市場調査・マーケティングリサーチ会社のアスマーク

アンケートカテゴリー

  • マネー・家計

スマホ決済に関する意識調査

公開日:2019.08.01

  • マネー・家計

スマホ決済に関する意識調査

スマホ決済の現利用率は約32%、現利用者の属性を見ると、男性が58%で、女性より男性の方が多い

  • 3人に1人がスマホ決済を利用
  • スマホ決済で、生活は便利でお得に
  • <信頼できるスマホ決済>銀行系サービスが約6割

調査概要

調査名 スマホ決済に関する意識調査
→第二回はこちら
→第三回はこちら
対象者条件 全国20代~60代男女、スマホ決済を現在利用している、スマホ決済の利用頻度が月1回以上の方
調査項目
  • ・基本属性(性別、年代、居住地、婚姻状況、職業、世帯年収)
  • ・スマホ決済の利用経験
  • ・スマホ決済の利用状況
  • ・利用しているサービス
  • ・最も利用しているサービス
  • ・利用をはじめた理由(最もあてはまる)
  • ・利用を継続している理由(最もあてはまる)
  • ・魅力に気づいた特徴・機能
  • ・利用を始めてからの生活の変化
  • ・日常的に使用するために重要視すること
  • ・搭載してほしい機能・特徴
サンプル数 スクリーニング調査10,000ss
※人口構成比(総務省統計局 平成30年10月1日時点)のデータをもとにウェイトバック集計
本調査1,000ss
割付 性別・年代均等
調査期間 2019年7月19日(金)~7月21日(日)
調査方法 インターネット調査
調査機関 株式会社アスマーク

SC1.あなたのスマホ決済の利用状況をお知らせください。(1つ選択)

スマホ決済の利用経験

スマホ決済の現利用率は約32%。現利用者の属性を見ると、男性が58%で、女性より男性の方が多い。年代別でみると、40代が最も多く、利用頻度別ではミドルユーザーが多い。

Q2.スマホ決済サービスを利用しはじめた理由について、最もよく当てはまるものをお知らせください。(1つ選択)

スマホ決済の利用を始めた理由

「キャンペーンをやっていたから」が最も高く、30%。次点で、「ポイントやマイルが貯まりやすいから」「すぐに残高を確認できて、お金の使い過ぎの心配がないから」と続く。
性年代別でみると、30代男性は『残高管理』、30代女性は『キャンペーン』が全体より高い。

Q4.現在最もよく使っているスマホ決済サービスを利用しつづけている理由について、最も当てはまるものをお知らせください。(1つ選択)

スマホ決済の利用を継続している理由

「ポイントやマイルが貯まりやすいから」が最も高く、26%。次点で「キャンペーンで獲得したポイントが残っているから」「すぐに残高確認ができて、お金の使い過ぎの心配がないから」と続く。
20代・30代男性、ヘビーユーザーは、『残高確認』が『ポイント・マイル』の次に高い。

Q6.あなたがスマホ決済を利用しはじめて以降、生活がどのように変化したかについて、それぞれ当てはまるものをお答えください。

スマホ決済の利用を始めてからの生活の変化

「日々の買い物や支払いが便利になった」が最も高く78%。次点で「お得に生活できるようになった」「残高を意識して支払いをするようになった」と続く。
男性20代では、『残高意識』『お金の管理のしやすさ』が7割に達し、全体より高い。
ヘビーユーザーは、『便利』『お得』『残高意識』を含むすべての項目で、全体を上回る。

Q8.あなたがスマホ決済に絶対に搭載していてほしい機能・特徴について、当てはまるものをすべてお知らせください。(複数選択可)

スマホ決済に搭載してほしい機能・特徴

「ポイント還元」が最も高く、58%。次点で、「残高確認ができる機能」「今月、どこでいくら使ったかが一覧できる機能」「利用履歴が確認できる機能」と続く。
ヘビーユーザーでは、「ポイント還元」よりも『残高確認』の方が高い。

調査結果の引用・転載について

  • 本レポートの著作権は、株式会社アスマークが保有します。
  • 引用・転載される際は、必ず「アスマーク調べ」と出典を明記してご利用いただくようお願いします。
  • その際、引用・転載される旨を当社までご一報ください。
  • 調査の内容の一部または全部を改変して引用・転載することは禁止いたします。
  • 自社商品の宣伝・広告・販促を目的とした使用を検討されている場合は、必ず事前に当社までご相談ください。
  • 引用・転載されたことにより利用者または第三者に損害その他トラブルが発生した場合、当社は一切その責任を負いません。