市場調査・マーケティングリサーチ会社のアスマーク

アンケートカテゴリー

  • 季節・イベント・時事

2013年“私の漢字”アンケート調査

公開日:2012.12.01

  • 季節・イベント・時事

2013年“私の漢字”アンケート調査

「2013年はこんな年にしたい」を表す漢字トップ3は、『幸』・『楽』・『進』

2012年が自分にとって「良い年だった」と答えた人は38.2%、「2013年はこんな年にしたい」を表す漢字トップ3は、『幸』・『楽』・『進』。

調査概要

調査名

2013年「私の漢字」アンケート調査

対象者条件 全国の10代~60代までの男女
調査項目 ・属性(性別、年代、居住地、未既婚、職業)
・2012年は自分にとって良い年だったと思うかどうか(単一回答)
・「2013年はこんな年にしたい」を表す漢字一文字と、その漢字を選んだ理由(自由回答)
サンプル数 1600s
割付 【性別】 男性:50.0%、女性:50.0%
【年代】 10代:16.7%、20代:16.7%、30代:16.6%、40代:16.7%、50代:16.7%、60代:16.6%
調査期間 2012年12月27日~12月28日
調査方法 インターネット調査(アスマークの自社モニター )
調査機関 株式会社アスマーク

調査対象

男性 女性

性別 N=1600
年代 N=1600
居住地 N=1600
未既婚 N=1600
職業 N=1600

Q1.1年間を振り返ってみて、2012年はあなたご自身にとって良い年だったと思いますか。
直感的にお答えください。(1つ選択)

■自分にとっての2012年の振り返り N=1600
2012年の1年間を振り返って、自分自身にとって良い1年だったと思うかどうかをたずねた。
「良い年だった」(とても良い年だった・良い年だった)と答えた人は38.2%で、4割弱となった。「ふつう」と言う人が37.8%で、「良い年ではなかった」(まったく良い年ではなかった・良い年ではなかった)と答えた人は24.1%となった。
男女別に見ると、男性は「ふつう」と答える人が女性より多い傾向で、「良い年だった」という回答は女性が46.3%であるのに対し、男性は30.1%だった。

Q2.2012年の「今年の漢字」は、【金】でした。
あなたは、2013年をどのような1年にしたいと思いますか。漢字一文字で表してください。(自由回答)
Q3.その漢字を選ばれた理由をお聞かせください。(自由回答・任意)

■「2013年はこんな1年にしたい」を漢字一文字で N=1600
2012年の「今年の漢字」は『金』だった。2012年を振り返った上で、「2013年はこんな1年にしたい」という思いを漢字一文字で表してもらい、その理由も回答してもらった。漢字を集計してランキングにした結果、最も回答の多かった第1位の漢字は、「幸」(119人)。第2位は「楽」(97人)で、こちらは「たのしい」とも「らく」とも読める。第3位は「進」(60人)だった。
第4位から10位までは、「健」(42人)、「新」(39人)、「明」(39人)、「喜」(37人)、「笑」(34人)、「変」(34人)、「穏」(31人)、となっている。

「今年の漢字」・・・日本漢字能力検定協会が『その年の世相を表す漢字』として毎年公募を行い、発表している。


調査結果の引用・転載について

  • 本レポートの著作権は、株式会社アスマークが保有します。
  • 引用・転載される際は、必ず「アスマーク調べ」と出典を明記してご利用いただくようお願いします。
  • その際、引用・転載される旨を当社までご一報ください。
  • 調査の内容の一部または全部を改変して引用・転載することは禁止いたします。
  • 自社商品の宣伝・広告・販促を目的とした使用を検討されている場合は、必ず事前に当社までご相談ください。
  • 引用・転載されたことにより利用者または第三者に損害その他トラブルが発生した場合、当社は一切その責任を負いません。