市場調査・マーケティングリサーチ会社のアスマーク

ダウンロードリスト

全部で0件を

ダウンロードする

アンケートカテゴリー

  • 季節・イベント・時事

コロナ禍での葬儀スタイルに関する調査

公開日:2021.05.14

  • 季節・イベント・時事

コロナ禍での葬儀スタイルに関する調査

コロナ禍でのオンライン葬儀の参加経験は1割未満

結婚式やお葬式などの冠婚葬祭。密を避けるため、開催できずに延期したり、身内だけで規模を縮小して行われたりなど、コロナ前とは様相が一変しています。一方、オンライン挙式・オンライン葬という新たな形が生まれつつありますが、「対面で行なうもの」という暗黙知が強く、いまいち広がりを見せない現状があります。
そこで、行事の主催側と参列側の立場で、それぞれオンライン冠婚葬祭の利用意向について調べてみました。
※本稿では、お葬式のみに焦点をあてています。コロナ禍での挙式スタイルに関する調査はこちら※「コロナ禍での挙式スタイルに関する調査」と「コロナ禍での葬儀スタイルに関する調査」のデータは同一の内容です。

< TOPICS >

  • コロナ禍でのオンライン葬儀の参加経験は1割未満
  • 主催側・参列者側ともに、コロナ影響や物理的距離に関わらず、「直接式場に来て欲しい(行きたい)」が大半
  • オンライン希望、主催側・参列者側ともに性年代で大きな差異はみられない
  • 主催側の「直接式場に来て欲しい」より、参列者側の「直接式場に行きたい」意向の方が強い

調査概要

調査名 コロナ禍での葬儀スタイルに関する調査
対象者条件 【性別】 男性、女性           
【年齢】 20-50代
【地域】 全国
【その他】結婚願望があり、人数を集めて挙式したい方
      結婚式・お葬式の参列経験者
調査項目 【スクリーニング】
・結婚願望の有無
・挙式意向
・冠婚葬祭への参列経験
・コロナ以降の冠婚葬祭への参列経験
・コロナ以降の冠婚葬祭への参列形式

【本調査】
・【主催者側/遠方/コロナ禍】冠婚葬祭で希望する参列形式
・【主催者側/近所/コロナ禍】冠婚葬祭で希望する参列形式
・【主催者側/遠方/コロナ終息後】冠婚葬祭で希望する参列形式
・【主催者側/近所/コロナ終息後】冠婚葬祭で希望する参列形式
・【参列者側/遠方/コロナ禍】冠婚葬祭で希望する参列形式
・【参列者側/近所/コロナ禍】冠婚葬祭で希望する参列形式
・【参列者側/遠方/コロナ終息後】冠婚葬祭で希望する参列形式
・【参列者側/近所/コロナ終息後】冠婚葬祭で希望する参列形式
サンプル数 260サンプル
割付 20代30代男女各50s、40-50代男女各30s
調査期間 2021年4月7日(水)~4月12日(月)
調査方法 Webアンケート
調査機関 株式会社アスマーク

コロナ以降の葬儀への参列形式

コロナ禍で、オンライン葬儀へ参列した人の割合は?

コロナ禍でも葬儀の参列スタイルは、「式場に行って参列」するのが9割以上であり、オンライン参加は1割に満たない結果に。

コロナ禍で希望する参列形式

コロナ禍で求められる参列形式は?

交流がある人に対しては、コロナ禍でも「直接式場に来て欲しい(行きたい)」が半数以上。
コロナ終息後には「直接式場に来て欲しい(行きたい)」が約7割まで増えることから、コロナ禍では多少は対面形式を控える傾向が見られるものの、コロナ影響で求められる参列形式が大きく変わることはない。

オンライン形式での参列希望

性年代でオンライン形式での参列意向に差はあるのか?

全体的にオンライン意向は低いものの、30代が最もオンライン形式に消極的。男女差はほとんどみられない。

参列形式の意向レベルの違い

主催側と参列者側で求める参列形式に温度差はあるのか?

主催側の「直接式場に来て欲しい」より、参列者側の「直接式場に行きたい」意向の方が強い

調査結果の引用・転載について

  • 本レポートの著作権は、株式会社アスマークが保有します。
  • 引用・転載される際は、必ず「アスマーク調べ」と出典を明記してご利用いただくようお願いします。
  • その際、引用・転載される旨を当社までご一報ください。
  • 調査の内容の一部または全部を改変して引用・転載することは禁止いたします。
  • 自社商品の宣伝・広告・販促を目的とした使用を検討されている場合は、必ず事前に当社までご相談ください。
  • 引用・転載されたことにより利用者または第三者に損害その他トラブルが発生した場合、当社は一切その責任を負いません。