市場調査・マーケティングリサーチ会社のアスマーク

アンケートカテゴリー

  • 小売・外食
  • 暮らし・生活用品

衝動買いに関するアンケート調査

公開日:2012.02.01

  • 小売・外食
  • 暮らし・生活用品

衝動買いに関するアンケート調査

後悔した衝動買い…最も多いのは「洋服」「バッグ」「靴」などの【ファッションアイテム】

調査対象

調査概要

調査名

衝動買いに関するアンケート調査

対象者条件 1都3県の20代~50代男女で、買い物が好きな人
調査項目 ・属性(性別、年代、居住地、職業、未既婚・子供有無、世帯年収)
・買い物をする頻度(実店舗、ネット、通信販売)(単一回答)
・ネットショッピングの利用方法(複数回答)
・衝動買いの頻度(単一回答)
・衝動買いをするタイミング(複数回答)
・衝動買いをする時の気分・きっかけ(複数回答)
・衝動買いのきっかけとなる、または背中を押すキーワード(複数回答)
・最近後悔した衝動買いについて(自由回答)
サンプル数 800s
割付
年代 男性 女性
20代100s100s200s
30代100s100s200s
40代100s100s200s
50代100s100s200s
60代以上100s100s200s
400s400s800s
調査期間 2012年2月13日~2月15日
調査方法 インターネット調査(アスマークの自社モニター )
調査機関 株式会社アスマーク

Q1.次にあげる場所・方法であなたが買い物をする頻度をお答えください。(それぞれ1つ選択) 実店舗/ネットショッピング/通信販売

■買い物をする頻度 N=800
まず【実店舗】での買い物は、72.8%の人が「よくする」と回答。女性の方が「よくする」人の割合は高いが、男性も「たまにする」という人が3割を超えており、「よくする」「たまにする」の合計で見ると男女差は0.5%だった。

次に【ネットショッピング】では、33.4%の人が「よくする」と回答。「たまにする」の56.5%と合わせると89.9%。買い物が好きな人の9割がネットショッピングをするという結果に。中でも30代は「よくする」という人の割合が高く、全体を12.1ポイント上回る45.5%だった。

【通信販売】(電話・FAX・ハガキによる注文)では、「よくする」が4.6%、「たまにする」が26.8%で、合計で約3割となった。 50代での割合が高く、「よくする」「たまにする」を合わせると46.0%だった。

※ネットショッピング利用者
SQ1.あなたがネットショッピングを利用する際に、使用するものはどれですか。(複数選択可)

■ネットショッピングの利用方法 n=719
ネットショッピングを「よくする」または「たまにする」と回答した人に利用方法を聞いたところ、「パソコン(デスクトップ、ノート)」が圧倒的に多かった(96.1%)。パソコン以外では「スマートフォン」が18.9%、「携帯電話」が13.8%、「タブレット端末」が4.2%と続いた。

Q2.あなたは普段、「衝動買い」をすることはありますか。金額の大小に関わらずお答えください。(1つ選択)

■衝動買いの頻度 N=800
「衝動買い」をすることがあるかどうかたずねたところ、「たまにする」という人が57.6%で最も多く、「よくする」(12.6%)と合わせると、買い物が好きな人のうち7割は、衝動買いをすることがあるという結果になった。男女別で見てみると女性の方が若干割合が高く、「よくする」「たまにする」の合計は72.5%。男性は68.1%だった。また、衝動買いは「全くしない」という人は全体の5.0%で、こちらは男性の方がやや割合が高く6.8%、女性は3.3%だった。

※衝動買いを「よくする」「たまにする」人
Q3-1.あなたが「衝動買い」をすることがあるタイミングとして、あてはまるものをお選びください。(複数選択可)

■衝動買いをするタイミング n=562
衝動買いを「よくする」または「たまにする」と答えた人に対し、どのような【タイミング】で、またどのような【気分やきっかけ】で衝動買いをすることがあるのか、選択式で回答してもらった。最も多かったのは「バーゲン期間、セール期間」(53.7%)。過半数の人が、商品が安くなっているバーゲン、セールのタイミングで衝動買いすることがあるという結果に。

続いて、「以前から欲しかった商品を見つけた時」(46.4%)、「ボーナスや臨時収入があった時」(35.9%)、「以前に迷って購入しなかった商品を、再び見つけた時」(35.8%)となった。

※衝動買いを「よくする」「たまにする」人
Q3-2.あなたが「衝動買い」をする時の気分やきっかけとして、あてはまるものをお選びください。(複数選択可)

■衝動買いをする時の気分・きっかけ n=562
気分やきっかけとして最も多かったのは、「商品を見て(一目惚れ)」(68.1%)。衝動買いというだけあって、見つけた時の「欲しい!」という気持ちに従って購入する人が多いようだ。

