1. 市場調査・マーケティングリサーチ会社のアスマーク
  2. アンケート調査結果
  3. 趣味・レジャー・スポーツ
  4. スポーツに関するアンケート調査~応援しているプロ野球チームは?

自主調査(ミニリサーチ)趣味・レジャー・スポーツ

スポーツに関するアンケート調査

このエントリーをはてなブックマークに追加

「寝返ったことはない」37.5%-プロ野球ファン1,000人アンケート

調査名:

スポーツに関するアンケート調査

トピックス:
  • 応援しているプロ野球チーム・・・『 巨人 』 27.1%、『 阪神 』 23.8%、 『 楽天 』 9.6%
  • 「球団所属の選手名を10人以上おぼえている」人が全体の42.2%
  • 「テレビ中継がある時は必ず試合を観る」人は35.8%
  • 「他チームに寝返ったことはない(一筋である)」を選んだ人の割合が最も高かったチームは『広島』
対象者: 全国の20歳以上の男女で、応援している日本のプロ野球チームがある方
サンプル数: 1,000s
実査期間: 2011年4月19日~4月23日
調査方法: インターネット調査(アスマークの自社モニター )
調査機関: 株式会社アスマーク

この調査の報告書(レポート)、集計、ローデータは、下記より無料でダウンロードしていただけます。(一部の調査を除きます)


対象者属性

性別

調査結果

Q.あなたが最も応援しているプロ野球チームをお答えください。(1つ選択)

■最も応援しているプロ野球チーム n=1,000
応援しているプロ野球チームがある1,000人に対しそのチームを聞いたところ、『巨人』が27.1%で最も多く、次いで『阪神』が23.8%、 『楽天』が9.6%となった。 『巨人』と『阪神』の2チームで全体の5割を占める結果となった。


「最も応援しているチーム」で回答が多かった上位5チームの年代比率

「最も応援しているチーム」として回答が多かった上位5チームの年代比率を見てみると、 『 巨人 』は50代以上の比率が31.0%と、上位5チームの中では最も高かった。40代も合わせると56.8%になる。 一方、若い年代の比率が全体に比べてやや高かったのは『 中日 』と『 楽天 』で、20代・30代の合計を見ると『 中日 』が55.4%、『 楽天 』が52.1%となった。

Q.次のうち、あなたが最も応援しているプロ野球チームに対する「こだわり」としてあてはまるものをお答えください。(複数選択可)

■ 最も応援しているプロ野球チームに対する「こだわり」  n=1,000
そのチームに対する「こだわり」としてあてはまるものを聞いたところ、「球団所属の選手名を10人以上おぼえている」が42.2%で最も多かった。次いで「他チームに寝返ったことはない(一筋である)」が37.5%、「テレビ中継がある時は必ず試合を観る(※録画も含む)」が35.8%と続いた。

チーム別に見てみると、「他チームに寝返ったことはない(一筋である)」を選んだ人の割合が最も高かったのは 『 広島 』 で、広島ファン(n=50)のうち56.0%と、全体平均を18.5ポイント上回った。


「その他のこだわり」(自由記述)  回答の一部を抜粋

  • ジャイアンツの選手が他球団に移籍しても毎試合成績をチェックする

    (巨人/東京都/女性)

  • 阪神甲子園球場に最低でも年1回は試合を観に行く。

    (阪神/埼玉県/男性)

  • 選手をアイドル視しない、細かいプレイにもこだわって見る、自分も勉強する

    (日本ハム/北海道/女性)

  • 弱くたって、負けが込んだって応援する!

    (横浜/神奈川県/男性)

  • 被災者に希望、感動を与えられる様に今年は初優勝して欲しい。

    (楽天/山形県/男性)


この調査の報告書(レポート)、集計、ローデータは、下記より無料でダウンロードしていただけます。(一部の調査を除きます)


自主調査データの転載・引用のご希望やご質問は、 info@asmarq.co.jp までお問い合わせください。

アンケート調査をご依頼いただけます

お探しの調査データが見つからなかった場合は、新たにアンケート調査をご依頼いただけます。その場合は、お客様のご指定の対象者、質問項目にて実施することができます。ネットリサーチの場合でしたら、40,000円から実施可能です。→ネットリサーチ実施料金

ニュースレター

アスマークでは毎月1回、最新の自主調査などをご紹介するニュースレターをメールでお送りしています。

弊社で実施した最新の自主調査のお知らせ・自主調査 月間アクセスランキング・無料マーケティングリサーチセミナーのお知らせ・お客様からいただくご質問や調査の実例を元にした、リサーチに関するQ&Aのご紹介・アスマークからのお知らせ無料購読はこちら