市場調査・マーケティングリサーチ会社のアスマーク

アンケートカテゴリー

  • 食品・飲料

朝食に関するアンケート調査

公開日:2016.03.01

  • 食品・飲料

朝食に関するアンケート調査

最も食べている朝ごはんの主食は、【平日】49.0%【休日】 52.8%と共に「パン類」が最高

調査概要

調査名

朝食に関するアンケート調査

対象者条件 全国在住、20代~60代の男女、週に1回以上朝食を食べている人
調査項目

・朝ごはんにかける時間(平日、休日)

・朝ごはんで最も食べている組み合わせ(平日、休日)

・朝ごはんで理想とする組み合わせ(平日、休日)

・朝ごはんにおいて最も重視する

サンプル数 400s
割付 【性別】 男性:50.0%、女性:50.0%
【年代】 20代:20.0%、30代:20.0%、40代:20.0%、50代:20.0%、60代:20.0%
調査期間 2016年2月17日~2月19日
調査方法 インターネット調査(アスマークの自社モニター )
調査機関 株式会社アスマーク

調査対象

男性 女性

性別 n=400
年代 n=400
未既婚 n=400
同居有無 n=400
居住地域 n=400
朝食を食べる頻度 n=400

Q1-1.最近1ヶ月間についてお考えください。あなたが朝ごはんにかける時間を、お知らせください。/【平日】(1つ選択)

【平日】の朝ごはんにかける時間は「10分以内 計」が52.8%で半数以上を占める。

全体では「10分以内」44.3%が最も高く、次いで「20分以内」33.3%、「5分以内」8.5%と続く。年代別に見ると60代は「20分以内」が男性は40.0%、女性は60.0%で、40代は「10分以内 計」が男性は72.5%、女性は67.5%で、高い傾向が見られた。

※ 「10分以内計」=「5分以内」「10分以内」の合計。

Q1-2.最近1ヶ月間についてお考えください。あなたが朝ごはんにかける時間を、お知らせください。/【休日】(1つ選択)

【休日】の朝ごはんにかける時間は「20分以内」が36.5%で最も高い。

年代別に見ると、男性40代・男性50代・女性40代は平日と変わらず「10分以内」が最も高かった。また、男性40代は「20分以内 計」が87.5%で高い水準となった。

※ 「20分以内計」=「5分以内」「10分以内」 「20分以内」の合計。

Q2.最近1ヶ月間についてお考えください。あなたが【平日】の朝ごはんとして一番食べている組み合わせをお知らせください。1品しか食べていない(組み合わせて食べていない)場合には、1品のみ選択してください。(複数選択可)

【平日】に最も食べている朝ごはんの主食は49.0%で「パン類」が最も高かった。おかず・デザートでは「ヨーグルト」

27.8%が最も高く、次いで「味噌汁・スープ」26.3%、「卵料理」24.8%、 「フルーツ」18.8%と、「納豆」18.0%と続く。


【平日】ご飯類の組み合わせでは「味噌汁・スープ」56.5%が最も高く、「納豆」40.5%、「卵料理」38.7%と続く。

【平日】パン類の組み合わせでは「ヨーグルト」34.7%が最も高かった。 【平日】全体の平均品数は2.7品であり、ご飯類選択の平均品数は3.5品、パン類選択の平均品数は2.3品だった。

Q3.最近1ヶ月間についてお考えください。あなたが【休日】の朝ごはんとして一番食べている組み合わせをお知らせください。1品しか食べていない(組み合わせて食べていない)場合には、1品のみ選択してください。(複数選択可)

【休日】に最も食べている朝ごはんの主食は52.8%で「パン類」が最も高かった。おかず・デザートでは「卵料理」

29.8%が最も高く、次いで「味噌汁・スープ」「ヨーグルト」25.5%、「ウインナー、ソーセージ、ハム、ベーコンなど」24.7%、「フルーツ」19.2%と続く。


【休日】ご飯類の組み合わせでは「味噌汁・スープ」57.6%が最も高く、「卵料理」46.5% 、「納豆」34.7と続く。

【休日】パン類の組み合わせでは「ヨーグルト」32.1%が最も高く、「ウインナー、ソーセージ、ハム、ベーコンなど」27.3が続く。 【休日】全体の平均品数は2.9品であり、ご飯類選択の平均品数は3.7品、パン類選択の平均品数は2.5品だった。


調査結果の引用・転載について

  • 本レポートの著作権は、株式会社アスマークが保有します。
  • 引用・転載される際は、必ず「アスマーク調べ」と出典を明記してご利用いただくようお願いします。
  • その際、引用・転載される旨を当社までご一報ください。
  • 調査の内容の一部または全部を改変して引用・転載することは禁止いたします。
  • 自社商品の宣伝・広告・販促を目的とした使用を検討されている場合は、必ず事前に当社までご相談ください。
  • 引用・転載されたことにより利用者または第三者に損害その他トラブルが発生した場合、当社は一切その責任を負いません。