0120-922-684
お気軽にご相談ください (平日 9:30~18:30)

市場調査・マーケティングリサーチ会社のアスマーク

  1. TOP
  2. 情報・データ
  3. アンケート調査データ
  4. 季節・イベント・時事
  5. 自分へのご褒美に関するアンケート調査
自分へのご褒美に関するアンケート調査

自主調査季節・イベント・時事

自分へのご褒美に関するアンケート調査

< TOPICS >

  • 自分へのご褒美は、ストレス発散の手段
  • ご褒美として「食」と「ファッション」は女性、「お酒」は男性が多い
  • ご褒美の効果は短期的、最も持続するのは「旅行や遊び」

自分へのご褒美をしようと思うタイミング

多くの人が、自分へのご褒美をストレス発散の手段ととらえている

若い人ほど、ストレスがたまったときに自分へのご褒美をする傾向が強くなる。
一方で、50代では、気持ちがポジティブなときに、自分へのご褒美をする傾向がある。
n=301(1ヶ月以内に自分へのご褒美をした人)

Q2.あなたが「自分へのご褒美」を買おう(利用しよう)と思うのは、どのようなときですか。(複数選択可)

自分へのご褒美をしようと思うタイミング

自分へのご褒美の内容

自分へのご褒美は、男女で差がみられた

男性はお酒、女性は買い物で日ごろのストレスを発散している。
いつもより高いお菓子や新しい服・靴は女性、いつもより高いお酒や居酒屋・バーでの飲みは男性が多く、男女で自分への「ご褒美」の違いが顕著にみられる。

Q3.あなたが直近1ヶ月間で行った「自分へのご褒美」に当てはまるものを全て教えてください。(複数選択可)

自分へのご褒美の内容


意欲が喚起されるご褒美

旅行や遊びにでかけると、気持ちがリフレッシュされるため「意欲的」になる

居酒屋やバーに飲みに行っても、意欲的にはならず、気持ちの継続が短い結果となった。
ストレスを発散させるために飲みに行ったものの、その場しのぎにしかなっておらず、気持ちの継続がされていないと考えられる。

Q6.「自分へのご褒美」を買った(利用した)後、「また頑張ろう」という気持ちはどのくらい持続できますか。あてはまるものを教えてください。(それぞれ1つずつ選択)

意欲が喚起されるご褒美


調査概要

調査名 自分へのご褒美に関するアンケート調査
対象者条件 全国/男女/20~50代/有職者
調査項目
  • ・直近の自分へのご褒美の実施時期(SA)
  • ・自分へのご褒美をしようとするタイミング(MA)
  • ・自分へのご褒美の内容(MA)
  • ・自分へのご褒美にかける金額(FA)
  • ・自分へのご褒美の頻度(FA)
  • ・自分へのご褒美で可能な気持ちの維持期間(SA)
  • ・自分へのご褒美に費やす金額の変化(SA)
  • ・自分へのご褒美に費やす金額の変化(SA)
  • ・理想の自分へのご褒美について(FA)
  • ・直近での身の回りの環境の変化(SA)
サンプル数 1,000ss
割付 年代均等(ウェイトバック集計にて、日本の人口構成比に補正)
※総務省統計局 平成30年10月公開データより
調査期間 2019年6月28日(金)~2019年7月1日(月)
調査方法 インターネット調査
調査機関 株式会社アスマーク

非公開の設問とクロス集計を含む、レポートとデータを無料でダウンロードしていただけます。

調査結果の引用・転載について

  • 本レポートの著作権は、株式会社アスマークが保有します。
  • 引用・転載される際は、必ず「アスマーク調べ」と出典を明記してご利用いただくようお願いします。
  • その際、引用・転載される旨を当社までご一報ください。
  • 調査の内容の一部または全部を改変して引用・転載することは禁止いたします。
  • 自社商品の宣伝・広告・販促を目的とした使用を検討されている場合は、必ず事前に当社までご相談ください。
  • 引用・転載されたことにより利用者または第三者に損害その他トラブルが発生した場合、当社は一切その責任を負いません。

連絡先:info@asmarq.co.jp

アンケート調査をご依頼いただけます

お探しの調査データが見つからなかった場合は、新たにアンケート調査をご依頼いただけます。その場合は、お客様のご指定の対象者、質問項目にて実施することができます。ネットリサーチの場合でしたら、40,000円から実施可能です。→ネットリサーチ実施料金

ニュースレター

アスマークでは毎月1回、最新の自主調査などをご紹介するニュースレターをメールでお送りしています。

弊社で実施した最新の自主調査のお知らせ・自主調査 月間アクセスランキング・無料マーケティングリサーチセミナーのお知らせ・お客様からいただくご質問や調査の実例を元にした、リサーチに関するQ&Aのご紹介・アスマークからのお知らせ無料購読はこちら