者のSNS利用調査で、若者は20代を中心にSNSで商品を積極的に検索していることが分かった。
では、今後SNS利用の増加が見込まれるシニア世代は、どのようにSNSを利用しているのか。
SNSがきっかけで商品やサービスの購入に至ることはあるのか?
50-70代の男女を対象に調査しました。

< TOPICS >

  • 世代問わずYoutubeでの情報収集率が高い

  • SNSでは旅行関連の情報、女性のみ食品・飲料・美容関連の認知が高く、購買行動にもつながっている

調査概要

調査名 シニアのSNS利用実態・認知購買行動調査
対象者条件 【性別】男性、女性
【年齢】50~70代
【地域】1都3県、2府2県
【その他条件】対象SNS(Twitter・Instagram・Facebook・Youtube)の利用が月1以上
調査項目 ・月1以上利用するSNS
・SNSのイメージ
・SNSの利用頻度
・シニア層のSNSの使い分け
・興味を持つ発信者
・SNS広告での商品・サービス認知
・SNSで検索したことがある商品・サービス
・SNSをきっかけに初めて知った商品・サービス
・興味を持ったことがある商品・サービス
・SNSをきっかけに購入したことがある商品・サービス
・SNSで投稿したことがある商品・サービス
・今後のSNSの利用意向
・今後のSNSの使い方
・増えそうな使い方
サンプル数 600サンプル
割付 性年代・居住地域均等割付
調査期間 2020年6月29日(月)~7月1日(水)
調査方法 Webアンケート
調査機関 株式会社アスマーク(旧マーシュ)

シニア層のSNSの使い分け

Q1.あなたは、以下のサービスをどのような目的で利用していますか。あてはまるものをすべてお知らせください。

シニア層は、気になる・好きな情報の収集にYoutubeを使用する傾向

若年層と違い、シニア層は、気になる・好きな情報の収集にYoutube、リアルな知り合いの情報はFacebookを利用。特に70代でYoutubeでの情報収集目的が顕著。またYoutubeは息抜き・暇つぶしとしても利用されている。50代女性は、Instagramの利用も多いが、Youtubeには及ばない。

興味を持つ発信者

Q5.あなたは、SNSで投稿されている商品やサービスの情報について、誰が発信した投稿だと興味を持ちますか。 あてはまるものをすべてお答えください。(複数選択可)

シニア層は口コミ・有名人の投稿よりも公式アカウントの発信した情報に興味をもつ

商品・サービスの興味を持つ発信源は、口コミ・有名人の投稿よりも公式アカウント。
公式アカウント以外では、男性は有名人の投稿、女性は一般人の口コミ投稿に対して興味を持つ傾向。
東西在住での違いはみられない。

SNS広告での商品・サービス認知

Q2.あなたがSNSで、「広告」や「企業や有名人の投稿」を見たことがある商品サービスのジャンルはどれですか。 あてはまるものをすべてお答えください。(複数選択可)

広告の視認性が高いSNSはTwitter・Instagram・Facebook

男女問わず、旅行関連が高く、広告の視認性が高いSNSはTwitter・Instagram・Facebook。
女性はケア・メイクアップ用品も高く、シニア層の女性は美容に興味を持つ人が多いと考えられる。また、50代女性は食品・飲料・飲食店も高い。男性は自動車が高い。

調査結果の引用・転載について

  • 本レポートの著作権は、株式会社アスマークが保有します。
  • 引用・転載される際は、必ず「アスマーク調べ」と出典を明記してご利用いただくようお願いします。
  • その際、引用・転載される旨を当社までご一報ください。
  • 調査の内容の一部または全部を改変して引用・転載することは禁止いたします。
  • 自社商品の宣伝・広告・販促を目的とした使用を検討されている場合は、必ず事前に当社までご相談ください。
  • 引用・転載されたことにより利用者または第三者に損害その他トラブルが発生した場合、当社は一切その責任を負いません。

ダウンロードリスト

全部で0件を

ダウンロードする

※ダウンロードリストに該当の資料を入れてください

RANKINGダウンロード・閲覧ランキング