公開日:2024.04.24

アーリーマジョリティーとは

  • マーケティングリサーチ用語解説集

アーリーマジョリティは、エベレット・ロジャースが1962年に提唱したイノベーター理論に基づく5つの消費者分類の一つで、市場全体の約34%を占める文字通りの「多数派」です。この層はイノベーション採用プロセスの中で非常に重要な消費者グループで、アーリーアダプターとイノベーターの次に新しい製品やサービスを採用します。彼らの新技術への関心は高いものの、採用には慎重な姿勢を見せます。
 
彼らが製品を採用することによって、より広範な市場のレイトマジョリティやラガードに影響を及ぼし、製品の広範囲にわたる受け入れを促進します。このため、アーリーマジョリティはマーケティング戦略で中心的なターゲット層とされています。 アーリーマジョリティの消費者は、製品が市場で持続的に普及するための、マーケティング活動の主な焦点です。彼らは製品の価値を迅速に理解し、市場初期段階からメインストリームの消費者に製品を広める役割を果たします。
 
企業はこの層を対象とした効果的なマーケティング戦略を用いて、製品の迅速な市場受容を促進し、強固な市場地位を築くことができます。 アーリーマジョリティをターゲットにする際には、その具体的なニーズと期待を深く理解し、適切なマーケティング施策を適用することが必要です。彼らは新しい製品に興味を持ちつつも導入のリスクを慎重に評価するため、製品の利点と実用性を的確に提示することが成功の鍵となります。
 
 
市場調査のご相談はこちら>
 

執筆者
アスマーク編集局
株式会社アスマーク 営業部 マーケティングコミュニケーションG
アスマークのHPコンテンツ全ての監修を担い、新しいリサーチソリューションの開発やブランディングにも携わる。マーケティングリサーチのセミナー企画やリサーチ関連コンテンツの執筆にも従事。
監修:アスマーク マーケティングコミュニケーションG

アスマークの編集ポリシー

 

イノベーター理論とは

イノベーター理論とは

アメリカの社会学者エベレット・ロジャース(Everett M. Rogers)が1962年に提唱した、新製品や新サービスの市場浸透に関する理論のことです。顧客の新製品や新サービスの購入態度をもとに5つのタイプに分類するもので、プロダクト・ライフサイクルと合わせて、市場分析や需要分析にも多く活用されています。

> 詳しく見る


アンケートモニター

アンケートモニター

アスマークが運営するモニター組織「D style web」と合わせ、1,900万人以上の提携パネルからなる国内でも最大規模のパネルネットワークを構築しています。
モニターリクルート分野における圧倒的な業界実績を持つ強みを活かし、インタビュー調査や会場調査、学術研究における被験者募集など、大規模調査から出現率が低いニッチな調査まであらゆる場面で活用できます。

> 詳しく見る