アンケートカテゴリー

  • 暮らし・生活用品
  • 仕事

若者とシニアに関するアンケート調査

公開日:2024.05.31

  • 暮らし・生活用品
  • 仕事

若者とシニアに関するアンケート調査

若者とシニアの間では苦手なもののイメージには差があり、仲良くなりたいという気持ちはあるものの、実際の対象が身近にないことが共通している。

1970年代から少子高齢化といわれていますが、現在、高齢者といわれる方の人口比率は2023年に29.1%となりました。一方で15歳未満の人口比率は11.4%となり、その差は年々開いています(引用:統計局による2023年9月の人口推計)。
大きく年齢差もある世代ですが、若者とシニアはお互いにどのようなイメージを持っているのでしょうか。
そしてそのイメージは実際の若者・シニアとどの程度合致している、または差があるのでしょうか。
今回は若者世代(15~34歳)とシニア世代(60歳以上)へご自身のことと、お互いにどのようなイメージなどを持っているのかを調査しました。年齢差がある中で「仲良くしたい」と思っているのかどうかなども聴取しています。
 

< TOPICS >

  • 若者、シニア共に貯金・貯蓄額は「50万円未満」が1位
  • 対人関係の中で若者はシニアが「人に注意をすること」を苦手ではないと思っていたが、実際はシニアの約40%が苦手と回答
  • お互いに仲良くしたいかについては、若者・シニア共に「相手からくるようであれば仲良くする」
  • 実際に仲良くできているかでは、若者・シニア共に「身近に対象の人がいない」と「自分は仲良くできていると思っている」が同程度の回答
執筆者
アスマーク編集局
株式会社アスマーク 営業部 マーケティングコミュニケーションG
アスマークのHPコンテンツ全ての監修を担い、新しいリサーチソリューションの開発やブランディングにも携わる。マーケティングリサーチのセミナー企画やリサーチ関連コンテンツの執筆にも従事。
監修:アスマーク マーケティングコミュニケーションG

アスマークの編集ポリシー

調査概要

調査名 若者とシニアに関するアンケート調査
対象者条件 【性別】男女
【年齢】15~34歳、60歳以上
【地域】全国
調査項目 【本調査】
・自身の貯金、貯蓄額
・老後資金をどの程度貯めたいか、貯めているか
・自身の趣味
・ライフスタイルで苦手なこと
・対人関係で苦手なこと
・何歳からが老人か
・理想の老後の過ごし方
・(34歳以下)シニアのイメージ
 (60歳以上)若者のイメージ
・(34歳以下)シニアが貯めてそうな貯金額
 (60歳以上)若者が貯めてそうな貯金額
・(34歳以下)シニアが趣味にしてそうなこと
 (60歳以上)若者が趣味にしてそうなこと
・(34歳以下)シニアがライフスタイルで苦手そうなこと
 (60歳以上)若者がライフスタイルで苦手そうなこと
・(34歳以下)シニアが対人関係で苦手そうなこと
 (60歳以上)若者が対人関係で苦手そうなこと
・(34歳以下)シニアと仲良くしたいか
 (60歳以上)若者と仲良くしたいか
・実際にはどの程度仲良くできているか
サンプルサイズ 800サンプル
割付 15~34歳(若者)の男女、60歳以上(シニア)の男女均等
調査期間 2024年5月9日(木)~5月10日(金)
調査方法 Webアンケート
調査機関 株式会社アスマーク

貯金・貯蓄額

Q1.ご自身の貯金・貯蓄額をお知らせください。(1つ選択)
Q10.あなたの思う、シニアが貯めているであろう貯金・貯蓄額をお知らせください。
あなたの思う、若者が貯めているであろう貯金・貯蓄額をお知らせください。(1つ選択)

実際の貯金・貯蓄額とどの程度差がある?

若者の実際の貯金・貯蓄額は、1位50万円未満(33.3%)、2位300~500万円未満(13.8%)、3位100~200万円未満(12%)となり、シニアの実際の貯金・貯蓄額は1位50万円未満(17.3%)、2位3000万円以上(16.3%)、3位1000~2000万円未満(13.3%)となり、どちらの世代も1位は50万円未満であった。
若者、シニア、どちらも50万円未満の割合が、イメージよりも実際は高くなっていた。

ライフスタイルの中で苦手なもの

Q5.ライフスタイルの中で、あなたが苦手なことを全てお知らせください。(複数選択可)
Q12.ライフスタイルの中で、あなたが思う、シニアが苦手そうなものをお知らせください。
ライフスタイルの中で、あなたが思う、若者が苦手そうなものをお知らせください。(複数選択可)

どのようなことが苦手?

若者の半数が「シニアはオンラインショッピングが苦手」と思っていたが、実際に苦手と答えたシニアは7.3%だった。シニアの60%以上が「若者は早起きが苦手」と思っているが、実際は30%程度の人が苦手と回答するにとどまった。

対人関係の中で苦手なもの

Q6.対人関係で、あなたが苦手なことを全てお知らせください。(複数選択可)
Q13.対人関係の中で、あなたが思う、シニアが苦手そうなものをお知らせください。
対人関係の中で、あなたが思う、若者が苦手そうなものをお知らせください。(複数選択可)

どのようなことが苦手?

実際に苦手だと回答するものは、若者もシニアも大きな差はなく、年齢による大きな差は出にくいことがわかった。
一方でシニアが若者は「人に合わせることが苦手」と43.5%の方が思っているが、実際は15.5%とイメージと差が開いた。
若者はシニアが「人に注意をすること」は5.3%と苦手ではないものと思っていたが、実際は37.5%の方が苦手と回答しており、ここもイメージとの差が開いていた。

両世代で仲良くしたいか

Q14.あなたはシニアとどの程度仲良くしたいと思っていますか。/あなたは若者とどの程度仲良くしたいと思っていますか。(1つ選択)

年の離れた相手と仲良くしたい?

若者、シニア共に約半数が「相手からくるようであれば仲良くする」と回答。
一方で若者・男性は10%程度がシニアに対し「絶対に仲良くしたくない」と回答しているが、反してシニア・男性は約40%が若者に対し「できれば仲良くしたい」と回答しており、男性は年齢で差が出ることがわかった。

両世代間で仲良くできているか

Q15.あなたは実際にシニアとどの程度仲良くできていますか。/あなたは実際に若者とどの程度仲良くできていますか。(1つ選択)

実際はどの程度仲が良い?

実際の仲の良さについては、若者・シニア共に30%以上が「身近に対象の人がいない」と回答しているが、同程度の割合で「自分は仲良くできていると思っている」と回答している人もいる。

調査結果の引用・転載について

  • 本レポートの著作権は、株式会社アスマークが保有します。
  • 引用・転載される際は、必ず「アスマーク調べ」と出典を明記してご利用いただくようお願いします。
  • その際、引用・転載される旨を当社までご一報ください。
  • 調査の内容の一部または全部を改変して引用・転載することは禁止いたします。
  • 自社商品の宣伝・広告・販促を目的とした使用を検討されている場合は、必ず事前に当社までご相談ください。
  • 引用・転載されたことにより利用者または第三者に損害その他トラブルが発生した場合、当社は一切その責任を負いません。