1. TOP
  2. 情報・データ
  3. アンケート調査結果
  4. 仕事
  5. 社内コミュニケーションに関するアンケート調査

自主調査(ミニリサーチ)仕事

社内コミュニケーションに関するアンケート調査

このエントリーをはてなブックマークに追加


一般社員の66.5%が「社内イベントに参加しても業務パフォーマンスは変わらない」と回答

調査名:

社内コミュニケーションに関するアンケート調査

対象者: 全国20代以上の男女有職者
トピックス: ■5割が仕事内容や職場の雰囲気に満足
■20代男性は同僚、上司とのコミュニケーション良好
■忘年会・新年会、歓迎会・送迎会は安定の人気
■社内イベントの参加意義に役職者と一般社員で意識のギャップあり
■仕事へ不満がある人の10人に1人が「5月病」経験者
■20代女性の3割が会社嫌い
実査期間: 2019年4月24日(水)~4月25日(木)

この調査の報告書(レポート)、集計、ローデータは、下記より無料でダウンロードしていただけます。(一部の調査を除きます)

調査結果

Q3-1.現在のお勤め先での同僚、上司、部下とのコミュニケーションに関する満足度をそれぞれについてお知らせください。(1つずつ選択)
【同僚とのコミュニケーション】について

同僚とのコミュニケーションについて57.6%が満足 n=400

中途入社歴が5社以上になると同僚とのコミュニケーションに関する満足度が全体より12.4ポイント低くなり、不満度が高くなっている。
所属拠点が100名以上の規模になると、同僚とのコミュニケーションも全体よりも満足度が高くなり、6割以上が満足している。

同僚とのコミュニケーションの満足度(グラフ)

Q3-2.【上司とのコミュニケーション】について

上司とのコミュニケーションについて48.9%が満足、20.8%が不満 n=400

20代の男性は上司とのコミュニケーションについて満足度が62.0%で全体より13.1ポイント高い。
一方、40代以上の女性は満足度が低く、特に40代は不満が全体より32.0%で全体より11.2ポイント高い。
所属拠点別では、人数が多くなると上司とのコミュニケーションの満足度は高くなる傾向にある。

上司とのコミュニケーションの満足度(グラフ)

Q3-3.【部下とのコミュニケーション】について

部下とのコミュニケーションは5割以上が満足 n=317

部下とのコミュニケーションについて、年代別にみると40代は満足度が低いが、50代以上になると全体よりも10ポイント以上満足度が高くなる。
経営者・部長クラスは4人中3人が部下とのコミュニケーションに満足している。

部下とのコミュニケーションの満足度(グラフ)

Q6.現在のお勤め先での社内イベントについて、あなたの参加意欲をお知らせください。(複数選択可)

歓・送迎会、忘・新年会は6割以上が参加意欲あり n=400

歓迎会・送迎会、新年会・忘年会といったイベントは6割以上が参加意欲があると回答。
近年話題のハロウィーンイベントは最も参加意欲が低く、24.3%にとどまっている。

社内イベント参加意向(グラフ)

役職があがるにつれて、社内イベントへの参加意欲は高まる傾向 n=400

役職があがるにつれて、社内イベントへの参加意欲は高まる傾向にある。一方で、一般社員は43.6%が参加したくないと回答。

(グラフ)

Q8.社内イベントに参加することと、通常の業務でのパフォーマンスについてどのように影響があるとお考えかお知らせください。(1つ選択)

一般社員は66.5%が「社内イベントに参加しても業務パフォーマンスは変わらない」と回答 n=400

男女で20代は2割程度しか社内イベントへ参加することが業務パフォーマンス向上につながると感じていない。
役職者は4割以上が業務パフォーマンス向上につながると回答。
一方、一般社員は7割以上が社内イベントに参加しても業務パフォーマンスは変わらない、またはパフォーマンスが下がると回答。

社内イベント参加によるパフォーマンスへの影響について(グラフ)

Q9.そのように思う理由をお知らせください。(自由回答)

社内イベントに参加すると業務パフォーマンスが上がると考える層は、コミュニケーションを重視している印象。
一方で、社内イベントへの参加による業務パフォーマンスの向上を期待していない層は、イベントと業務を切り分けて考えいるコメントも多くみられる。

回答の一部(抜粋)

【社内イベントに参加することで、業務のパフォーマンスは上がると思う】と答えた人の回答

  • 「一致団結は重要」(男性・20代)
  • 「仕事以外の人間性を見せることは大事。」(男性・30代)
  • 「イベント時に本音が出ることがあり、それにより誤解や認識のずれが修正できて、パフォーマンス向上につながる」(男性・40代)
  • 「和が保たれ、仕事がやりやすくなります。」(男性・50代以上)
  • 「スタッフどおしのコミュニケーションが仕事においても大事なのでイベントで仲が深まるとおもう」(女性・20代)
  • 「雰囲気で仕事の捗り、やる気も変わるから」(女性・30代)
  • 「普段話すことのない同僚たちとコミュニケーションをとれるいい機会なので」(女性・40代)

