市場調査・マーケティングリサーチ会社のアスマーク

公開日:2019.12.05

エスノグラフィとは

  • マーケティングリサーチ用語解説集

エスノグラフィとは・・・

エスノグラフィは「観察調査」と訳されることもあり、ビジネスやマーケティングでは課題の発見・解決のために活用されることも多くなってきました。
エスノグラフィとは、もともと文化人類学などの学術調査において異文化・コミュニティーの中に実際に入り込み行動観察やインタビューを行うことを指します。マーケティングの場でのエスノグラフィも同様の手法を用いて、外部からは見えない消費者の深層心理や行動の要因の調査行います。
 
 

エスノグラフィの特徴

エスノグラフィは定性調査に分類されます。しかしグループインタビューやフィールド調査などの他の定性調査とはとは異なる性質を持っています。

それはインタビューやフィールド調査が「他者」という立場から話を聞いたり観察を行ったりするのに対して、エスノグラフィはその文化・コミュニティーに入り込んで内部から調査を行うという点です。定量調査やインタビュー、行動観察調査では浮き彫りにできなかった生活者の深い心理や背景、価値観などのコンシューマーインサイトを発見することができます。エスノグラフィを行うことで、より消費者目線で商品開発や事業展開することが可能となるでしょう。

エスノグラフィの活用場面

エスノグラフィは課題発見から解決まで調査することができるため、商品・カテゴリーのニーズやベネフィットの発見、ターゲットやユーザーの生活価値観の抽出などその活用場面は多岐にわたります。例えば、企業の業務効率向上のための施策や、メーカーの商品コンセプトにおける消費者の深層意識の理解、カスタマージャーニーの設計等利用されています。
またエスノグラフィでは、消費者の無意識的な考えにアプローチできるため、ユーザーエクスペリエンスのデザインにも生かすことも可能です。

関連用語

●訪問観察調査(エスノグラフィ調査)