市場調査・マーケティングリサーチ会社のアスマーク

ダウンロードリスト

全部で0件を

ダウンロードする

アンケートカテゴリー

  • 暮らし・生活用品

調査で探る性格別でのキャラクターマーケティング

公開日:2021.02.15

  • 暮らし・生活用品

調査で探る性格別でのキャラクターマーケティング

キャラクターマーケティング、ターゲットに適しているのは「外交的」「大胆」「楽観的」「関心が強い」人

アニメ、漫画、映画をはじめ、いまや企業や政府発のキャラクターが多数メディアミックスして展開されています。
キャラクターマーケティングを行なう際、そのターゲットはどういう層を設定し、どのような媒体でプロモーションすれば良いのでしょうか?心理学の“ビッグ・ファイブ理論”を元に、消費者の性格別でキャラクターを好きになったきっかけを調べてみました。

< TOPICS >

  • 20~30代の約1割が、キャラクターが生活の中心になっている
  • キャラクターが生活の一部になっている人の特徴は、「外交的」「大胆」「楽観的」「関心が強い」
  • キャラクターへの年間出費、10,000円未満は女性、10,000円以上は男性が多い
  • 半数近くがキャラクターへ「癒し」を求め、男性は「変身・非日常」「思い出」を求める傾向も強い

調査概要

調査名 調査で探る性格別でのキャラクターマーケティング
対象者条件 【性別】 男性、女性
【年齢】 20-50代
【地域】 全国
【その他】好きなキャラクターがいる
調査項目 【スクリーニング】
・性格因子
・好きなキャラクターの有無

【本調査】
・キャラクターを好きな程度
・キャラクターに費やす金額
・キャラクターを好きになったきっかけ
・キャラクターに求めるもの
サンプル数 800サンプル
割付 性年代均等
調査期間 2021年1月28日(木)~2月1日(月)
調査方法 Webアンケート
調査機関 株式会社アスマーク

好きなキャラクターの有無

SC2.あなたには好きなキャラクターがいますか。(1つ選択)

好きなキャラクターがいる人の割合は?

好きなキャラクターがいる人と好きなキャラクターがいない人で、回答が半分に分かれる結果に。
年代が下がるほど、好きなキャラクターがいる傾向が強い。

キャラクターを好きな程度 【性年代別】

Q1.普段の生活における好きなキャラクターへの気持ちとして、あてはまるものをお知らせください。(1つ選択)

性別・年代別では、どの程度キャラクターのことを必要と感じているのか?

20~30代の約1割が、キャラクターが生活の中心になっている。
その傾向は、男性に顕著にみられる。

キャラクターを好きな程度 【性格別】

Q1.普段の生活における好きなキャラクターへの気持ちとして、あてはまるものをお知らせください。(1つ選択)

どういう性格の人が、キャラクターのことを必要と感じているのか?

「外交的」「大胆」「楽観的」「関心が強い」性格の人が、キャラクターが生活の一部になっている傾向。
※”生活の中心”については、回答者数が少ないため取り上げておりません。

キャラクターに費やす金額 【性年代別】

Q2.1年間で、あなたが好きなキャラクターに費やす平均金額をお知らせください。(1つ選択)

性別・年代別では、どの程度キャラクターへの出費をしているのか?

全体では、5,000円未満の出費が約半数で、10,000円以上の出費は約1割。
10,000円未満の出費は、男性より女性の方が多く、10,000円以上の出費になると、逆転し、男性の方が多くなる。
「お金は全く費やさない」人は男性の方が約10pt高いため、女性の方がキャラクターへ投資しやすいと思われる。
※最も差が表れた性別グラフのみ抜粋。

キャラクターに費やす金額 【性格別】

Q2.1年間で、あなたが好きなキャラクターに費やす平均金額をお知らせください。(1つ選択)

どういう性格の人が、キャラクターに多くのお金を費やしているのか?

「外交的」「大胆」な性格の人が、10,000円以上キャラクターにお金を費やす傾向が高い。
とはいえ、「内向的」「慎重」な性格の人の方が絶対数が多いため、市場へ落とす金額シェア自体は後者の方が高いと推察される。

キャラクターに求めるもの

Q4.あなたがそのキャラクターに求めるものとして、最もあてはまるものをひとつお知らせください。(1つ選択)

消費者はキャラクターに何を求めているのか?

半数以上が「癒し」を求めるものの、男女差で傾向が異なる。
男性は「癒し」以外にも、年代を問わず「変身・非日常」「思い出」を求める傾向が強い。

調査結果の引用・転載について

  • 本レポートの著作権は、株式会社アスマークが保有します。
  • 引用・転載される際は、必ず「アスマーク調べ」と出典を明記してご利用いただくようお願いします。
  • その際、引用・転載される旨を当社までご一報ください。
  • 調査の内容の一部または全部を改変して引用・転載することは禁止いたします。
  • 自社商品の宣伝・広告・販促を目的とした使用を検討されている場合は、必ず事前に当社までご相談ください。
  • 引用・転載されたことにより利用者または第三者に損害その他トラブルが発生した場合、当社は一切その責任を負いません。