公開日:2019.12.05

ステーペル・スケール(stapel scale)とは

  • マーケティングリサーチ用語解説集

選ばれた形容詞・形容句がどの程度正確に対象となる企業・ブランドなどをあらわしているかを、プラス・マイナスの数値で回答させる方法で、SD法の簡易版ともいえます。ステーペル・スケールの良い点は、形容詞・形容句を選ぶ上でSD法とは異なり、制約がないことが挙げられます。

例)
〇〇デパートを『親しみやすさ』という点で評価すると、ここに示した数字のどこに当てはまると思われますか。
+3 +2 +1 -1 -2 -3

 

執筆者
アスマーク編集局
株式会社アスマーク 営業部 マーケティングコミュニケーションG
アスマークのHPコンテンツ全ての監修を担い、新しいリサーチソリューションの開発やブランディングにも携わる。マーケティングリサーチのセミナー企画やリサーチ関連コンテンツの執筆にも従事。
監修:アスマーク マーケティングコミュニケーションG

アスマークの編集ポリシー

SD法、セマンティック・デファレンシャル法

SD法、セマンティック・デファレンシャル法

何組かの形容詞の対を示して、特定の企業やブランドがそれぞれの形容詞の対の間のどこに位置付けられるのか(例えば7段階の何番目に当たるか)を質問し、それによりその企業やブランドのイメージ・プロファイルを描く方法です。

> 詳しく見る


アンケートにおける5段階評価(リッカート尺度)の活用方法

アンケートにおける5段階評価(リッカート尺度)の活用方法

リッカート尺度は、最も代表的なアンケート設計のひとつです。

● 広告効果測定調査 【広告評価】
● ブランド認知度調査 【ブランド好感度】
● 企業イメージ調査 【認知企業イメージ】
● パッケージ評価 【パッケージイメージ】
● 顧客満足度調査 【NPS(推奨度)】

このような、あらゆる目的のアンケート調査でリッカート尺度が使われています。リッカート尺度を採用する判断基準は、回答者の深い考察が必要かどうかです。

> 詳しく見る