市場調査・マーケティングリサーチ会社のアスマーク

アンケートカテゴリー

  • 医療・健康

インフルエンザに関するアンケート調査

公開日:2011.12.01

  • 医療・健康

インフルエンザに関するアンケート調査

昨シーズン、インフルエンザに感染した人のうち約4割は「予防接種を受けた」と回答

昨シーズン、インフルエンザに感染した人のうち約4割は「予防接種を受けた」と回答。ワクチン以外の基本的な対策(手洗い・うがい、抵抗力の維持など)も心掛けたい。

調査対象

調査概要

調査名

インフルエンザに関するアンケート調査

対象者条件 全国の15歳~69歳男女
調査項目  ・属性(性別、年代、居住地域、職業、未既婚、同居家族の有無)
  ・インフルエンザ罹患経験
  ・今シーズン インフルエンザワクチン接種状況
  ・今シーズン インフルエンザワクチン接種費用負担について
  ・今シーズン 全額自己負担者のワクチン接種料金
  ・昨シーズン インフルエンザワクチン接種状況
  ・昨シーズン インフルエンザの罹患有無
  ・昨シーズン 罹患者が感染したと思われる場所
  ・ワクチン接種によるインフルエンザ発症予防と重症化予防の期待度
*すべて単一回答
*今シーズン: 2011年秋~2012年春頃まで、昨シーズン: 2010年秋~2011年春頃
サンプル数 1800s
割付 【性別】 男性:50.1%、女性:49.9%
【年代】 10代:6.8%、20代:16.1%、30代:20.4%、40代:18.2%、50代:18.8%、60代:19.8%
調査期間 2011年11月21日~11月24日
調査方法 インターネット調査(アスマークの自社モニター )
調査機関 株式会社アスマーク

Q1.あなたは今までに、インフルエンザに罹(かか)ったことがありますか。(1つ選択)※医療機関を受診され、インフルエンザと診断された回数でお答えください。

■これまでのインフルエンザ罹患経験 N=1800
52.7%の人が「ある」という結果だった。そのうち2回以上罹ったことがあるという人は29.2%、1回だけ罹ったことがあるという人は23.5%。「ない」という人は39.6%で、「わからない」という人が7.7%だった。

Q2.あなたは、今シーズン(2011年-2012年)インフルエンザの予防接種を受けましたか。また、受ける予定はありますか。(1つ選択)

■今シーズン インフルエンザワクチン接種状況 N=1800
「今のところ受ける予定はない」が最も多く48.2%。「すでに受けた」人は17.0%、「これから受ける予定である」人は18.4%で、アンケートを行った11月下旬時点では、およそ3人に1人が予防接種を受けるという状況に。

Q3.インフルエンザの予防接種の費用負担について、あてはまるものをお選びください。(1つ選択)

■今シーズン ワクチンの費用負担について n=638
すでに受けた、または受ける予定と回答した人に、予防接種の費用について聞いた。過半数の52.5%の人が「全額自己負担」と回答。「一部自己負担」は27.6%、「自己負担なし」は15.0%、「わからない」が4.9%だった。

SQ3.あなたが受けた(またはこれから受けようとしている)予防接種の費用は、おいくらですか。(1つ選択) ※2回受けられた方は1回あたりの費用

■今シーズン 全額自己負担者のワクチン接種料金 n=335
予防接種を全額自己負担で受けた(または受ける予定である)と回答した人に費用を聞いたところ、最も多かったのは「3000円~3999円」で50.7%、次が「2000円~2999円」で25.7%。1回につき3000円前後がおよその平均的な費用と考えられる。

Q4.昨シーズン(2010年-2011年)についてお聞きします。あなたは、インフルエンザの予防接種を受けましたか。(1つ選択)

■昨シーズン インフルエンザワクチン接種状況 N=1800
今度は昨シーズンの予防接種について聞いたところ、「受けた」という人は34.0%で、およそ3人に1人。今シーズン「すでに受けた」「受ける予定」と回答した人の合計(35.4%)と、ほぼ同じ割合だった。

Q5.昨シーズン(2010年-2011年)、あなたはインフルエンザに罹(かか)りましたか。(1つ選択)

■昨シーズン インフルエンザの罹患有無 N=1800
予防接種を受けたかどうかに関わらず、昨シーズンにインフルエンザに罹ったかどうかを聞いたところ、「罹らなかった」という人が大多数で87.7%だった。一方、「罹った(医療機関で診断を受けた)」人は8.1%で、1800人中146人。このうち62人は、昨シーズンの予防接種を「受けた」と回答している。また、「罹ったような気がする(医療機関での診断は受けていない)」という人も4.2%(76人)おり、このうち予防接種を「受けた」という人は30人。

予防接種だけでは、感染を完全に防ぐことはできないという難しさが表れた結果となった。ウイルスを体の中に取り込まないためには、やはり日頃の手洗い・うがいなど基本的な対策を心がけたい。

SQ5.インフルエンザに感染したと思われる場所はどこですか。複数思いあたる方は、最も可能性が高いと思う場所をお選びください。(1つ選択)

■昨シーズン罹患者 インフルエンザに感染したと思われる場所 n=146
最も多かったのは、「職場・学校」で45.9%。次に多いのは「わからない」で17.8%だった。その他は「自宅」17.1%、「電車やバスなど交通期間・通勤通学経路」11.6%、「外出先」7.5%となっている。

Q6.ワクチン接種による、インフルエンザの「発症の予防」および「罹(かか)った場合の重症化の予防」について、それぞれどのくらい効果が期待できると思いますか。(1つずつ選択)

■ワクチン接種によるインフルエンザの発症予防・重症化予防の期待度 N=1800
ワクチンの接種状況に関係なく、すべての人に、どれくらい予防効果が期待できると思うか聞いてみた。発症の予防については71.7%、罹(かか)った場合の重症化の予防については73.4%と、それぞれ7割の人が「期待できる」と回答した。(大いに期待できる、期待できる、少し期待できるの合計。)

調査結果の引用・転載について

  • 本レポートの著作権は、株式会社アスマークが保有します。
  • 引用・転載される際は、必ず「アスマーク調べ」と出典を明記してご利用いただくようお願いします。
  • その際、引用・転載される旨を当社までご一報ください。
  • 調査の内容の一部または全部を改変して引用・転載することは禁止いたします。
  • 自社商品の宣伝・広告・販促を目的とした使用を検討されている場合は、必ず事前に当社までご相談ください。
  • 引用・転載されたことにより利用者または第三者に損害その他トラブルが発生した場合、当社は一切その責任を負いません。