市場調査・マーケティングリサーチ会社のアスマーク

公開日:2021.07.20

在日外国人への調査の注意点

  • マーケティングリサーチHowto

在日外国人とは、日本国内に旅行等の一時的な滞在ではなく、日本国内に移住した外国人のことであり、その方々の潜在的意識を探るための調査方法を在日外国人調査といいます。
在日外国人は年々増加しており、2019年には大阪市の人口(269万人)とほぼ同数程度までになりました。

在日外国人調査はこのような日本語を母国語としていない方を対象とする調査となるため、英語や中国語など、対象となる国籍に合わせた言語で調査を実施する必要があります。また、調査にも複数の手法がありますが、大きく分けて下記の定量調査と定性調査の二つに絞られると考えられます。

集団の特徴を客観的にかつ数字として表現する手法

  • WEBアンケート(スマホやPCで回答できるアンケート)
  • ホームユーステスト(ご自宅で試作品を試し、その感想をWEBアンケートで聴取)
  • 会場調査(会場で試作品を試し、その感想をWEBアンケートや紙のアンケートで聴取)

文章でまとめる、細かい背景や要因を表現するための手法

  • グループインタビュー(対象者複数名で司会の進行に沿って、特定のテーマについて意見交換)
  • デプスインタビュー(対象者とインタビュアが一対一で対話する手法)
  • モニターツアー(特定の観光地や施設に実際に行っていただき、その感想をインタビューする手法)

一大マーケットになっている在日外国人市場。日本人とは違った在日外国人特有の悩みがあり、ニーズがあり、価値観が存在するため、日本人に向けたマーケティングリサーチでは効果が得にくいことは明らかです。
今後、さらに増加するであろう在日外国人の方々を私たちが理解し、
そして共に生活していくためにも、在日外国人をターゲットとしたマーケティングリサーチを実施する必要があります。

在日外国人調査の目的として、大きく分け以下二つが挙げられます。

  • 在日外国人市場に向けた新製品・新サービスのためのマーケティングリサーチ
  • 日本企業が国内で在日外国人向けにプロダクト・サービスを開発し、リーチするため実施。

  • 海外進出に向けたプレリサーチ
  • 海外で成功するかの命運は慎重なプレリサーチが肝。コスト・スケジュール・手間を考慮し、国内の在日外国人に向け実施します。

  • 日本語/英語の併記、もしくは日本語/英語の2種類のアンケート画面を作成
  • 当社が抱えている在日外国人モニターの方々は英語か日本語が出来る方が大半ですが、より調査の精度高めるため、調査によっては中国語、タイ語のみのような母国語での実施も要検討する必要があります。

  • 回収見込みや割付設定に注意
  • 在日年数の浅いモニター(1年未満等)は獲得が難しく、国内のモニターとは異なり、そもそも母数が多くない国籍もあるので、事前にどの程度の母数がいるか確認が必要です。

  • 調査票と自由記述欄の翻訳
  • 実施する言語によっては、聴取したデータを翻訳する必要があることも事前に把握します。

  • スケジューリングへの考慮
  • 通常の国内調査とは異なり、1日~2日のような数日で目標の回答が集まるケースは多くはありません。時間と手間を考慮し、スケジュールの大幅なバッファ(予備日)が必要となる点を予め予測します。

  • 文化/宗教/慣習/考え方の違い
  • キャンセルや遅刻への意識に違いがあるため予備枠の準備を推奨します。旧正月等の時節も異なるので注意します。

  • 試飲試食や撮影はデリケートに
  • 国内向けの調査と比較して、抵抗がある人が多いです。宗教上の慣習差なども十分理解し、事前許諾時に丁寧な説明をする必要があります。

  • リクルート時の「条件違い」に注意
  • 海外の場合、様々なルーツの方が存在します。肌の色や国籍など、自己申告と実際のイメージとの乖離が起きる場合もあるので、十分考慮します。

  • インタビュー言語の確認
  • 言語によりモデレーターが限定されるだけではなく、通訳や書記の手配も変わってきます。調査設計時に詰める必要があります。

今後需要が期待されるグローバル市場。スマートな調査を先行して行い、自社プロダクトの飛躍に上手く役立てましょう。