次に多いのは「自分へのご褒美に」(47.5%)。「ストレスが溜まっている」(37.4%)、「気分を上げたい」(31.0%)、「テンションが上がっている」(30.8%)、「自分を元気づけたい」(25.1%)と続く。商品の魅力だけではなく、その時々の気分や心境も、購買行動にいくらかの影響を与えていると考えられる。

※衝動買いを「よくする」「たまにする」人
Q4.次の中に、思わず「衝動買い」してしまう、または購入を迷った時に“背中を押す”キーワードはありますか。いくつでもお選びください。(複数選択可)

■衝動買いのきっかけとなる、または背中を押すキーワード n=562
続いて、思わず衝動買いをしてしまう、または購入を迷った時に背中を押すキーワードを選択してもらった(定価での購入を想定)。最も多かったのは「期間限定」で、過半数の53.0%だった。次に多いのが「個数限定・残り○点」(35.1%) 、その次が「(購入者だけの)特典付き・プレゼント付き」(33.1%)で、【限定】という要素に惹かれる人は多いようだ。

また、男女別に見ると、男性よりも女性が特に多く選択していたのが、「人気商品」(男性:16.5%/女性:32.8%)と「クチコミ第1位」(男性:18.0%/女性:31.7%)だった。

※衝動買いを「よくする」「たまにする」人
Q5.最近のお買い物で、「失敗した」「買わなければよかった」と後悔してしまった衝動買いはありますか。よろしければお聞かせください。(自由回答)

「後悔してしまった衝動買い」の、購入した商品として最も多かったのは、洋服、バッグ、靴といった【ファッションアイテム】。回答の約半数を占めた。その他には、食料品、化粧品、ダイエット器具、美容・健康器具、家電、パソコン、ゲームやアウトドア用品といった趣味に関するものなど、さまざまな商品があげられた。

後悔した理由としては、使わない、合わない、同じようなものを持っていたなどの「無駄になった」ケース、効果がない、品質が悪い、イメージと違うといった、「ガッカリした」ケースが目立った。

実際の回答(一部を抜粋)

年代/性
衝動買いしたもの
後悔した理由
20代男性ロングコートスーツ用で購入したが、試着する際に私服だったため、サイズが合わなかった!
20代男性福袋PCが入っている可能性があるとのことで衝動買いしたが、よくよく考えてみるとそんな確率は極僅かでその僅かな可能性に期待していた自分に後悔しました
30代男性ブランドバッグデザインが気に入り衝動買いしたが、サイズが小さすぎて財布が入らなかった。
30代男性家具必要なかった、部屋の雰囲気に合ってなかった
40代男性セーター届いて着たら、肌が透けて見えた。 薄すぎてセーターの役目をしてない。
40代男性釣竿同じものがもっと安く販売されているのをみてしまった。
50代男性誕生日のプレゼントに買った。今年はいいのだが毎年送り続けなければならないので
50代男性腕立て伏せ用のマシン筋力アップのつもりだったが、3日坊主

年代/性
衝動買いしたもの
後悔した理由
20代女性洋服のネット購入安さにひかれて買ってしまったけど、あまり着なかった。やっぱり試着しなくちゃ微妙な丈や質感が気に入らないこともあるなと感じた
20代女性着物教室に通い始めてテンションが上がって購入したが着る機会がないのと他に揃えるものにお金がすごくかかるから。
30代女性美顔器テレビで超音波美顔器がいい!と放送されていて、すぐに衝動買いをしました。翌日、何気なく価格サイトを調べてみると、なんと購入店よりも何千円も安く販売していた!きちんと調べてからお店を選んで買うべきだった‥!と後悔しました。
30代女性羽根布団安かったのとレビューが良かったので購入したが、やはりそれなりのクオリティーのものだったのでがっかりしました。
40代女性前から欲しいデザインの鞄でなく、なんとなくおみせに入りかわいい雰囲気に一目ぼれして購入してしまったこと。
40代女性ウール100%ニットウール100%にしては安かったので購入したけれど暖かみは感じられないしアクリルが混じってるのではと思うほど毛玉がひどい。
50代女性毛皮のポンチョ手持ちのダウンジャケットには合わないし、単品では寒い、第一つけていくような場所や機会がない。
50代女性コーヒー安かったため大量買いしたが、結局期限までに飲みきれそうにない

調査結果の引用・転載について

  • 本レポートの著作権は、株式会社アスマークが保有します。
  • 引用・転載される際は、必ず「アスマーク調べ」と出典を明記してご利用いただくようお願いします。
  • その際、引用・転載される旨を当社までご一報ください。
  • 調査の内容の一部または全部を改変して引用・転載することは禁止いたします。
  • 自社商品の宣伝・広告・販促を目的とした使用を検討されている場合は、必ず事前に当社までご相談ください。
  • 引用・転載されたことにより利用者または第三者に損害その他トラブルが発生した場合、当社は一切その責任を負いません。

ダウンロードリスト

全部で0件を

ダウンロードする

※ダウンロードリストに該当の資料を入れてください

RANKINGダウンロード・閲覧ランキング