自主調査マネー・家計

収入と支出に関するアンケート調査

このエントリーをはてなブックマークに追加

総括

1ヶ月に自由に使える額は、「 2 3 万円未満 」が最も多い

収入と支出イメージ 昨今 、個人消費 の伸び悩みが様々な企業を悩ませている。 2014 年 10 ~ 12 月期 の実質国内総生産 ( GD P 、 季節調整値)の速報値は、年率換算で 前期比 2.2 %増 と、 昨年 4 月 の消費税増税以降、初めてプラス成長になった。だが 、 GDP の 個人消費は 前期比 0.3 %増に留まり、伸び悩んだままとなっている。

実際のところ、消費者の懐の状況はどうなっているのか。今回は 20-50 代の男女有職者 320 名 を対象に 「収入と支出」 に関する調査を行った。


 まず収入について尋ねると、個人 年収のボリュームゾーンは「 300 ~ 400 万円未満 」。男性 はどの年代においても、女性よりも年収が高い傾向が みられた。


 現在の総貯蓄額については、ボリュームゾーン は「 100 万円未満 」で、特 に女性 20-30 代未婚では「 100 万円未満」 が 3 割 以上となった。毎月 の 貯蓄額は「 1 ~ 3 万円未満 」が最も多い結果であった。男性 20-30 代未婚 の月々の貯蓄額は、他の年代よりも高く、一方 で、男性 40-50 代未婚は貯蓄 の習慣が低い傾向が見られた 。


 貯蓄 の理由で最も多かったのは「老後資金のため 」「 貯蓄があると安心できるから 」「 将来に不安があるから 」などが多く挙がった。男性よりも女性のほうが「 貯蓄があると安心できるから 」が高く、女性の慎重さ・堅実性が伺える。


 次に、現在 の個人収入に ついて尋ねると、全体 の 23.7 % は満足 しているという結果であった。最も「 満足計」 が高かったのは男性 20-30 代 既婚で、反対 に 「不満計」は 40-50 代の未婚層 で高い傾向 がみられた 。


 現状の収入に不満 が多かった 40-50 代 未婚層は、今の年収から女性 はプラス 10 ~ 50 万円 程度、男性 はプラス 50 ~ 100 万 程度を希望している。男性のほうがより高い収入を希望している傾向がみられた。


 1ヶ月に自由に使える額は、「 2 ~ 3 万円未満 」が最も多い。 女性 20-30 代既婚は 、「 2 万円 未満」が多く、同年代の未婚女性と比べて差がある。自由 に使えるお金の使い道は、「外食費(飲み代含む )」、 次いで「お菓子・飲料 」、 「 交際費」と 続く 。「貯蓄」は、既婚よりも未婚のほうが高い傾向であった。


 今欲しいものでは「 国内旅行」が最も 多く、 次いで「海外旅行 」と 、国内海外共に 『 旅行 』 が、欲しいものの上位2項目であった 。特に女性 20-30 代未婚、女性 40-50 代既婚で、高い傾向がみられた。


 今後将来的に購入予定の大きな買い物は、「 自動車 」、 次いで「旅行 」、 「住居 」と 続く。「自動車」を属性別にみると 、年代問わず既婚 男性 は高く 、未婚 女性 は 低い 。「旅行」は女性 20-30 代未婚が最も 高く、同じ 未婚女性であっても 40-50 代 は低い結果であった。「 旅行」「株式・証券」は、購入検討者のうち半年以内が 4 割以上となっており、 1 年以内を合計すると 6 割 以上が 1 年以内の購入を予定していた。反対に「住居 」は購入時期はまだ具体的に決まっていない人が多い。


 最後に、モノへの欲求をみると、「 A :欲しい ものがあればすぐ 買う/ B :よく 考えてから 買う」は「 B 計」のほうが 高く 、 男女 ともに、 20-30 代が 40-50 代よりも「 A 計」が高い。

 「 A :欲しいもの(買いたいもの)は常にある/ B :欲しいものは ない」は「 A 計」のほうが高く、特に男女 20-30 代未婚が高い。

 「 A :いつも新しいものを買いたい/ B :ひとつのもの(同じもの)を長く 使いたい」は「 B 計」のほうが高く、男性 20-30 代未婚は 「 A 計」、男性 40-50 代既婚は「 B 計」が 高い傾向であった。

 「 A :流行のものはすぐに買う/ B :自分に合っているものしか 買わない」は「 B 計」のほうが高い。

 「 A : 独身時代は好きなものを買い、貯金は気にしない/ B :独身でも今後のために貯蓄 する」は「 B 計」のほうが高い。男性 20-30 代既婚では「 A 計」が、女性は男性よりも「 B 計」が高い傾向がみられた。

 「 A :モノを重視する/ B :サービスを重視 する」は「 A 計」のほうが高く 、 男性 20-30 代 既婚では「 A 計 」が、女性 20-30 代は未既婚 問わず「 B 計」が全体よりも高い傾向がみられた。


 全体的に、収入や支出の実態・意識について、男女間・未既婚間で違いがみられた。女性よりも男性のほうが、収入・総貯蓄金額が高いものの、月々貯金をする習慣は女性のほうで特にみられた。「貯蓄があると安心できる」「独身でも今後のために貯蓄する」という意識が、男性よりも女性のほうが高くなっており、女性のほうがより将来の保障や安心感を求めていることがうかがえる。