【社内イベントに参加しても、業務のパフォーマンスは変わらないと思う】と答えた人の回答

  • 「出ても意欲が出るような事はないから」(男性・20代)
  • 「当事者の仲はよくなると思います」(男性・30代)
  • 「相手の意外な側面が見えたりしても、業務には影響しないと思うから」(男性・40代)
  • 「イベントで収入は変わらない」(男性・50代以上)
  • 「イベントはイベント、業務は業務で割り切られてる」(女性・20代)
  • 「リフレッシュにはなると思うが業務には影響しないと思う」(女性・30代)
  • 「若い世代は、イベントによるパフォーマンス効果を期待できない」(女性・50代以上)

【社内イベントに参加すると、業務のパフォーマンスは下がると思う】と答えた人の回答

  • 「参加したくないのに参加するということで仕事のやる気が無くなるから」(男性・20代)
  • 「知りたいと全く思わない職場の人間の性格などを見てしまい、幻滅するから。」(男性・20代)
  • 「気をつかって疲れるから」(男性・30代)
  • 「結局仕事の延長でしかないため」(男性・30代)
  • 「仕方なく参加だから」(男性・50代以上)
  • 「プライベートの時間が減るから」(女性・20代)
  • 「毎日残業しているので、その後に食事会をしようとすると帰りがかなり遅くなり、翌日の出勤もきつくなる。」(女性・20代)
  • 「馴れ合いになって、本来言うべき反対意見、言いたいことが言えなくなると思う」(女性・30代)

その他の設問

SC.入社経緯、経験社数、勤務年数、役職、総従業員数、所属拠点の従業員数
Q1.あなたの現在の仕事内容、職場の雰囲気、会社全体への満足度をそれぞれについてお知らせください。(それぞれ1つずつ選択)
Q2.仕事内容と職場の雰囲気に関する満足度について、そのように思う理由をお知らせください。(自由回答)
Q4.職場のコミュニケーションについて回答いただきました満足度について、そのように思う理由をお知らせください。(自由回答)
Q5.現在のお勤め先での社内イベントについて、あなたが参加したことがあるものをお知らせください。(複数選択可)
Q7.参加したい理由、または、参加したくない理由をご自由にお知らせください。(自由回答)
Q10.あなたは「5月病」の経験があるかお知らせください。経験がある場合は、どのような症状だったかもあわせてお知らせください。(1つ選択)
Q11.あなたは会社への「愛着」はどの程度あるかお知らせください。(1つ選択)


対象者属性

性別 n=400
性別(グラフ)
年代 n=400
年代(グラフ)

居住地 n=400
居住地(グラフ)
婚姻状況 n=400
婚姻状況(グラフ)

職業 n=400
職業(グラフ)


調査概要

調査名:

社内コミュニケーションに関するアンケート調査

対象者: 全国20代以上の男女有職者
調査項目: ・基本属性(性別、年代、居住地、婚姻状況、職業)
・入社経緯、経験社数、勤務年数、役職、総従業員数、所属拠点の従業員数
・仕事内容、職場の雰囲気、会社全体への満足度(SA)
・仕事内容、職場の雰囲気への満足度の理由(FA)
・同僚、上司、部下とのコミュニケーションに関する満足度(SA)
・同僚、上司、部下とのコミュニケーションに関する満足度の理由(FA)
・参加したことがある社内イベント(MA)
・社内イベントへの参加意欲(SA)
・社内イベントに参加したい理由、参加したくない理由(FA)
・社内イベントへの参加と業務パフォーマンスの関係(SA)
・社内イベントへの参加と業務パフォーマンスの回答理由(FA)
・「5月病」経験有無(SA)
・会社への「愛着」(SA)
サンプル数: 400ss
割付: 性年代均等
実査期間: 2019年4月24日(水)~4月25日(木)
調査方法: インターネット調査(アスマークの自社モニター )
調査機関: 株式会社アスマーク

この調査の報告書(レポート)、集計、ローデータは、下記より無料でダウンロードしていただけます。(一部の調査を除きます)


自主調査データの転載・引用のご希望やご質問は、 info@asmarq.co.jp までお問い合わせください。

アンケート調査をご依頼いただけます

お探しの調査データが見つからなかった場合は、新たにアンケート調査をご依頼いただけます。その場合は、お客様のご指定の対象者、質問項目にて実施することができます。ネットリサーチの場合でしたら、40,000円から実施可能です。→ネットリサーチ実施料金

ニュースレター

アスマークでは毎月1回、最新の自主調査などをご紹介するニュースレターをメールでお送りしています。

弊社で実施した最新の自主調査のお知らせ・自主調査 月間アクセスランキング・無料マーケティングリサーチセミナーのお知らせ・お客様からいただくご質問や調査の実例を元にした、リサーチに関するQ&Aのご紹介・アスマークからのお知らせ無料購読はこちら