0120-922-684
お気軽にご相談ください (平日 9:30~18:30)
市場調査・マーケティングリサーチ会社のアスマーク
  1. TOP
  2. 情報・データ
  3. アンケート調査データ
  4. 暮らし・生活用品
  5. 電子たばこに関するアンケート調査
電子たばこに関するアンケート調査

自主調査暮らし・生活用品

電子たばこに関するアンケート調査

< TOPICS >

  • 電子たばこのユーザーは2年前の調査から大幅に増加
  • ユーザーの9割が今後も使い続けたいと回答
  • においの少なさが最大の魅力
  • 利用者拡大のカギは「吸いごたえ」と「本体価格」

喫煙状況

電子たばこ使用者は、2年前から大きく増加したが、若年層への広がりが中心で、40代を境に、使用率に大きな差がみられる。

年代別では、喫煙者20代・30代のうち、半数以上が電子たばこを使用。一方で、50代・60代では電子たばこの使用率は3割強にとどまった。最も使用率が高い年代は30代の5割強、最も低い年代は60代で3割半ばとなる。
性別では、男性と比べて女性の方が「電子たばこ」のみを使用しているユーザーが多く、女性喫煙者では2割弱にのぼった。

Q1.あなたが吸っているたばこは、「紙巻きたばこ」と「電子たばこ/加熱式たばこ」のどちらでしょうか。あてはまるものをお選びください。(1つ選択)

電子たばこ使用状況【全体】

電子たばこ使用状況【性年代別】

電子たばこの今後の使用意向

電子たばこの使用意向者は6割弱となり、20代は7割半ばと高めだが、60代は意向あり・なしが拮抗

性別では、女性の方が男性よりも使用意向が高い。
年代別では、20代が7割強、60代は4割弱で、若い程使用意向は高くなる傾向にあり、中高年には、まだ受け入れられない層が一定いるもののと考えられる。

電子たばこユーザーの9割強が継続意向あり

現ユーザーは継続意向が高いものの、非ユーザーでは使いたい方が上回り4割強となる。

Q3.あなたは今後、「電子たばこ/加熱式たばこ」を使用してみたい(または使い続けたい)と思いますか。(1つ選択)

電子たばこ使用意向


電子たばこ使用意向の理由

使用意向者では、「部屋が汚れない」「副流煙が出ない」「紙巻きたばこよりも使用シーンが制限されない」等の理由が多くみられた。使用意向者以外では、紙巻きたばこに比べて「味」「吸いごこち」「価格」に対してネガティブな印象が多い。

Q4.電子たばこ/加熱式たばこを使ってみたい・使ってみたくない理由を教えてください。(自由回答)

実際の回答(一部抜粋) ※現ユーザーは年代/性別/使用製品を記載。非ユーザーは年代/性別のみ。

  • ■電子たばこの今後の使用について「使いたい」「やや使いたい」人の回答 n=403
  • 紙巻きたばこよりも害が少なく、明らかに体が楽になった。味も美味しいし満足なので。」(30代/男性/iQOSユーザー)
  • 「今後もツールの性能が向上して満足感が高まるという期待感があるので」(30代/男性/iQOS・Ploom TECHユーザー)
  • 「楽しめるレベルの商品が増えてきた。有害な副流煙が出ない。壁が汚れない。タバコ臭さがない。」(40代/男性/Ploom TECHユーザー)
  • 「タバコは吸いたい。けど、健康被害を考えたら紙巻きタバコよりこっちの方が良い。」(50代/男性/Ploom TECH、gloユーザー)
  • 「紙タバコよりタバコを吸わない人の前でも吸いやすい。加熱式・電子タバコのみOKの飲食店なども出て来ているから。」(30代/女性/iQOSユーザー)
  • 部屋が汚れないのと、紙巻きよりは肩身が狭くなさそうだから」(30代/女性)
  • 「やめられないなら、少しでも体に優しい方が良いので」(50代/女性)
  • 「自分の体や周りの人の事を考えて検討したい。」(60代/女性)

  • ■今後の使用について「どちらともいえない」人の回答 n=132
  • 「煙、灰などが出ないのは良いが吸った気がしない(60代/男性/Ploom TECHユーザー)
  • 「害が少なそうだが、たばこに比べて美味しくないのではないかと思う。」(60代/男性)
  • 「実際に事故があるので怖い でも、健康を考えると良いのでどちらでもない」(20代/女性)