 支出についてみると、「自動車」は年代問わず既婚男性で、「住宅」は 20-30 代既婚層で、購入したいモノとなっている。 20-30 代の若い年代でも、家庭をもつことで「自動車」や「住宅」への欲求が高まること傾向がみられる。一方で、女性 20-30 代未婚は購入したい商品・サービスでは「旅行」が高くなっており、意識としてもモノよりサービスを重視する傾向がみられた。


 現状の収入については不満に感じている人も多く、将来の安心を求めるために貯蓄をしている。未婚層ではモノよりもサービスへの購入欲求がみられる。未婚率が上昇している現在、お金の使い道は一定のライフコースに従ったものではなく、多様に分岐していくのだろう。


F10.あなたの貯蓄額をお知らせください。(1つ選択)※既婚の方はご家庭の貯蓄、未婚の方はご自身の貯蓄についてお答えください。※土地や株や資産など、現金ではない資産は除いてお考えください。

貯蓄額のボリュームゾーンは「100万円未満」25.3%であった。特に女性20-30代未婚では「100万円未満」が37.5%と、3割以上が「100万円未満」となっているが、一方で、「1,000万円~1,500満円未満」が2.5%、500万円以上でみると15%が500万円以上の貯蓄をしている。


貯蓄額

F11.あなたの毎月の貯蓄額をお知らせください。(1つ選択)※ボーナスを除き、1ヶ月あたりの平均をお考えください。※既婚の方はご家庭の貯蓄、未婚の方はご自身の貯蓄についてお答えください。

毎月の貯蓄のボリュームゾーンは「1~3万円未満」で21.9%であった。男性20-30代未婚の貯蓄は、「5~10万円未満」が27.5%と高い。また、男女共に20-30代未婚は「月々の貯蓄はしていない」が他の属性よりも低い傾向がみられた。一方で、男性40-50代未婚は「月々の貯蓄はしていない」が40.0%と貯蓄の習慣が低い傾向がみられた。


毎月の貯蓄額

F12 .あなたが貯蓄をしている理由としてあてはまるものをすべてお知らせください。(複数選択可)

貯蓄の理由で最も多かったのは「老後資金のため」55.1%、次いで「貯蓄があると安心できるから」54.3%、「将来に不安があるから」53.5%と続く。男女で差があったのは「貯蓄があると安心できるから」で、男性42.7%に対し、女性は65.4%と22.7ポイントの差となった。また、男女共に20-30代の既婚では「子供のため」「(旅行や留学など)行きたいところがあるから」「買いたいものがあるから」が他の属性と比較すると高い傾向がある。


貯蓄をしている理由

Q1.あなたは、現在の収入について、どの程度満足していますか。(1つ選択)※ご自身の個人収入についてお考えください。

現在の個人収入について「満足計」でみると、全体の23.7%は満足しているという結果であった。最も「満足計」が高かったのは男性20-30代既婚で35.0%であった。反対に「不満」「やや不満」をあわせてみると、男性40-50代未婚が72.5%、女性40-50代未婚が67.5%と、40-50代の未婚層で不満を感じている傾向がみられた。20-30代の未婚男女は、男性「満足計」12.5%に対し、女性は32.5%と20ポイントの差がある。


現在の収入について、どの程度満足していますか

この調査の報告書(レポート)、集計、ローデータは、下記より無料でダウンロードしていただけます。(一部の調査を除きます)


調査概要

調査名: 収入と支出に関するアンケート調査
対象者: 全国、20歳~59歳の男女 有職者(パート・アルバイト除く)
調査項目:
  • 貯蓄額( SA )
  • 月々の貯蓄額( SA )
  • 貯蓄の理由( MA )
  • 現在の収入に対しての満足度( SA )
  • 満足できる収入額( SA )
  • 現在の収入と 5 年前、 10 年前の増減比較( SA )
  • 現在の収入と 5 年前、 10 年前の増減理由( MA )
  • 1 ヶ月で自由に使える金額( SA )
  • 自由に使えるお金の使い道( MA )
  • 最も最近自分のために購入したもの( SA )
  • 今欲しいもの( MASA )
  • 今後購入する予定の大きな買い物( MA )
  • 今後購入する予定の大きな買い物の購入予定時期( SA )
  • 商品やサービスについての考えかた( SA )
サンプル数: 320s
割付: 男性:160s、女性:160s
実査期間: 2015年2月23日(月)~2月25日(水)
調査方法: インターネット調査(アスマークの自社モニター )
調査機関: 株式会社アスマーク

対象者属性

性別 N= 320
性別
年代 N= 320
年代

未既婚 N= 320
子供有無 N= 320

居住地域 N= 320
職業 N= 320

この調査の報告書(レポート)、集計、ローデータは、下記より無料でダウンロードしていただけます。(一部の調査を除きます)


自主調査データの転載・引用のご希望やご質問は、 info@asmarq.co.jp までお問い合わせください。

アンケート調査をご依頼いただけます

お探しの調査データが見つからなかった場合は、新たにアンケート調査をご依頼いただけます。その場合は、お客様のご指定の対象者、質問項目にて実施することができます。ネットリサーチの場合でしたら、40,000円から実施可能です。→ネットリサーチ実施料金

ニュースレター

アスマークでは毎月1回、最新の自主調査などをご紹介するニュースレターをメールでお送りしています。

弊社で実施した最新の自主調査のお知らせ・自主調査 月間アクセスランキング・無料マーケティングリサーチセミナーのお知らせ・お客様からいただくご質問や調査の実例を元にした、リサーチに関するQ&Aのご紹介・アスマークからのお知らせ無料購読はこちら