0120-922-684
お気軽にご相談ください (平日 9:30~18:30)

市場調査・マーケティングリサーチ会社のアスマーク

  1. TOP
  2. 情報・データ
  3. アンケート調査データ
  4. 仕事
  5. 1万人データから探る、社員の離職要因とエンゲージメントに関する分析レポート第二弾【業種別編】

自主調査(ミニリサーチ)仕事

1万人データから探る、社員の離職要因とエンゲージメント(愛着心・思い入れ)に関する分析レポート第二弾
【業種別編】

このエントリーをはてなブックマークに追加


満足度と離職意向、専門職 OR ブルーカラーで大きな開きあり

背景 2019年5月20日に配信した記事は、【職種別・役職別】で分析したレポートのご案内でした。
今回は、 同じ1万人の回答データを【業種別】で分析し、 満足度と離職意向の関係性と業種別の特長についてまとめております。
ご参照ください 【職種別・役職別】分析レポート
調査名

1万人データから探る、社員の離職要因とエンゲージメントに関する分析レポート

対象者 会社経営・役員、フリーランス・自営業、パート・アルバイト、無職の方を除く全国15歳以上の男女
実査期間 2019年3月14日~2019年5月7日

この調査の分析レポートは、下記より無料でダウンロードしていただけます。

調査結果

総括

今回の1万人のデータから、満足度と離職には関連性があることが証明された。また、業種別で満足度・離職意向が大きく差が出ることもわかった。

  • 専門職・ブルーカラー系で大きな開きがみられ、専門職は、「やりがい」「誇り」を感じられることが満足度の源泉。また、製造関連業は、キャリアパスが不透明で将来設計を立てにくいことが、不満要素となっている。
  • 働き続けたいと思えるかどうかでは、「達成感」というものが大きなポイントとなる。そして、働き方や福利厚生は、最低限整えておくべき点であることもみえた。
  • 社員のエンゲージメントを高めるためには、困難を乗り越えた際、できなかったことができるようになった際には、そのことを認めてあげて、「やりがい」「達成感」を見出すこと、さらに明確な「キャリアパス」を描いてあげることがマスト。その上で、最低限の制度や環境を整えることができれば、離職のリスクは軽減できる。

また、最も大切なことは、目を向けて、いち早く社員の小さな変化に気づくことである。

Q.あなたは、今の職場で働くことに満足していますか。(SA)
Q.あなたは、この職場で働き続けたいと思っていますか。(SA)

全体の満足度と離職意向

全体の満足度と離職意向

業種別にみる満足度

業種によって、職場への満足度に大きな差がみられる。特に製造関連業の低さが顕著。

業種別にみる満足度

業種別にみる離職意向

満足度同様の傾向で、業種によって、離職意向に大きな差がみられる。特に製造関連業の高さが顕著。

業種別にみる離職意向

その他の設問

ES調査(ASQ)の計83問
※今回はベンチマークデータの分析レポートを一部公開しております。


この調査の分析レポートは、下記より無料でダウンロードしていただけます。


自主調査データの転載・引用のご希望やご質問は、 info@asmarq.co.jp までお問い合わせください。

アンケート調査をご依頼いただけます

お探しの調査データが見つからなかった場合は、新たにアンケート調査をご依頼いただけます。その場合は、お客様のご指定の対象者、質問項目にて実施することができます。ネットリサーチの場合でしたら、40,000円から実施可能です。→ネットリサーチ実施料金

ニュースレター

アスマークでは毎月1回、最新の自主調査などをご紹介するニュースレターをメールでお送りしています。

弊社で実施した最新の自主調査のお知らせ・自主調査 月間アクセスランキング・無料マーケティングリサーチセミナーのお知らせ・お客様からいただくご質問や調査の実例を元にした、リサーチに関するQ&Aのご紹介・アスマークからのお知らせ無料購読はこちら