  • ■今後の使用について「使いたくない」「あまり使いたくない」人の回答 n=165
  • 「紙巻き自体たまに吸うくらいなので、本体価格が結構高い電子たばこを使う気にはならない」(30代/男性)
  • 値段が高いのと吸いごこちや満足度が紙巻きタバコよりも劣ると思うので。」(40代/男性)
  • 「変えるくらいなら辞めたいから」(30代/女性)

電子たばこの不満点

吸いごたえと価格が魅力度を上げる最大のカギ

電子たばこユーザーには不満点を、非ユーザーには魅力的ではないと思う点を聞いた。「紙巻きたばこほどの満足感を得られない」「本体価格が高い」が同率で4割強となり、電子たばこユーザー・非ユーザーを問わず不満点として上位に挙がった。
また、電子たばこユーザーの中でも、特に紙巻たばことの併用ユーザーでは、 「タイプによっては連続して吸うことができない」点に対する不満も多い。

Q6.「電子たばこ/加熱式たばこ」を吸っている/吸ったことのある方は、不満な点をお答えください。「電子たばこ/加熱式たばこ」を吸ったことのない方は、魅力的ではないと思う点をお答えください。(複数選択可)

電子たばこの不満点


調査概要

調査名 電子たばこに関するアンケート調査
対象者条件 ・全国の20代~60代男女
・喫煙者
調査項目
  • ・基本属性(性別、年齢、居住地、職業、未既婚、喫煙状況)
  • ・吸っているたばこの種類(紙巻き、電子たばこ/加熱式たばこ)(SA)
  • ・使用している電子たばこ/加熱式たばこの製品(MA)
  • ・電子たばこ/加熱式たばこの使用意向(SA)とその理由(FA)
  • ・電子たばこ/加熱式たばこの満足点と不満点(MA)
  • ・「健康増進法」(一部を除き室内原則禁煙)の認知(SA)と認知内容(MA)
  • ・今後の喫煙意向(SA)
  • ・たばこに対する思い(FA)
  • ・※電子たばこ/加熱式たばこは、以下「電子たばこ」と表記
  • ※iQOS(アイコス)は、以下「iQOS」と表記、※Ploom TECH(プルーム・テック)は、以下「Ploom TECH」と表記
サンプル数 700ss
割付 男性:79.3%、女性:20.7%
20代:11.7%、30代:20.6%、40代:28.7%、50代:20.3%、60代:18.7%
統計局人口推計および厚生労働省発表の喫煙率(国民健康栄養調査)に基づく
調査期間 2019年4月26日(金)~5月8日(水)
調査方法 インターネット調査
調査機関 株式会社アスマーク

非公開の設問とクロス集計を含む、レポートとデータを無料でダウンロードしていただけます。

調査結果の引用・転載について

  • 本レポートの著作権は、株式会社アスマークが保有します。
  • 引用・転載される際は、必ず「アスマーク調べ」と出典を明記してご利用いただくようお願いします。
  • その際、引用・転載される旨を当社までご一報ください。
  • 調査の内容の一部または全部を改変して引用・転載することは禁止いたします。
  • 自社商品の宣伝・広告・販促を目的とした使用を検討されている場合は、必ず事前に当社までご相談ください。
  • 引用・転載されたことにより利用者または第三者に損害その他トラブルが発生した場合、当社は一切その責任を負いません。

連絡先:info@asmarq.co.jp

アンケート調査をご依頼いただけます

お探しの調査データが見つからなかった場合は、新たにアンケート調査をご依頼いただけます。その場合は、お客様のご指定の対象者、質問項目にて実施することができます。ネットリサーチの場合でしたら、40,000円から実施可能です。→ネットリサーチ実施料金

ニュースレター

アスマークでは毎月1回、最新の自主調査などをご紹介するニュースレターをメールでお送りしています。

弊社で実施した最新の自主調査のお知らせ・自主調査 月間アクセスランキング・無料マーケティングリサーチセミナーのお知らせ・お客様からいただくご質問や調査の実例を元にした、リサーチに関するQ&Aのご紹介・アスマークからのお知らせ無料購読はこちら