公開日:2022.06.13

クロス集計表の見方をわかりやすく解説

  • マーケティングリサーチHowto

はじめに

皆さんはクロス集計表を見て、結果を読み取ったり、分析したことはありますか?
クロス集計とは、単純集計(GT集計)で得た数値に対して、性別・年代などを掛け合わせてその違いを読み取ることができる集計のことです。クロス集計表で得た結果から報告書やレポートをまとめる際、最初に行う「クロス集計表の読み取り」に苦戦する方も多いと思います。本稿では、クロス集計表から正しく情報を読み取れるよう、クロス集計表の見方をわかりやすく解説します。
 

クロス集計表の見方

クロス集計では、質問と質問を掛け合わせて、質問間の関係性を細かく見ることができます。だからこそ、全体の傾向をつかむために行う単純集計では見えてこない、回答の傾向や新たな発見・気付きを見つけることができます。

まずは、弊社で行った自主調査「男性の肌ケアに関する調査」の集計表を用いて、クロス集計表の見方を解説します。

<図1>は、「年代ごとに普段どの程度スキンケアをしているのか」を知るために作成したクロス集計表です。赤枠部分を見ると分かるように、「年代に関する質問」と「スキンケアの有無に関する質問」が交差しています。このように質問と質問が ”クロス(交差)” しているため、クロス集計表と呼ばれています。
 
 
クロス集計横%表
 
「年代に関する質問」にあたる箇所ですが、「集計軸」、「分析軸」、「BD(ブレイクダウン)」、「表側」、「クロスタブ」などと呼ばれています。上記のようないろいろな言い回しを皆さんも見聞きしたことがあるかもしれませんが、すべて同じ意味です。
※このコラムでは「分析軸」と表記します。

「分析軸」を決めるということは、「どのような視点から調査の結果を見たいか」を決めるということです。データに隠された可能性をどこまで引き出せるかは、分析軸を何にするのかでも大きく左右されます。そのため、分析軸の設定はとても重要です。

一方、「スキンケアの有無に関する質問」の箇所は、「表頭」と呼んでいます。表頭を選ぶ際のポイントは、分析軸に対して、「どのような結果を見たいか・知りたいか」を考えてみるとよいでしょう。

「分析軸」が原因、「表頭」が結果を指すため、赤枠の箇所は、男性20代(176人)のうち、50%(88人)が「季節問わずスキンケアをしている」と読み取ることができます。

また、<図1>のように、分析軸が左側にある集計表は、データを横向きに読み取っていくため、「横%表」と呼んでいます。下記の<図2>は、「分析軸」と「表頭」の位置関係が<図1>とは逆になっています。こちらの集計表はデータを縦方向に読み取っていくため、「縦%表」と呼んでいます。
 
 
クロス集計縦%表
 
社内の資料や外部の集計結果を見る際に、今見ているクロス集計表が「横%表」なのか「縦%表」なのかが明記されていないことで、どのように数字を読み取ればいいのか分かりづらいケースがあるかと思います。

その際の見分けるポイントは、全体のパーセント(割合)が100%になっているかどうかです。<図2>の年代のパーセント(割合)は20代、30代、40代、50代のすべて「100.0」になっています(青枠)。つまり、各年代の人数(20代の場合は、176人)を100%として「スキンケアの有無に関する質問」の各選択肢を選んだ人の人数、パーセント(割合)を算出しているということになります。
よって、<図2>のクロス集計表の分析軸は、「年代に関する質問」であるということが分かり、このクロス集計表は「縦%表」と判断できます。

クロス集計表を見る際には、何が分析軸なのかを判断した上で、数字を読み取る向きに注意して、データを分析しましょう。
 

執筆者
小山 茜
株式会社アスマーク 実査部 定量3G 集計チーム
追手門学院大学卒業、社会心理学修士。 2016年新卒入社。定量調査のアンケート画面作成・データチェックを経験後、2019年より現職に至る。現在は定量調査・定性調査の集計を担当。これまで1000件以上の集計業務に携わる。実査の経験を生かした後輩育成、また社内への集計に関するアドバイスや提案活動を行っている。
監修:アスマーク マーケティングコミュニケーションG

アスマークの編集ポリシー

アスマークのアンケートデータ集計・分析サービス

アスマークのアンケートデータ集計・分析サービス

年間1,000件以上の集計業務実績を持つアスマークが、アンケートの集計~入力・分析までをワンストップで対応します。
レポート作成業務は年間450件以上。専門統計調査士、統計士などの有資格者によるプロフェッショナル集団が、調査データからみえるサマリーや結論までご希望通りのアウトプットを実現します。

● 実施したアンケートの活用方法が分からない
● データ入力・集計・レポート作成を一括で依頼したい…
● 紙アンケートを実施したがデータ入力に時間がかかる…

このような方へお勧めのサービスです。

> 詳しく見る


アンケートにおけるクロス集計のやり方(エクセル)

アンケートにおけるクロス集計のやり方(エクセル)

アンケートを実施した後、データの活用方法について困ったことはありませんか?
自分で集計をしようとインターネットで検索して調べたことがある方も多いと思います。
「データをまとめる」といっても様々な方法があります。まとめ方によってデータに隠された可能性をどこまで引き出せるかが変わってきます。
本稿では、単純集計(GT集計)からは読み取れなかった、質問と質問の関係性を知りたい場合に手軽に結果を見ることができるエクセルの『ピボットテーブル』という機能を使ってクロス集計をする方法を解説します。

> 詳しく見る